Drawbridge、三井物産を通じてマクロミルへConnected Consumer Graph®の提供を開始

Drawbridgeを用いて、マクロミルが保有するデータを拡張し、プライベートDMP構築支援サービスを強化。

クロスデバイスマッチングの米国最大手Drawbridge, Inc.(カリフォルニア州、CEO:Kamakshi Sivaramakrishnan、以下「Drawbridge」)は、資本業務提携パートナーの三井物産株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:安永 竜夫 以下「三井物産」)を通じて、株式会社マクロミル(本社 : 東京都港区、代表執行役社長グローバルCEO:スコット・アーンスト 以下「マクロミル」)へ、複数デバイスをまたぎ、同一ユーザーを推定するConnected Consumer Graph®(以下、Consumer Graph)の提供を開始しました
従来のデジタルマーケティングは、1人のユーザーが、Webブラウザ上のCookie、iOS・Androidといったモバイル広告IDなどの広告識別子ごとに別々のユーザーとして判定されるため、デバイス単位での最適化に留まっていました。一方、スマートフォン・PC・タブレット等、1人のユーザーが複数デバイスを活用する機会が増え、デジタルマーケティングの各種施策においてもデバイスを横断したパーソナライズ化が求められています。
クロスデバイスマッチングは複数デバイスのIDを様々なパラメータから推定することでユーザー単位にまとめる技術です。

Consumer Graphを導入することで、マクロミルは既に保有している自社のパネルデータや、独自に計測した複数のサイトから得られる月間約100億impのログデータなど、自社で保有しているデータをCookieやモバイル広告IDのクロスデバイスデータとして拡張することができるようになります。また、DrawbridgeのユーザーIDを介して、Drawbridgeを導入している他企業とマクロミルのデータ連携が簡単に実施できるほか、データ提供会社の持つ位置情報やWebアクセスログ、APPアクセスログに紐づけることも可能です。

今回のDrawbridgeとの連携は、マクロミルが展開するDMP構築支援サービス強化の一環となります。さらに豊富なクロスデバイスデータの提供と、Cookieやデバイス単位ではなく、人単位に基づいたDMP導入・活用への提案を通じ、マクロミルは、プライベートDMPの構築からデータ解析、抽出などのコンサルティングまで、お客様の課題・目的に応じたサポートを提供いたします。

【マクロミルのパネルデータ拡張イメージ】
 



【マクロミルのDMP構築支援サービスにおけるConsumer Graph活用イメージ】
 



両社は今後、マクロミルが手がけるWeb広告効果測定サービスにおいて、広告接触者や非接触者の判定精度を高め、調査結果の精度をより向上させるため、マーケティングリサーチへのクロスデバイスマッチング技術活用について検証・実装を進めてまいります。

※1 DMP : Data Management Platformの略称。広告主・メディア・ECサイトなどが保有する多種多様かつ膨大なデータを収集・分析し、主にマーケティング用途での利用・活用を可能にするデータ基盤のこと。

株式会社マクロミルについて
マクロミルは、高品質・スピーディな市場調査を提供する、国内インターネット・マーケティング・リサーチのリーディング・カンパニーです。市場シェアNo.1※の豊富なリサーチ実績とノウハウをもとに、お客様のマーケティング課題解決に向けて最適なソリューションを提供しています。世界15カ国、40以上の拠点を展開しており、世界に誇れる実行力と、時代を変革するテクノロジーを統合し、唯一無二のグローバル・デジタル・リサーチ・カンパニーを目指します。
(※ オンライン・マーケティング・リサーチ市場シェア=マクロミル単体及び電通マクロミルインサイトのオンライン・マーケティングリサーチに係る売上高(2017年12月末時点の12ヶ月換算(LTM)数値÷日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)によって推計された日本のMR業界市場規模・アドホック調査のうちインターネット調査分(2017年度分))(出典:日本マーケティング・リサーチ協会(JMRA)2018年7月31日付第43回経営業務実態調査)

社名 : 株式会社マクロミル
所在地: 東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワー 11F
代表者: 代表執行役社長グローバルCEO スコット・アーンスト
設立 : 2000 年 1 月 31 日
URL : https://www.macromill.com/

Drawbridge, Inc. について
Drawbridgeは特許取得済みのAIや機械学習技術によるクロスデバイスマッチング技術で、ブランドや企業に対し、広告、販促を始めマーケティング分野等で、顧客に対しパーソナライズされた体験を実現する同分野のリーディングカンパニーです。Drawbridge Connected Consumer Graph®の保有するデータ量は世界で30億デバイス以上に及び、データの精度は約97.3%(ニールセン調べ)を誇っています。同本社はシリコンバレーにあり、Sequoia Capital、Kleiner Perkins Caufield Byers、Northgate Capitalからも出資を得ており、CNBCの新たな価値 を提供するDisruptor企業(創造的破壊者)、Fortune社、CB InsightsのリーディングAI企業にも選出されています。
同社の事業内容等の詳細については、http://www.drawbridge.jp/をご覧ください。

お問い合わせ先(日本窓口)
三井物産株式会社
ICT事業本部デジタルマーケティング事業部マーケティング事業第一室
電話:03-3285-6195
E-mail:Drawbridge_TKJGA@dg.mitsui.com
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Drawbridge, Inc. >
  3. Drawbridge、三井物産を通じてマクロミルへConnected Consumer Graph®の提供を開始