薬袋・診察券のシンリョウが2,600軒の内装工事施工。そしてメンテナンス手帳を配る。

薬袋・診察券製造で得た顧客管理方法。《作りっぱなしでない》シンリョウだから出来ること。

​全国87,000軒の病院・クリニック・薬局に医療消耗品を販売する株式会社シンリョウ(本社:東京都豊島区、代表取締役:鈴木栄)は、「内装・クリーニング メンテナンス手帳」を製造し、内装施工先へアフタフォロー配布を開始します。
2016年の内装事業開始以来、シンリョウが手掛けた内装工事はのべ2,600軒の医療施設にのぼります。
その工事内容は、カウンター増設、施設内外のバリアフリー化、床・壁の貼り替え、ドア・カーテンの設置、駐車場設営などがあります。
医療施設も患者様が立ち寄るところとして、清潔な環境維持やバリアフリー環境が求められる中、「施工業者を探せない」「何をどうしたら良いかも分からない」状況にありましたが、その間に立って医療施設と施工業者をつないだのがシンリョウでした。

​施工実例として281軒(令和元年8月21日現在)を公開中です。
https://www.shinryo.jp/aec/user/contents_list?content_id=6

では、なぜシンリョウが2,600医療施設からの施工依頼を求められたのか。
シンリョウは起業してから75年来、薬袋や診察券など医療施設が使う消耗品を製造・販売してきました。
製造メーカーとして、販売のみならず、「商品が正しく完成しているか」、また「商品を正しくお使いいただけているか」と、販売後のフォローを実施し、医療施設から信頼を得てきた訳です。
「シンリョウが連れてきた施工業者なら任せるよ」と、積み重ねていった内装施工2,600軒です。

もちろん、内装施工終了後のフォローも行ってきた訳ですが、更なる安心感提供のために、医療施設とシンリョウ双方で可視化管理出来るようにと製作したのが「内装・クリーニング メンテナンス手帳」です。

  1. 簡単お手入れ豆知識(エアコン・床などの掃除の仕方)
  2. 施工箇所のフォローフォーマット47ページ(実施日・内容を記載)
  3. 複写式で医療施設と情報共有
  4. 手帳は医療施設で保管。建物メンテナンス状況が経時的に分かる
  5. サイズはA6(105×148mm)
  6. 最終ページが下敷きになる仕掛け付き
  7. 手帳は0円

 

シンリョウでは、内装施工先2,600軒に[内装・クリーニング メンテナンス手帳]を配布し、施工後の現状況も改めてフォローします。
また、新規施工する医療施設についても[内装・クリーニング メンテナンス手帳]を配布実施して参ります。

株式会社シンリョウ
ネットショップ: https://www.shinryo.jp/
住所: 東京都豊島区要町3-36-3
TEL: 0120-7-11296
FAX: 0120-5-11296

【公式SNSアカウント】@shinryo11296
Twitter https://twitter.com/shinryo11296 
Instagram https://www.instagram.com/shinryo11296/ 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社 シンリョウ >
  3. 薬袋・診察券のシンリョウが2,600軒の内装工事施工。そしてメンテナンス手帳を配る。