えんホールディングスと「チャリチャリ」を運営するneuetが業務協力関係の強化へ

入居者さま向けの共同キャンペーンを2021年3月から開始

neuet株式会社(本社:東京都、代表取締役社長:家本賢太郎、以下「neuet」)は、福岡を中心にエンクレストなどのマンションなど不動産・ホテル事業を幅広く展開する株式会社えんホールディングス(本社:福岡県福岡市、代表取締役:原田 透、以下「えんホールディングス」)との業務協力関係を強化し、neuetが運営するシェアサイクルサービス「チャリチャリ」を通じた不動産価値の向上・入居者さま向けサービスの充実・地域貢献活動等において、さらなる連携を推進することについて合意いたしました。

■ えんホールディングスとチャリチャリの取り組み経緯

えんホールディングスは、同社が展開するマンション「エンクレスト」のうち、2018年4月に【エンクレスト博多STYLE1】【エンクレスト博多STYLE2】の2箇所でチャリチャリのポートを開設したことを皮切りに、積極的なポート設置を実施しています。
チャリチャリが福岡市内で展開する約360箇所のポートのうち、「エンクレスト」ブランドにおけるポート数は62ポートとなり、福岡市内の約17パーセントを占めるまでに至りました(2021年3月現在)。
一方、チャリチャリは「まちの移動の、つぎの習慣をつくる」をミッションに、身近な移動における利便性をより高めるために積極的な事業拡大を進めています。特に、日常生活に最も近い存在である住宅を起点・終点とした移動は、入居者さまにとっても買い物や通勤・通学などでのご利用機会の拡大に繋がっています。

■ 入居者さまにとってのチャリチャリのメリット

マンション選びのポイントには、最寄りの駅などからの移動時間・距離が重要視されます。えんホールディングスとneuetは、エンクレストにチャリチャリのポートがあることで、駅などへの移動時間短縮だけでなく、市内各地への多様な移動経路を実現することができ、住まいの選び方に新たな選択肢が拡がると考えております。

さらに、チャリチャリはneuetが自転車の整備・点検を行うことにより、お客さま自らが整備・点検や管理を行う必要がありません。入居時に自転車を所有していなくても自転車による移動の利便性が確保できるほか、退去時などの自転車の処分等の手間を削減するメリットも存在しています。

なお、えんホールディングスの調査では、実際にエンクレストの入居者さまから「チャリチャリが設置されている物件に入居したい」、「自分が住んでいる物件にチャリチャリを設置してほしい」といったフィードバックを頂いております。

エンクレストに設置しているポートの一部には、neuetがチャリチャリの自転車以外にもご利用いただける自転車用空気入れを設置開始し、入居者さまへのサービス向上に取り組んでいます。

■ 「えんくらぶ」会員の皆さまへの共同キャンペーンの実施

えんホールディングスとneuetは、エンクレストなどの入居者さま向けサービスである「えんくらぶ」会員の皆さまを対象に、2021年3月1日より共同キャンペーンを開始いたします。

こうした一連の取り組みにより、入居者さまにとってのチャリチャリのご利用メリットをより強化するほか、さらに今後の新たなマンション選びのポイントに繋がることを期待しています。

■ Charichari(チャリチャリ)について

チャリチャリは、2018年2月に福岡市でサービスを開始し、累計400万回以上、月間27万回以上のご利用をいただくまでに成長いたしました。2020年4月からは福岡市との共同事業として新たに採択され、現在は約360箇所のポートと約1500台の自転車で展開しています。また、2020年7月15日より名古屋市でサービスを開始、2020年9月16日からは東京浅草エリアでもサービスを開始することとなり、それぞれの都市において、当社のミッションに掲げる「まちの移動のつぎの習慣」をつくっています。

チャリチャリは通勤、通学、日々のお買い物等、まちの皆様の日常のちょっとした移動に多くご利用頂いております。1分4円の料金設定と福岡市内における高密度のポート展開により、1回平均12分前後のご利用という「ちょっとそこまで」のニーズに対して、幅広い層のお客さまに日常的にご利用いただいております。また、コロナ禍における三密を避けた移動手段のひとつとしても、高い利用回数を記録しております。

・Charichari(チャリチャリ)
https://charichari.bike

■ Charichari(チャリチャリ)ではポートオーナーを募集中です 

マンションやオフィスの軒先・駐車場の一部やオフィスビルなど、あなたがお持ちの未活用スペースをチャリチャリのポートととして活用しませんか。チャリチャリのポートは、自転車3〜5台程度の小さなスペースから設置できます。相談、設置、運用費用は無料です。また、シェアサイクルが新しい価値として注目を浴びている中で、SDGs(持続可能な開発目標)の普及に取り組む企業では、その一環としてシェアリングサービスを導入していただく企業も増えております。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. neuet >
  3. えんホールディングスと「チャリチャリ」を運営するneuetが業務協力関係の強化へ