プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

株式会社Quanmatic
会社概要

株式会社Quanmatic、量子計算技術による求解サイズで1億ビットを突破

自社開発ソフトウェアQANMLを用いて量子計算技術の応用範囲を拡大

株式会社Quanmatic

株式会社Quanmatic(クオンマティク、本社:東京都新宿区、代表取締役:古賀 純隆、以下Quanmatic)は、早稲田大学戸川研究室のアルゴリズム知財や自社技術を搭載した量子計算効率化ソフトウェアQANML(Quantum Algorithms aNd Machine Library)により、1億ビット超の問題の求解に成功しました。量子計算技術を用いた1億ビット超の問題の求解は世界初※の成果となります。

QANMLには、ハードウェアによる問題規模の制限をソフトウェアによって緩和するアルゴリズムを搭載しています。この度Quanmaticでは、QANMLを用いて、既存のハードウェアによる、1億ビット超の問題の求解を実証しました。最適解が既知の問題に対し、1000ビットのアニーリングを繰り返すことで、探索回数が133回、総計算時間が約2時間で最適解を得られることを確認しました。

実験のエネルギー値遷移(青色/赤色破線はそれぞれインスタンスプール内での最良解/最悪解を表し、低いほど良い解であることを表す)。

今回使用した手法は、将来的にハードウェアの大規模化が進んだ場合にも適用可能で、さらに大規模な問題の求解を可能にすると期待されます。本成果は、量子計算技術の可能性を拡大し、量子計算技術に対し、AIや機械学習などとともに、DX推進の有効な手段としての位置付けを強化すると考えられます。

今後もQuanmaticは、顧客のビジネス課題に対し、最先端技術を幅広く取り入れたソリューションの展開を続けていきます。

※2024年2月28日Quanmatic調べ

■今回参考にした論文

  • Y. Atobe, M. Tawada and N. Togawa, "Hybrid Annealing Method Based on subQUBO Model Extraction With Multiple Solution Instances," in IEEE Transactions on Computers, 2022, doi: 10.1109/TC.2021.3138629.

  • T. Noguchi, K. Fukada, S. Bao and N. Togawa, "Trip Planning Based on subQUBO Annealing," in IEEE Access, vol. 11, pp. 100383-100395, 2023, doi: 10.1109/ACCESS.2023.3314498.

株式会社Quanmaticについて

Quanmatic社は、世界中の情報の実用的な活用を目指し、早稲田大学戸川望教授(Chief Scientific Officer)の研究シーズを基に、CEO古賀純隆、慶應義塾大学田中宗准教授(Chief Technology Officer)、およびChief Product Officer武笠陽介の4名で2022年10月に設立しました。量子・古典計算技術のアルゴリズム知財と研究成果をビジネス課題に適用するための最適化エンジンの開発を継続して進め、ハードウェアに依存しない汎用的なソリューションを展開します。

設立:2022年10月
所在地:東京都新宿区西早稲田一丁目22番3号
代表取締役:古賀純隆
会社HP:https://quanmatic.com/

■本リリースに関するお問合せ先
Mail: public_relations@quanmatic.com

すべての画像


種類
経営情報
位置情報
東京都新宿区本社・支社
ダウンロード
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

株式会社Quanmatic

5フォロワー

RSS
URL
https://quanmatic.com/
業種
情報通信
本社所在地
東京都新宿区西早稲田 1-22-3
電話番号
-
代表者名
古賀純隆
上場
未上場
資本金
-
設立
2022年10月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード