東京大学先端科学技術研究センター稲見昌彦氏がXRトレーニングを展開するイマクリエイトの技術顧問に就任

東京大学先端科学技術研究センター稲見昌彦氏がXRトレーニングを展開するイマクリエイトの技術顧問に就任
イマクリエイト株式会社(本社:東京都港区、代表者:山本彰洋、川崎仁史、以下 イマクリエイト)は、東京大学先端科学技術研究センター 稲見昌彦氏を技術顧問として招聘致しました。
「XR × 能力拡張」は弊社と東京大学先端科学技術研究センター稲見教授との共通のテーマであり、イマクリエイトでは、溶接VR、CanGolf、VRけん玉等のサービスを通して社会実装を行ってまいりました。
今般、稲見氏が技術顧問に就任することにより、研究開発、プロダクト開発を強化すると同時に、より一層のXR技術普及並びに社会実装に努めます。

 

左から川崎、稲見、山本左から川崎、稲見、山本




稲見氏のコメント
川崎仁史さんが開発した『けん玉できた!VR』は、関連分野の研究者が悔しさを覚えるほどの突き抜けたアイデアでした。現在そのアイデアを発展させる形でVRトレーニングに関する研究プロジェクトも立ち上がっています。この度イマクリエイトの技術顧問として応援させていただくことになりました。最先端の研究成果の社会展開にご期待ください。

稲見氏のご紹介
東京大学先端科学技術研究センター教授
著書「スーパーヒューマン誕生! 人間はSFを超える(NHK出版)」

再帰性投影技術による「光学迷彩」 撮影Ken Straiton再帰性投影技術による「光学迷彩」 撮影Ken Straiton


稲見氏の略歴
1999年3月 東京大学大学院工学系研究科博士後期課程修了
1999年4月 東京大学国際・産学共同研究センターリサーチアソシエイト
2001年9月 東京大学大学院情報理工学系研究科助手
2003年4月 電気通信大学電気通信学部講師
2003年10月 独立行政法人科学技術振興機構さきがけ研究員
2005年4月 電気通信大学電気通信学部助教授
2005年3月 マサチューセッツ工科大学コンピュータ科学人工知能研究所客員科学者
2006年4月 電気通信大学電気通信学部教授
2008年1月 独立行政法人科学技術振興機構 ERATO 五十嵐デザインインタフェースプロジェクトグループリーダー
2008年4月 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科教授
2015年11月 東京大学大学院情報理工学系研究科教授
2015年11月 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科客員教授
2016年4月 東京大学先端科学技術研究センター教授
2017年10月 ERATO 稲見自在化身体プロジェクト 研究総括
2018年2月 東京大学バーチャルリアリティ教育研究センター 応用展開部門長

参考サイト
東京大学先端科学技術研究センター 稲見昌彦
https://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/research/people/staff-inami_masahiko.html

東京大学 先端科学技術研究センター 身体情報学分野 稲見・檜山・瓜生研究室
https://star.rcast.u-tokyo.ac.jp/


イマクリエイトは、「XR技術を用いて世の中のすべての方の”ファーストステップ”をやさしく」すべく、これからも便利で役立つサービスを提供してまいります。


■イマクリエイトの概要
社名  : イマクリエイト株式会社
代表者 : 山本彰洋 川崎仁史
所在地 : 〒105-0014 東京都港区芝2-1-23 ニューカナール1002
設立  : 2019年1月
事業内容: VR/AR/MRシステムの企画・開発・運用・コンサルティング
URL  : https://ima-create.com/

 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. イマクリエイト株式会社 >
  3. 東京大学先端科学技術研究センター稲見昌彦氏がXRトレーニングを展開するイマクリエイトの技術顧問に就任