N響オーチャード定期 2021/2022シリーズ《コンサートホールで世界旅行!》 全5回のプレトークの開催とナビゲーターに俳優・檀ふみさんが就任

テーマとなる各国にちなんだ素敵なゲストと共に旅愁を誘う魅力を語る

株式会社東急文化村(所在地:東京都渋谷区)が運営する「Bunkamuraオーチャードホール」で10月2日(土)より開幕する『N響オーチャード定期 2021/2022シリーズ《コンサートホールで世界旅行!》』の全5回公演で、プレトークの開催が決定!ナビゲーターに、俳優の檀ふみさんが就任しました。音楽の歴史がある5つの国をテーマに「各国の代表的な名曲を堪能しながら、心豊かに教養を深める時間」をBunkamuraオーチャードホールからお届けする、『N響オーチャード定期』の新たな試みとなる本シリーズ。クラシック音楽と海外の文化に詳しい檀ふみさんのお話で各国の輪郭がより鮮やかに。クラシック音楽による世界旅行にお連れします。第116回のゲストは小説家の島田雅彦さんをお招きします。
詳細はこちら:https://www.bunkamura.co.jp/orchard/lineup/nkyo/


<檀ふみ プロフィール>
俳優。数多くの映画、ドラマに出演する一方で、「N響アワー」「新日曜美術館」の司会や「日めくり万葉集」の語りなども務め、音楽や美術、古典を伝えることにも力を注ぐ。ラジオ「N響ザ・レジェンド」でも、NHKのアーカイブの中からNHK交響楽団の名演奏を紹介してきた。エッセイも好評で、阿川佐和子さんとの共著「ああ言えばこう食う」は、第15回講談社エッセイ賞を受賞。


 


第116回ゲスト <島田雅彦 プロフィール>
1961年、東京都生まれ。東京外国語大学ロシア語学科卒。1983年『優しいサヨクのための嬉遊曲』を発表し注目される。1984年『夢遊王国のための音楽』で野間文芸新人賞、1992年『彼岸先生』で泉鏡花文学賞、2006年『退廃姉妹』で伊藤整文学賞、2016年『虚人の星』で毎日出版文化賞、2020年『君が異端だった頃』で読売文学賞を受賞。

  • コロナの影響で海外の文化芸術に触れる機会「減った」45.7%
    6割以上が「日本にいながら、海外を訪れる気分を味わってみたいと思う」と回答
​2018年、2019年にそれぞれ1回以上ずつ文化芸術の鑑賞活動をした男女300名に行った調査では、45.7%がコロナの影響で海外の芸術文化に触れる機会が「減った」と回答。6割以上が「日本にいながら、海外を訪れる気分を味わってみたいと思う」と回答しました。
気軽に海外へ行けない今、クラシック音楽を通じて世界旅行気分を味わってみませんか。

「増えた」=「増えた」+「やや増えた」、「減った」=「やや減った」+「減った」
「思う」=「そう思う」+「ややそう思う」、「思わない」=「あまりそう思わない」+「そう思わない」

【調査対象】 2018年・2019年それぞれ、年1回以上ずつ、現地(劇場・美術館・コンサートホールのいずれか) に足を運んで文化芸術の鑑賞活動をしたことがある、一都三県在住の20代~60代男女300名
【調査実施日】 2021年6月17日(木)
【調査方法】 WEBアンケート

  • 各国を代表する音楽でその国の空気を感じて。Bunkamuraオーチャードホールで世界旅行気分を!

※各回14:45~ プレトーク有り


第116回
雄大なロシア~ユーラシアへ
2021年10月2日(土) 15:30開演

ロシア音楽への造詣が深い井上道義が贈るオールロシアプログラム。N響首席ホルン奏者であり、日本を代表するヴィルトゥオーゾ、福川伸陽が吹く、おおらかで美しい旋律のグリエールのホルン協奏曲もお愉しみに!
料金:S席8,800円(S席ワイン付チケット11,800円) A席7,300円 B席5,700円


第117回
音楽の都オーストリア、ウィーンのニューイヤー
2022年1月8日(土)15:30開演

俊英の女性指揮者、ケリ-リン・ウィルソンと、森麻季の澄んだ歌声が生み出す、ウィーンの音楽で新年の幕開けを!
料金:S席8,800円(S席ワイン付チケット11,800円) A席7,300円 B席5,700円
発売日:<MY Bunkamura先行>2021年9月25日(土)10:00~23:59<一般>2021年9月26日(日)10:00~


第118回
アメリカ!
2022年3月12日(土) 15:30開演

世界的ジャズ・ピアニスト小曽根真とアメリカで大活躍の気鋭のマエストロ、原田慶太楼による「ラプソディ・イン・ブルー」をはじめとしたアメリカ音楽特集!
料金:S席8,800円 A席7,300円 B席5,700円
発売日:<MY Bunkamura先行>2021年12月18日(土)<一般>2021年12月19日(日)


第119回
ドイツ、初夏の風
2022年5月8日(日) 15:30開演

ドイツ音楽の最高権威というべき巨匠マレク・ヤノフスキが、ベートーヴェンを中心としたドイツ音楽の神髄を披露。

料金:S席8,800円 A席7,300円 B席5,700円
発売日:<MY Bunkamura先行>2022年3月5日(土)<一般>2022年3月6日(日)


第120回
フランス、パリ祭!
2022年7月9日(土) 15:30開演

ラヴェル「ボレロ」などのおしゃれなフランス音楽を、世界最高のフルート奏者パユと新進気鋭の沖澤のどかの指揮で、たっぷりと満喫!
料金:S席8,800円 A席7,300円 B席5,700円
発売日:<MY Bunkamura先行>2022年4月23日(土)<一般>2022年4月24日(日)

※いずれの回もC席は完売
※価格はすべて税込表記
 

  • N響オーチャード定期 2021/2022シリーズ《コンサートホールで世界旅行!》 
世界の巨匠から今注目の俊英まで幅広い魅力の指揮者・ソリストと、日本を代表するオーケストラNHK交響楽団がクラシックの名曲をお贈りする、Bunkamuraオーチャードホール独自のシリーズ『N響オーチャード定期』。2021年秋にスタートする新たなシリーズは、《コンサートホールで世界旅行!》と銘打ち、音楽の歴史ある国をテーマにプログラミングしました。気軽に海外旅行に出かけることのできない状況が続いている中ですが、コンサートホールの座席から、音楽の翼にのって世界を巡る極上のバーチャルな旅のひとときをお過ごしください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社東急文化村 >
  3. N響オーチャード定期 2021/2022シリーズ《コンサートホールで世界旅行!》 全5回のプレトークの開催とナビゲーターに俳優・檀ふみさんが就任