サイバー・バズ、広告主のSNS全体の戦略設計を支援する専門組織を新設~インフルエンサーからアカウント運用、インフィード広告まで統合したデータマネジメントを提供~

 ソーシャルメディアマーケティング事業を展開する株式会社サイバー・バズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:髙村彰典)は、この度当社主軸事業である「インフルエンサーサービス」「SNSアカウント運用代行」「インフィード広告」で蓄積されたユーザーアクションデータ(フォロー、いいね、保存など)や広告効果に関するデータベースをもとに、広告主のSNS全体の戦略設計を支援する専門組織を新設いたしました。

 昨今、SNSは生活者にとって単なる交流プラットフォームとしてだけでなく、ハッシュタグで情報を検索したり、質問したりするプラットフォームへと急速に変化してきています。2020年の国内ソーシャルメディアマーケティング市場規模は5,519億円、2025年には2020年対比で約2倍の1兆1,171億円に達すると予測されていることからも*1、SNSは今後も、企業と消費者とのコミュニケーションや販売のチャネルとしてその役割はますます高まることが期待されています。
*1 当社とデジタルインファクトの共同市場動向調査に基づく

 また、Instagramもサービススタートから10周年を迎え、各種SNSでは新機能も続々と追加されSNSマーケティングはまさに転換期にあり、従来よりも進んだ設計とデータマネジメント、コマースとの連携が必須になってくると認識しています。実際に当社の広告主も大手メーカーからD2Cブランドまで多様化し、支援の内容も広告宣伝の範疇からコマースまで拡大しております。
 さらに、Instagram上における広告配信のデータの拡充も日々変化しており、公式アカウントのフォロワーデータやインフルエンサーのフォロワーデータを活用したインフィード広告配信が可能となっているため、独自のデータを構築することで今までとは違ったデータドリブンなアプローチが可能になってきています。

 当社はこれまでインフルエンサーマーケティングの支援を強みとし、マイクロインフルエンサーからタレントクラスまでのインフルエンサーネットワークを保有し、数多くのインフルエンサーマーケティングソリューションを提供して参りました。今回、上記の流れを受けて、インフルエンサーの投稿にいいね、保存といったアクションをしたユーザーデータや、「SNSアカウント運用代行」で蓄積したフォロワーデータ及びいいね等のアクションデータを活用するなど、SNSマーケティング全般に対して、各事業で蓄積した各種データを連携させることで当社独自のデータマネジメントを提供し、広告主のSNS全体の戦略設計を支援して参ります。また、今年7月に開始したSNSに特化したECコンサルティング事業とも連携を図り、ブランドの認知獲得からソーシャルコマースまで一気通貫で支援することで、広告主のSNSマーケティングにおけるさらなる課題解決に貢献して参ります。

■株式会社サイバー・バズ 概要

2006年に創業、2019年にマザーズ上場。現在「コミュニケーションを価値に変え、世の中を変える。」というミッションのもと、インフルエンサーを主軸としたソーシャルメディアマーケティング事業を展開。「インフルエンサーサービス」「SNSアカウント運用代行」「インターネット広告代理販売」などSNS周辺領域のソリューションを一気通貫で提供。

・事業内容:ソーシャルメディアマーケティング事業
・所在地:〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町20-1 渋谷インフォスタワー18F
・東証マザーズ 証券コード 7069
・URL:https://www.cyberbuzz.co.jp/

※記載されている会社名またはサービスなどの名称は、各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社サイバー・バズ >
  3. サイバー・バズ、広告主のSNS全体の戦略設計を支援する専門組織を新設~インフルエンサーからアカウント運用、インフィード広告まで統合したデータマネジメントを提供~