SIMPHONIO(シンフォニオン)、セラミックのフルレンジダイナミックドライバーを使ったハイエンドイヤホン VR1 発売について

カナル型のシングルダイナミックイヤホンの頂点を目指す「宝石」


 平素は、株式会社七福神商事より販売している製品をご愛用いただき、誠にありがとうございます。
 株式会社七福神商事は、2020年2月8日からSIMPHONIO(シンフォニオン)、セラミックのフルレンジダイナミックドライバーを使ったハイエンドイヤホン VR1を日本国内の予約販売を開始します。販売店は七福神商事の直営店とフジヤエービック限定です。
 SIMPHONIO VR1 製品版は2020年2月8日(土)に中野サンプラザで開催される、「ポタ研2020冬」七福神商事ブースで発売前展示し、ポタ研終了後もフジヤエービック店舗に試聴用デモ機を配備致し、発売日である2020年2月22日(土)午後にはフジヤエービック店頭での無料試聴会も開催予定です。

 色バリエーションは「ガンメタル」一色、本体のみ標準セットは税込価格279,800円。ケーブルは付属しておらず、別売にて提供予定。

 SIMPHONIO(シンフォニオン)は中国広州に本社を持つAudioブランド。設立以来OEM/ODMを中心に多数の国内・海外イヤホンブランドの製造開発を行いダイナミックドライバーの開発製造に非常に高い技術力を持つ企業でもあります。

 SIMPHONIO(シンフォニオン)のVR1は、偶然研究開発の中で発見しました新しい素材を2年間の時間をかけて繰り返しの試作を得て、やっと最終版として発売しました。

 2019年4月から日本国内のイベントにも多数参加し、VGP 2020の受賞を初めて、オーディオの老舗株式会社フジヤカメラ店からも20万円以上ハイエンドクラス金賞も受賞しました。

 SIMPHONIO(シンフォニオン)のVR1は、 セラミックのフルレンジダイナミックドライバーを一つだけ使ったハイエンドイヤホンですが、このフルレンジダイナミックドライバーを14.2mmの大口径に設計しより臨場感を高めた事により、多くの試聴者から好評を頂きました。

 現段階、弊社の調査では類似品もなく、使用素材そのものが大量生産できるものではなく研究室レベルで製造している素材でもあります。

 

 

  SIMPHONIO(シンフォニオン)のVR1は、アルミニウム合金材料のハウジングを採用し、振動膜を含むユニットを本体と製造時一体型に製造し、より気密性をアップしました。また、本体には振動膜を含むユニットの前後にそれぞれ一つの気圧調整弁を用意し、ドライバーのフロント部分の空気室とリア部分の空気室の気圧調整を行う事でより繊細な音作りに成功しました。本体パネル部分は宝石材料にもなるサファイア材料を使用し、強度をアップする目的もありますが、全体の高級感・デザイン性にも考慮し、商品の貴重価値をお客様に伝えたい目的もありました。


具体的の技術仕様として、以下通りです。
タイプ:カナル型
装着方式: 両耳
駆動方式: シングルダイナミック型
インピーダンス: 40Ω
再生周波数帯域: 20Hz~40kHz
音圧感度: 118dB/mW
プラグ形状: ケーブルは別売(2.5mm/3.5mm/4.4mm ) 2Pin 0.78 / 1.3m
接続タイプ: ワイヤード(有線)
ドライバサイズ: 14.2mm フルレンジ セラミック振動板(特殊構造)
カラー: ガンメタル
本体重量: 片耳 8g
パッケージサイズ & 重量: 28cm(縦)x21cm(横)x11(厚)2段構造、Logoあり蓋面が上。1.3kg 
イヤピース:シリコン製 Sx2個、Mx2個、Lx2個、フォームタイプ Sx2個、Mx2個、Lx2個 

 安心サポートとして、国内正規販売品となるので保証も付きますが、先述の通り一体型のハウジングの再開封は国内で作業できない為、故障等の際はハウジングごとの交換となります。

 商品詳細:https://www.tsh-corp.jp/ime/?p=3559 

 株式会社七福神商事:https://www.tsh-corp.jp/home/ 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社七福神商事 >
  3. SIMPHONIO(シンフォニオン)、セラミックのフルレンジダイナミックドライバーを使ったハイエンドイヤホン VR1 発売について