仮想“お仕事体験”を通して、親子で楽しみながらお金の仕組みを学ぶ

マネー学習アプリにバーチャル店舗を出店

株式会社大創産業(広島県東広島市 代表取締役社長:矢野靖二、以下「ダイソー」)は、株式会社mediba(本社:東京都港区 代表取締役社長:江幡 智広 以下mediba)が親子の金融教育を目的に提供するマネー学習アプリ「まねぶー」内に、バーチャル店舗「ダイソー」を2021年6月23日に出店しました。ダイソーがバーチャル店舗をアプリへ出店するのは今回が初めてです。
「まねぶー」は、スマートフォン、タブレットにアプリを無料でダウンロードすることで楽しめるマネー学習を目的にしたアプリです。アプリ内に出店したバーチャル店舗で、お仕事体験を行い、獲得したアプリ内の通貨を使ったお買い物体験などを通してゲーム感覚で自然にお金の仕組みを学ぶことができるマネー学習アプリです。

文部科学省は、2022年度から高校の家庭科新学習要領に資産形成の視点に触れるよう規定するなど、若年層へのマネー教育が注目を集めています。ダイソーは、この度の提携を通して、子どもたちや親子にお金の仕組みを楽しく学ぶ機会を提供します。100円ショップダイソーなど、子どもも利用しやすい実店舗でのサービスを提供している強みを生かし、バーチャル空間で仕事体験、買い物体験を行う場を提供することで、子どもへのマネー教育をサポートし将来の金融リテラシーを高めていくきっかけの一端を担うことを目指します。
 


学習アプリ「まねぶー」について
■概要
「まねぶー」は、株式会社medibaが株式会社ORSOを開発パートナーに迎え企画・開発を行い、2021年6月23日に提供開始した学習アプリです。アプリ内通貨「マネブ」や、「マネブ」を使ったお買い物などの体験を通して、ゲーム感覚でお金の仕組みを学ぶことができます。今後は仕事をするともらえるスタンプ「まねぶーくじのかけら」を集めると、実際の店舗で使えるクーポンやPontaポイントの獲得をかけた抽選に参加することができる機能も実装予定です。

■バーチャル店舗出店日 2021年6月23日
■利用料 無料
■アプリのダウンロード
App Store:https://apps.apple.com/jp/app/id1549143431
Google Play: https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.mediba.maneboo
■対応機種
AndroidOS 5.x以上(スマートフォン、タブレット)
iOS 11以上(スマートフォン、タブレット) 

株式会社大創産業について
大創産業は「だんぜん!ダイソー」をスローガンに、生活必需品から趣味趣向品まで生活を豊かにする商品約76,000種類を取り扱っています。2021年2月末現在、世界25の国と地域に5,892店舗展開しています。(国内3,620店、海外24の国と地域に2,272店)
毎月約800種類の新商品を開発し、売上げは5,262億円となっています。(2020年3月から2021年2月末)

 所在地:広島県東広島市西条吉行東1丁目4番14号
https://www.daiso-sangyo.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社大創産業 >
  3. 仮想“お仕事体験”を通して、親子で楽しみながらお金の仕組みを学ぶ