「2020年宇宙の旅」国際宇宙ステーションってどんなところ?元「きぼう」実験運用管制官が、山形県鶴岡市から世界の子どもたちの夢をつなぐ!

~キッズウィークエンド「秋のオンラインこどもフェス2020」~ イタリア・北海道から中継、「オンライン寄席」「こども六法」講座、和楽器の秋の夜長LIVEなども!

子ども向け「教育×オンライン」の分野では、日本最大級のプラットフォームである「キッズウィークエンド」を運営するキッズシーズ株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:三浦里江)は、9月21日(月)〜9月22日(火)のシルバーウィーク期間中、未就学児から小学生の子どもたちに向けた「秋のオンラインこどもフェス2020」を開催します。
期間中は、「社会科見学」「職業体験」「各界の第一人者との双方向授業」「学習」「リフレッシュ」の5テーマを中心に、各スクールが特別授業を配信します。入場は原則無料です(一部有料の授業あり)。


本フェスの授業ラインナップ中、子ども向けのプログラムで、最も申込数が多い(※)のが、「『2020年宇宙の旅』国際宇宙ステーションってどんなところ?」(9月22日(火・祝)14:30~)。地上から400kmの宇宙空間を飛ぶ「国際宇宙ステーション」が、どんなところで、宇宙飛行士たちは何をしているのかなどを、解説してもらう予定です。※2020年9月10日時点

 講師は「鶴岡スペースステーション」代表の佐藤涼子さん。茨城県つくば市の筑波宇宙センターにて、国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」の実験運用管制官として従事した経験を持つ佐藤さんは、2016年4月、山形県鶴岡市へ移住。「鶴岡ナリワイプロジェクト」(「山形県庄内地方にナリワイ=好きなことで身近な困りごとを解決する 起業家を100人生み出す」をコンセプトにした起業講座)への参加をきっかけに、現在は地元の小・中学校やコミュニティセンターで、宇宙に関する講演やワークショップ、宇宙ステーション観測会を実施し、地域の方々に宇宙を身近に感じてもらうための活動をしています。

 佐藤さんの夢は、庄内地方に科学館を作ること。宇宙に関する展示はもちろん、実験や体験もでき、みんなで宇宙を楽しめる場を作りたい。そして、火星での農業を目指した「火星模擬農園」を始めてみたいと、熱い想いが尽きることはありません。

今回の「秋のオンラインこどもフェス2020」のテーマは「夢でつながる」。授業を受けてくれる子どもたちの夢、一緒に受講する大人たちの夢、そして講師の佐藤さんの夢が、「宇宙」を通じてつながることが、私たちキッズウィークエンドの夢です。

なお、「秋のオンラインこどもフェス2020」では、秋らしい「秋空」「文化芸術」「読書」をキーワードとした、北海道の紅葉(予定)や、ミラノ(イタリア)の日本文化発信地からの生中継、「こども六法」著者によるワークショップ、林家ぼたん師匠(真打)による落語「オンライン寄席」、小鼓&篠笛の「和楽器による秋の夜長オンラインLIVE」など、多彩な授業を予定しています(原則全て生配信予定です)。

 
  • 【「秋のオンラインこどもフェス」開催概要】

■開催期間:2020年9月21日(月)〜9月22日(火)の2日間。両日とも9:30〜18:00
■「秋のオンラインこどもフェス2020」特設ページ: https://fes.kidsweekend.jp/
 


◎開催予定イベント

9月21日(月)
  • 9:30-10:30 『オンライン工場見学! 創業400年の和菓子工房を覗こう!』
  • 9:30-10:30 『阿寒湖畔の温泉街から中継予定』(仮)
  • 11:00-12:00 『「桃太郎」が新聞記事になったら~記者トレで表現力UP!』
  • 13:00-14:00 『「オンライン寄席」林家ぼたん師匠による落語でお江戸ご招待』
  • 13:30-14:30 『テレビ局の人に教わるテレビ番組の作り方』(有料)
  • 14:30-15:30 『micro:bitではじめよう プログラミング体験!』(有料)
  • 17:00-17:40 『集中力を高め勉強に差を付けよう!キッズ ピラティス』
  • 17:00-18:00 『小鼓×篠笛 〜和楽器による秋の夜長LIVE〜』     他

9月22日(火)
  • 9:30-11:30 『オンライン消しゴム工場見学(動画視聴)&商品開発体験』
  • 10:00-11:00 『石田勝紀先生×竹内明日香 オンライン教育対談!!』
  • 11:00-12:00 『数学が好きになる!「数」のふしぎ世界を体験する魔法の授業』
  • 11:30-12:30 『知育菓子教室(R) ~たのしい!おいしい!お菓子で実験~』
  • 13:00-14:00 『「こども六法」著者の特別講演〜法律は何のため?誰のため?』
  • 13:00-14:00 『micro:bitではじめよう プログラミング体験!』(有料)
  • 13:30-15:30 『ファッションデザイナーと一緒に服をデザインしてみよう』(有料)
  • 14:30-15:30 『「2020年宇宙の旅」国際宇宙ステーションってどんな所?』
  • 16:00-17:00 『未来のお仕事図鑑:大ヒット本著者×兼業YouTuber』
  • 17:00-18:00 『海外で働く面白さを大公開!食・文化の街ミラノより生中継』 他

*授業提供協力団体:一般社団法人アルバ・エデュ 、一般社団法人キッズ M、毎日新聞社「記者トレー伝える力育てます」、Logy、U-29(ユニーク)他 (五十音順)

*授業協賛:クラシエホールディングス、株式会社クロスブリッジ、株式会社幻冬舎、株式会社弘文堂、東京ケーブルネットワーク株式会社、株式会社虎屋本舗、fabricjourney、Gs Academy(五十音順)

【参加方法】
講座はすべてオンライン会議システムを利用して行います。
ウェブサイト(https://fes.kidsweekend.jp)の各講座の申し込みページよりお申し込みください。

※個別取材のご希望がございましたら、事前にお知らせください。


【キッズシーズ 会社概要】
会社名  キッズシーズ株式会社
所在地   〒104-0041 東京都中央区新富 2−5−10 7F
代表取締役兼CEO 三浦里江
創業      2017年12月
HP https://www.kidsweekend.jp/

・事業内容 子供向けオンラインイベント検索・予約サービス「キッズウィークエンド」の運営
子供向けオンラインイベントの企画・運営
子供向けテクノロジー教育アプリの開発 子供の教育メディアの運営

キッズウィークエンド事業は2019年度 東京都主催 女性企業家育成事業「APT Woman」、2019年 総務省主催 異能ベーションアワードノミネートなどに採択されました。

◆  代表取締役 三浦里江 プロフィール
早稲田大学大学院卒業。シティバンク銀行にて、リテールマーケティングを担当。その後、リーマンブラザーズ証券にて、株式調査部に所属し自動車業界のリサーチを担当後、野村証券の投資銀行本部にて自動車業界のM&Aのアドバイザリー業務に従事。2017年、キッズシーズ 株式会社を創業。2020年4月より、こども向けオンラインイベントの予約サイト「キッズウィークエンド」を運営。小4、小1の娘を持つ二児の母。現在、早稲田大学大学院商学研究科博士課程在籍中。


【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
キッズシーズ 株式会社  広報担当:三浦
電話:03-5542-0294  メールアドレス:info@kidsweekend.jp
  1. プレスリリース >
  2. キッズシーズ株式会社 >
  3. 「2020年宇宙の旅」国際宇宙ステーションってどんなところ?元「きぼう」実験運用管制官が、山形県鶴岡市から世界の子どもたちの夢をつなぐ!