元ZOZO NEXT 取締役CAIO 野口竜司氏、東大松尾研発 ELYZAの取締役CMOに就任

~技術顧問 松尾豊氏と共に、同社の成長を牽引へ~

東京大学松尾研発AI企業の株式会社ELYZA(イライザ、代表取締役 曽根岡侑也、以下ELYZA)は、経営体制の強化を図るため、取締役CMO(Chief Marketing Officer)として元ZOZO NEXT 取締役CAIO(Chief AI Officer)の野口竜司が就任することをお知らせします。

 

左から、ELYZA 技術顧問の松尾豊、 取締役CMOの野口竜司、代表取締役の曽根岡侑也左から、ELYZA 技術顧問の松尾豊、 取締役CMOの野口竜司、代表取締役の曽根岡侑也

野口竜司氏は、株式会社ZOZO NEXTの取締役CAIO(Chief AI Officer)として、事業会社でのAIビジネス活用やAIプロジェクト推進を最前線で行ってきました。また、同氏は日本ディープラーニング協会の人材育成委員メンバーやZホールディングスのZ AIアカデミアの発起人・幹事も務め、DX/AI人材の育成を通じたAIの社会実装体制の底上げにも尽力されています。また、早期より大規模言語AIの有用性を講演や番組などを通じて発信し、社会啓蒙活動も行われています。
 
ELYZAは、この度の野口竜司氏の取締役CMO就任を受け、大規模言語AIの社会実装を通じたホワイトカラー業務のDX推進をより一層進め、事業拡大を加速してまいります。

▮経営体制

・代表取締役CEO 曽根岡 侑也
・取締役CTO 垣内 弘太
・取締役CMO 野口 竜司(新任)
・技術顧問:松尾 豊
 
▮同社技術顧問:松尾豊氏コメント
 
ELYZAが先駆的に手掛けている大規模言語AIは、世の中のいろいろな場面で有効に使うことができます。大規模言語AIを使うことで、人がより働きやすくなったり、本来やりたいことに時間を割くことができるようになるはずです。
 
大規模言語AIの研究において日本は大きく遅れを取っている状態ですが、そんな中でもELYZAは早くからこの分野での研究や実用化の準備を進めてきました。ELYZAの大規模言語AIの技術を、多くの企業で活用してもらえればと思います。
 
そして、新たに取締役CMOとして就任する野口さんには、ELYZAのメインとなるロケットエンジンとしての役割を担っていただき、会社を高速に前進させて欲しいと思っています。

日本ディープラーニング協会での松尾豊氏(右)と野口竜司氏(左)の対談の様子日本ディープラーニング協会での松尾豊氏(右)と野口竜司氏(左)の対談の様子

▮代表取締役: 曽根岡侑也コメント
 
ELYZAは「未踏の領域であたりまえを創る」というミッションを掲げています。「大規模言語AIを用いたホワイトカラー業務のDX」という、グローバルで見ても未踏の領域で、「あたりまえ」となるサービスの開発を目指しています。
 
新たに取締役CMOに就任する野口さんは、スタートアップや大企業での経営経験が長く、なおかつ、AI技術の社会実装を進めてきた実績を持つ、日本国内では稀有な経営者です。事業開発やマーケティング、AI開発、組織開発等、幅広い知見を持っています。
今回の野口さん参画は、ELYZAが保有する大規模言語AIの技術をより多くの人々や企業に届けていくうえでも、とても心強いことだと感じております。
 
今後は新体制で、他国に負けないスピードで、大規模言語AIを用いたDXを進めていけるよう努めてまいります。
 
▮野口竜司氏コメント
 
イーロンマスクが立ち上げた研究組織OpenAIなどがきっかけとなり、グローバルでは大規模言語AIによる一大ムーブメントが巻き起こっています。前世代までのAIが苦手な分野としていた「会話」領域で技術革新が今まさに訪れ、AIができることの拡張が急速に進んでいます。
 
一方、日本における大規模言語AIの研究やその実用が国際的に見ても大きく遅れを取っている状態と言えます。そのような中、ELYZAは日本語における大規模言語AIで、高度な研究開発力と社会実装力を有しており、有望な会社です。また、ELYZAは東京大学の松尾豊教授を技術顧問として迎えており、技術面・社会実装面の双方において、先生からの強力なアドバイスを受けながら、着実に実力をつけ成長を続けています。
 
ELYZAの大規模言語AIは、特にホワイトカラー業務のDX推進において、大きな貢献を期待できます。私がELYZAにジョインすることにより、メンバーと共に、より多くの企業が大規模言語AIの便益を享受できる、そんな状態を創り出せたらと思っています。
 
大規模言語AIという新しい技術を取り入れ、DXを本気で取り組みたいと思っている経営者・DX推進責任者のみなさま、ELYZAと共に新しいムーブメントを創ってまいりましょう。
 
▮野口竜司氏プロフィール
 
株式会社ELYZA 取締役CMO。株式会社ZOZO NEXT 取締役CAIO(Chief AI Officer)やZホールディングス Z AIアカデミア幹事を経て現職。事業会社でのAI戦略/企画や数々のAIプロジェクト推進に関わる。企業のDX責任者を集めるDX MGR clubの運営や、大企業のDX推進コンサルティングも実施。日本ディープラーニング協会 人材育成委員。著書に「文系AI人材になる」(東洋経済新報社)など。

▮株式会社ELYZAとは


株式会社ELYZAは、「未踏の領域で、あたりまえを創る」という理念のもと、日本語の大規模言語AIに焦点を当てて企業との共同研究やSaaSプロダクトの開発を行なっております。「まとめる、書く、読む、答える」といったこれまで難しいとされていた自然言語処理を実用化し、ホワイトカラー業務のDXを推進して参ります。

<会社概要>
社名 :株式会社ELYZA
所在地 :〒113-0033 東京都文京区本郷3-15-9 SWTビル 6F
代表者 :代表取締役 曽根岡侑也
設立 :2018年9月
URL :https://elyza.ai/
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社ELYZA >
  3. 元ZOZO NEXT 取締役CAIO 野口竜司氏、東大松尾研発 ELYZAの取締役CMOに就任