【マンション共用部を活用したコワーキングスペースの運営を開始】コーヒー1杯の料金で1日利用できるシェア&コワーキング「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」

東京建物の分譲マンション「ブリリアシティ西早稲田」、三菱地所グループの賃貸マンション「ザ・パークハビオ横浜関内」共用部にて運営開始

株式会社アイビーリンクス(本社:東京都千代田区、代表取締役:水野功)は、「働き方改革」や「テレワーク」、「地域コミュニティの活性化」に対応した、新しいコンセプトのシェアスペース事業「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」の運営スキームを、マンションの共用部に活用し、豊島区高田に「ivyCafe NEIGHBOR&WORK西早稲田BrilliaCity」、横浜市中区に「ivyCafe NEIGHBOR&WORK横浜関内HABIO PORT」の2店舗を開設しました。
                                   

「ivyCafe NEIGHBOR&WORK西早稲田BrilliaCity」 「ivyCafe NEIGHBOR&WORK西早稲田BrilliaCity」 

■事業提供の背景
「コロナ禍でテレワークを制度化する企業や副業を認める企業の急増」
働き方改革への社会的要求の高まりやコロナ禍における在宅勤務(テレワーク・リモートワーク)を制度化する企業や副業を認める企業が急速に増加しており、その流れは分譲マンションの購入層や高額賃貸マンションの入居者が勤務する大企業にも広がりを見せています。

「不動産価格の高騰と一戸当たり専有面積の縮小」
昨今の不動産価格の高騰により、分譲マンションの販売価格や賃貸マンションの賃料は上昇しており、販売事業者や物件オーナー会社は価格を抑えるために一戸当たりの専有面積を縮小する傾向が続いています。これにより、これまで以上に専有部で充足できない機能を共用部でより魅力的に補完することが求められています。

■費用負担を抑えるスキームを実現
本事業では、マンションの共用部をコワーキングスペースとすることにより、「働き方改革」や「テレワーク」、「地域コミュニティの活性化」を実現する、新しい共用部の形態を創造します。また、従来はマンションでの運営サービスを導入するには、入居者から徴収する管理費から運営費を充当する必要や、事業者やオーナー会社が事前に数年分の運営費を一括積立する必要がありましたが、本事業では、入居者、事業者、管理組合やオーナー会社のいずれにも大きな費用負担を必要としないスキームを実現しています。

1.入居者は、施設利用料を特別価格で利用できます。
※セキュリティーと動線計画を整理することにより、外部会員の利用を可能とします。
2.事業者は、通常のラウンジ設営費+αで設営できます。
3.管理組合やオーナー会社は、将来に渡り、特別な費用負担は不要です。
※事業者の運営補助費用も不要です。

■賃貸マンションの不稼働スペースを収益化
賃貸マンションの新築時に設置される集会室などは、入居者に十分に利用されていないケースが多くあります。本事業では、そういった低利用の集会室を低コストでコワーキングスペースに変更します。コワーキングスペースの運営収益をオーナー会社に分配することにより、賃貸マンションの収益力の向上に寄与します。

■ivyCafe NEIGHBOR&WORK西早稲田BrilliaCity<https://www.ivycafe.jp/spaces/nishiwaseda/
東京建物株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執行役員:野村 均)の分譲マンション「ブリリアシティ西早稲田」(豊島区高田・新宿区西早稲田、総戸数454戸、2022年5月竣工)の共用部を活用したコワーキングスペース。

260m2超・約90席、地域にも提供する本格的な運営サービス付き会員制コワーキングラウンジ
テレワークへの対応から、大規模マンションではワークスペースやスタディルーム等の共用施設の設置が増えているなか、「ブリリアシティ西早稲田」ではマンション居住者だけでなく地域住民の方も利用可能な運営サービス付きの本格的な「コワーキングラウンジを設置しています。
マンションの居住者は会員登録によりコワーキングラウンジを利用できることとし、地域の住民や企業も会員になることでスペースを利用することができます。

「コワーキングラウンジの中心には、神田川沿いの桜を臨める席や4人掛けや8人掛けの大型テーブル席を用意。さらにパーテーションで仕切られた「集中スペースや月単位で自分専用の書斎として使える「個室スペース、TV会議にも使える「電話ブース」等利用シーンに合わせて使い分けが可能としています。
「会議スペース」には可動式のテーブルと椅子を12席用意し、ミーティングやセミナー、イベント等の開催も可能です。
・コワーキングラウンジ入口に配した「ディスプレイボックス」では、レンタルボックスとして雑貨やアクセサリーなど小物を展示販売することができます。
・プロ仕様の厨房機器を備えた「シェアキッチン」では、自分のお店の出店や料理教室を開くなど多彩な利用が可能です。
・コワーキングスペースに隣接する外部には、さまざまな食の楽しみが広がる「キッチンカー」も出店します。

このような多彩な場を整備することにより、賑わいが創出され、入居者同士の交流や地域の方々との交流拠点として機能することが期待できます。

<コワーキングスペース配置図>
260m2超・約90席のコワーキングラウンジには多彩な機能を集約。
外にはキッチンカーが出店できるスペースも用意し、地域の賑わいの拠点となります。
 

<会議スペース>                          
かつての学び舎の教室のような懐かしくも新しい「会議スペース」。      
プロジェクターなどの設備を備え、セミナー、イベントにも利用可能。
  

 <シェアキッチン>
本格的な厨房機器を備えたプロ仕様の「シェアキッチン」は、
自分のお店や料理教室を開くなど、幅広い使い方が可能。

 

<ラウンジスペース>                        
ソファー席とボックス席で、ゆったり寛げる「ラウンジスぺース」。        
寛いだり、会話を楽しんだり、サロンのように使えます。

 

<集中スペース>
 図書室のようにパーテーションで仕切られた「集中スペース」は、
 横幅と奥行を十分に確保したカウンターを確保。

 

<個室スペース>                          
自分専用の書斎として使える「個室スペース」は、月単位の個人利用。  
ゆとりのL型カウンターに肘掛け付きワークチェアや棚を備えています。
  

<キッチンカースペース>
コワーキングラウンジのシェアキッチン前に位置する「キッチンカースペース」には、
様々なキッチンカーが日替わりで出店できます。
 

<ディスプレイボックス>
コワーキングラウンジ入口に配した「ディスプレイボックス」では、
レンタルボックスとして雑貨やアクセサリーなど小物を展示販売することができます。

ivyCafe NEIGHBOR&WORK 横浜関内 HABIO PORT<https://www.ivycafe.jp/spaces/yokohama-kannai/
三菱地所レジデンス株式会社が事業企画、三菱地所投資顧問株式会社が資産運用し、三菱地所ハウスネット株式会社が賃貸管理をする賃貸マンション「ザ・パークハビオ横浜関内」(横浜市中区羽衣町、総戸数85戸、2017年10月竣工)の集会室兼貸し会議室を活用したコワーキングスペース。
 

<スペース全景                         
43m2のコンパクトなスペースに4種類のシートを用意しました。
  

<デスク(A~C)>
横幅900×奥行450のデスクに、肘掛付きのミドルバックチェアを用意しました。 

デスクD~H                     
横幅900×奥行600のデスクに、肘掛付きのハイバックチェアを用意しました。

<テーブル席>
個性的な4人掛けのテーブルにパーテーションを設置しました。

ソファー席                          
ゆったりとくつろげるソファーに、大型のサイドテーブル2卓を用意しました。

<エントランスアプローチ>
鎌倉街道(関内大通り)から奥に入り込む趣きのあるアプローチです。

■「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK (アイビーカフェ ネイバー&ワーク)」 サービス概要
会員制シェアスペース事業、コーヒー1杯の料金で1日使えるコワーキングスペース「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK(アイビーカフェ ネイバー&ワーク)」では、1号店を東京都荒川区町屋で2018年1月から運営開始し、現在8店舗を展開しています。運営開始後、会員獲得数を順調に伸ばしており、2022年7月時点で会員数は1400名を超えています。

WEBサイト:https://www.ivycafe.jp
Facebook: https://www.facebook.com/ivyCafe.NW
Instagram(@ivycafe.jp):https://www.instagram.com/ivycafe.jp

運営会社について
「もったいないを価値に変えれば、人生はもっと豊かになるはず。」という理念のもと、2017年7月に設立。2018年1月より、コーヒー1杯の料金で1日使えるコワーキングスペース「 ivyCafe NEIGHBOR&WORK 町屋(アイビーカフェ ネイバー&ワーク 町屋)」を東京都荒川区に開設し、シェアスペース事業の運営を開始。また、2019年よりプラットフォーム事業として、職人と一般家庭をつなげるマッチングサイト「ivyCraft(アイビークラフト)」を提供している。さらに、2020年にはD2C支援事業として、取付工事が必要な商材メーカーと、ネットで商材を買っても取り付けできない消費者を、直接つなげるセレクトショップ「アイビークラフト&ショップ」の提供を開始。他に、不動産会社やIT企業等を対象としたコンサルティング事業も行う。

ivyCraft」(アイビークラフト)サービス概要
URL:https://ivycraft.jp
Magazine:https://ivyrincs.jp/park/
Facebook:https://www.facebook.com/ivyCraft.jp
Instagram(@ivycraft.jp):https://www.instagram.com/ivycraft.jp
Twitter(@ivyCraftjp): https://twitter.com/ivyCraftjp
LINE@:@cfr7650o

ivyCraft&Shop」(アイビークラフト&ショップ)サービス概要
URL:https://ivycraft.shop/

■運営会社概要 
会社名:株式会社アイビーリンクス
英文社名:ivyRINCS Inc.
所在地:東京都千代田区九段南1-5-6 りそな九段ビル5F
URL:http://www.ivyrincs.co.jp
代表者:水野 功
設立日:2017年7月7日
資本金:9,000千円
事業内容:Webサービスの企画・開発・運営
シェアスペースの企画・開発・運営
コミュニティサービスの企画・運営
IT・経営・不動産に関するコンサルティング
以上
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アイビーリンクス >
  3. 【マンション共用部を活用したコワーキングスペースの運営を開始】コーヒー1杯の料金で1日利用できるシェア&コワーキング「ivyCafe NEIGHBOR&WORK」