【採用に積極的な建設業界今後はますます成長!?】2020年・21年の採用は『前年以上』『前年キープ』といった意見が7割を超える結果に!

需要が高く、強いやりがいを感じることができる仕事

株式会社アーキ・ジャパン(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:今井雅已)は、建設業界従事者を対象に「採用の移り変わり」に関するアンケート調査を実施しました。
◆詳細はこちら:https://akijapan.co.jp/

東京オリンピック・パラリンピック
の開催に伴い建設需要の高まりが続いていましたが、2019年をピークに今後は縮小傾向になるとさまざまな経済学者に予想されています。
そこで、建設業界における経営者の多くは市場変動や環境変動をとらえ、生産性の向上や人材の確保・育成に力を注ごうとする動きがあるようです。

とはいえ、人件費は真っ先に削りたくなるもので、採用活動を縮小しがちになりますが、建設業界はどのような傾向にあるのでしょうか。
 
  • 事業の中で最も重いコストは○○!?


まず、「事業の中で最も重いコストを教えてください(上位3つ)」と質問したところ、『人件費(75.8%)』を選択された方が最も多く、次いで『建設資材費用(45.8%)』『重機のレンタル・リース費用(19.5%)』『販促・広告費用(15.5%)』と続きます。

建設業界ならではの意見もありましたが、やはり人件費のコストを最も重く感じる方が多いようです。
では、こうしたコストを削減するためにどのような事を行っているのでしょうか。
 


そこで、「コストカットしたことはありますか?」と質問したところ、6割近くの方が『はい(58.4%)』と回答しました。
また、コストカットの内容に関しては、事業の中でコストが最も重いと感じられる上位の項目から削減が行われているようです。
 
  • 2018年~19年はオリンピックの影響で採用に変化が・・・?
2013年9月7日(日本時間8日)に東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定以降、今日まで建設業界を中心に様々な業界が恩恵を受けてきました。
しかし、建設業界では東京オリンピック・パラリンピックの特需を受ける中で、元々あった人手不足の問題がさらに加速しました。
そんな建設業界では、オリンピックの開催を間近に控えた2018年~19年に採用の変化はあったのでしょうか。


「オリンピックを控えた2018年~2019年では採用の比率に変化はありましたか?」と質問したところ、
『変わらない(62.2%)』という意見が最も多く集まりましたが、『増えた(10.5%)』『やや増えた(22.0%)』といった意見が『減った(1.9%)』『やや減った(3.4%)』を大きく上回る結果となりました。

ここまでの調査で、建設業界はオリンピックを控えているとはいえ採用に積極的な業界であると言えるでしょう。
 
  • 年間採用人数はキープ!?建設業界の今後はまだまだ成長する!?


2018年と2019年の過去2年分の採用人数を比較したところ、多くの企業が前年以上をキープしていることが分かります。
冒頭の調査ではコストカットの対象として「人件費」が最も多い結果となりましたが、建設業界では採用人数を絞ると言ったことは少ないことが分かります。

 

 

「2020年・21年の採用は前年の水準を維持しますか?」と質問したところ、『前年以上(17.5%)』『前年キープ(53.2%)』といった意見が7割を占め、オリンピック・パラリンピックが終わったとしても建設業界では採用減退の様子はなく、業界全体の今後はまだまだ成長を続けるでしょう。
 
  • 安定した経営基盤・教育研修制度が揃っている「株式会社アーキ・ジャパン」

 


「需要が高く、強いやりがいを感じることができる仕事」
「今後のキャリアアップのために学ぶことができる職場環境」


そんな理想を叶えられるのが、株式会社アーキ・ジャパンhttps://akijapan.co.jp/)です。

これからも必要とされ続けること間違いなしの建設業界には、道路・トンネル・橋などの現場作業以外にもさまざまな施工業務があり、多くの方が活躍しています。

建設現場は専門用語が飛び交い、図面は暗号のように複雑で、強面の職人さんが目にも留まらぬ速さで作業をしています。そんな現場に立った時、不安を感じるのも無理はありません。

しかし、アーキ・ジャパンの導入研修は、充実の1ヶ月間で、知識や技術の習得量が圧倒的です。
最大3ヶ月まで研修の延長が可能なので、未経験であってもすべてのエンジニアが同等の技術と知識、そして自信を備え、プロフェッショナルとしてキャリアをスタートさせることができます。

アーキ・ジャパンは建設事業に特化した人材サービス事業を展開していますので、建設業界にて活躍したいと考えている方はぜひ一度ご相談ください


調査概要:「採用の移り変わり」に関するアンケート調査
【調査期間】 2019年12月26日(木)~ 2019年12月27日(金)
【調査方法】 インターネット調査
【調査人数】 1,110人
【調査対象】 建設業界従事者
【モニター提供元】ゼネラルリサーチ



【株式会社アーキ・ジャパン】 
■TEL:03-5909-2521
■メールフォーム:https://akijapan.co.jp/contact
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アーキ・ジャパン >
  3. 【採用に積極的な建設業界今後はますます成長!?】2020年・21年の採用は『前年以上』『前年キープ』といった意見が7割を超える結果に!