チェックインSaaS『TOMARO⁺』とスマートロック『RemoteLOCK』の連携で非日常体験型の旅行・宿泊をシームレスに

非日常体験型の旅行・宿泊サービス向けSaaSシステム「TOMARO⁺(トマロプラス)」とクラウド管理機能を備えたスマートロック「RemoteLOCK(リモートロック)」が本日より連携し、旅行者に対して非接触でシームレスなチェックイン体験の提供が可能となりました。

従来より、宿泊業のフロント現場では、チェックイン時にレジストレーションカード(宿泊者カード)の記入と提出が旅館業法で義務付けられていますが、昨今では、宿泊業のDX化が進み、IoT技術やシステムによって省力化・自動化する動きが進んでいます。新型コロナウイルス感染症の影響によって、このような流れが加速し、更に労働力不足が深刻な宿泊業界では今後ますます省人化、無人化や自動化の流れが進むと予想されます。一方で、宿泊施設のドアの解錠・施錠に使う鍵は、ゲストへの受け渡しを必要とすることから対面でのオペレーションが発生するという課題もあります。

TOMARO⁺は、ホテルや旅館、民泊、グランピングなどの宿泊施設の業務効率化とゲストのシームレスで安心・安全な宿泊旅行をサポートする非接触のクラウドSaaS型システムです。感染症リスクを抑えつつ、チェックイン業務を中心に宿泊現場の人手不足をサポートします。現場の効率的なオペレーションを可能とし、旅行者のスマートフォンを使ったセルフチェックインでシームレスな旅行体験を提供しています。

RemoteLOCKは、ビジネス向けのスマートロック製品および入退室管理システムです。クラウドシステムで利用者ごとに異なる有効期限つき解錠キーを管理・発行することができます。APIを介し、各種予約サービスや業務システム、ハードウェアと連動した解錠キーの自動発行・通知を行うことで、施設のカギの受け渡しの手間や窓口業務の煩雑さを低減できるアクセスコントロールのオープンプラットフォームです。

TOMARO⁺とRemoteLOCKの連携により、Web予約から非接触チェックインならびに施設ドアの鍵の受け渡しをゲストのスマートフォン一つで行うことが可能となりました。チェックイン完了後に予約期間のみ有効な暗証番号がメールで自動通知(もしくは画面上に表示)されるため、遠隔かつ自動での鍵の受け渡しを実現できます。新型コロナウイルス感染症対策として、スタッフとの対面でのやり取りを避けたいゲスト向けにスマートフォンを用いたシームレスな旅行体験を提供するとともに、キーレスで物理鍵やカードキーの取り扱いに煩わされることのない快適な滞在体験の提供が可能になります。安全・安心、かつ無人化・省人化で業務効率化にも寄与する運営を実現いただけます。

▶TOMARO⁺連携詳細ページ:https://remotelock.kke.co.jp/api/tomaro-plus/

■オススメの対象施設
以下のような一棟貸しタイプの施設に特にオススメです。
・ドームテント
・ヴィラ
・コンテナハウス
・トレーラーハウス
・ゲストハウス・ホステル
・ペンション
・小規模旅館・ホテル

■連携イメージ

 

TOMARO⁺とRemoteLOCKの連携で実現する予約・非接触チェックインから入室までの流れTOMARO⁺とRemoteLOCKの連携で実現する予約・非接触チェックインから入室までの流れ

TOMARO⁺およびRemoteLOCKは、テクノロジーの活用を通じて新しい宿泊・旅行体験を提供し、日本の観光業の活性化に貢献してまいります。
 
  • 第5回キャンプ&グランピングEXPOのお知らせ
TOMARO⁺およびRemoteLOCKの連携デモを、「第5回キャンプ&グランピングEXPO」でご覧いただけます。

「レジャー&アウトドアジャパン2022 第5回キャンプ&グランピングEXPO」
主催:TSO International 株式会社
日時:2022年7月27日(水)~2022年7月29日(金)
会場:東京ビッグサイト 東展示棟
   株式会社パレスリンク様ブース (小間番号E6-23-45)
URL:https://leisure-japan.jp/campex/
入場料が無料になる来場登録はこちら:https://leisure-japan.jp/visitor/
 
  •  非日常体験型の旅行・宿泊サービス向けSaaSシステム『TOMARO⁺』について

TOMARO⁺は、株式会社パレスリンクが提供する旅行・宿泊サービス向けSaaSシステムです。 観光・宿泊業界が抱える人手不足の問題と新しい需要獲得の課題をテクノロジーを活用して支援するため開発されました。

TOMARO⁺の特徴
1. 非接触チェックインを使用した本人確認
ゲストのスマートフォンを使用したチェックインが可能です。受付のタブレットやチェックイン端末を不要とし、電力供給が難しい場所や機器設置スペースがない場所などでも、スマートフォンのWebカメラでチェックインQRを読み取るだけの簡単操作で利用できます。ゲスト側のスマートフォン専用アプリもインストール不要です。      

2. リスティング管理
リスティング(貸し出したい物件や集客イベント等)を登録して管理することができます。施設のオーナー様は、リスティング毎に異なる固有のQRを利用物件や施設の受付などに備え付けるだけで利用を開始できます。ワーケーション利用施設内での従業員の勤怠管理にもご利用いただけます。

3. クラウド管理の宿泊台帳
ゲストの予約情報やチェックイン状況、旅館業法や住宅宿泊事業法に対応した宿泊台帳をクラウド上で管理することができます。宿泊カードや宿泊名簿など、フロントデスク周りで発生するペーパーの削減にもつながります。

▶詳細URL:https://palacelink.co.jp/tomaro-plus-lp/
 
  • ビジネスのためのスマートロックおよびクラウド型入退室管理システム『RemoteLOCK』について

RemoteLOCKは、株式会社構造計画研究所が提供するビジネス向けのスマートロック製品および入退室管理システムです。クラウドシステムで利用者ごとに異なる有効期限つき解錠キーを管理・発行することができます。ホテル、旅館、民泊などの宿泊施設から、無人サロンや貸し会議室、貸しスタジオ、ジムなどのレンタルスペースや、オフィスや公共施設など、さまざまな施設の入り口やドアに利用されています。

APIを介し、各種予約サービスや業務システム、ハードウェアと連動した解錠キーの自動発行・通知を行うことで、施設のカギの受け渡しの手間や窓口業務の煩雑さを低減できるアクセスコントロールのオープンプラットフォームです。

▶詳細URL:https://remotelock.kke.co.jp/case/hotel/

  • お問い合わせ先
株式会社構造計画研究所
すまいIoT部 RemoteLOCKチーム
TEL: 050-5306-6250          E-mail: remotelock@kke.co.jp
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. RemoteLock >
  3. チェックインSaaS『TOMARO⁺』とスマートロック『RemoteLOCK』の連携で非日常体験型の旅行・宿泊をシームレスに