「全国高校生プレゼン甲子園」409チームの頂点 最優秀賞が決定!

2021年8月28日(土)に第1回全国高校生プレゼン甲子園 決勝大会が開催されました。全国409チームから決勝に進んだ10校のプレゼンが行われ、頌栄女子学院高等学校(東京都)が最優秀賞を受賞しました。


全国高校生プレゼン甲子園実行委員会は、一般社団法人プレゼンテーション協会(本社:東京都台東区、代表理事:前田鎌利)と共催で、全国高校生プレゼン甲子園の決勝大会を2021年8月28日(土)にオンラインで開催しました。
全国409チームから決勝に進んだ10校による熱いプレゼン&質疑応答が行われ、最優秀賞にはアフターコロナでの女性の働き方支援のアイディアを提案した頌栄女子学院高等学校(東京都)が選ばれました。
結果は以下の通りです。

第1回全国高校生プレゼン甲子園 結果発表
【最優秀賞】
頌栄女子学院高等学校(東京都)

チーム名:The Blossoms
応募者:小縣葵 西川果怜 船越杏珠
タイトル:全ての花が開花できる社会へ

【優秀賞】
北海道旭川西高等学校(北海道)

チーム名:3E SMILE
応募者:関智穂
タイトル:笑顔あふれる社会に!

洗足学園高等学校(神奈川県)
チーム名:SG
応募者:西川眞由 木本光咲
タイトル:駅弁×(駆ける)

福井県立勝山高等学校(福井県)
チーム名: 勝山高校
応募者:内田凱翔 吉田慎之介
タイトル:シン•オンライン授業

【特別賞】
福井工業大学附属福井高等学校(福井県)

チーム名:チーム鎌倉ロマン
応募者:鎌倉龍人 前田ロマン
タイトル:ネオ・スーパーシティ構想~ポストコロナの新しい都市空間を提案する~

【奨励賞】
福井県立高志高等学校(福井県)

チーム名:人々
応募者:中川泰希 西野拓実
タイトル:未来の教育

福井県立若狭高等学校(福井県)
チーム名:プラダン
応募者:嶋津莉緒 中村萌愛 宮脇佑歌
タイトル:コロナ禍の先にある未来へ

名城大学附属高等学校(愛知県)
チーム名:トーナーズ
応募者:長沼綾奈 戸田詩菜
タイトル:トータウ

兵庫県立篠山産業高等学校(兵庫県)
チーム名:キカケンチャンネル
応募者:梅田花菜愛
タイトル:クラス3.5構想

宮崎県立都城西高等学校(宮崎県)
チーム名:マルマルひなたガールズ
応募者:丸目采音 田中瑠衣 上小牧杏桂
タイトル:アフターコロナの社会~自分なりの正解を求めて~

決勝プレゼンの動画は公式サイトよりご覧いただけます。
https://presen.or.jp/2021/08/3543/

 

決勝大会進出校は福井会場とオンラインに集いました。決勝大会進出校は福井会場とオンラインに集いました。

優勝した頌栄女子学院高等学校(東京都)優勝した頌栄女子学院高等学校(東京都)


◆テーマ
『コロナ禍の先にある未来への提言』
決勝テーマ:アフターコロナの社会
コロナ禍の中で人との接し方、普段の生活、働き方など、これまでとはずいぶん変化しました。そこで、コロナ禍を経験した後の未来の社会や生活のあり方について、自分の将来を想像しながら提案してください。

◆決勝について
予選を勝ち抜いた10チームは、決勝テーマに基づいた5分間のプレゼン動画を作成。決勝当日は動画再生後に審査員との質疑応答を行いました。

◆審査基準
(1)テーマに対する考察、根拠、論理性、独創性
(2)メッセージの伝わりやすさ、構成
(3)印象的かつ効果的なスライド等のビジュアル
(4)話し方、訴求力、説得力
※決勝大会においては質疑応答も含む
 
◆審査委員長
一般社団法人プレゼンテーション協会 代表理事 前田 鎌利(まえだ かまり)

◆公式HP
決勝結果URL:https://presen.or.jp/2021/08/3543/
URL:https://presen.or.jp/presen_koshien/

◆お問合わせ
全国高校生プレゼン甲子園 実行委員会事務局
〒910-8580 福井県福井市大手3丁目17番1号
(福井県教育庁 高校教育課内)
お問い合わせURL:https://presen.or.jp/koshien_form/

---
一般社団法人 プレゼンテーション協会は、「念いが伝わる世の中へ」を理念とし、より多くの方々に伝わるスキルの普及を目指して活動しております。
URL:https://presen.or.jp
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人プレゼンテーション協会 >
  3. 「全国高校生プレゼン甲子園」409チームの頂点 最優秀賞が決定!