デジタリフト、東京証券取引所マザーズ市場へ上場

クライアントとエンドユーザー双方の利益最大化を目指す、コンサルティングと広告運用のデジタリフト、上場へ

経営課題解決をデジタル技術で支援するコンサルティング企業、株式会社デジタリフト(本社:東京都港区西麻布、代表取締役:百本 正博、証券コード:9244)は、本日2021年9月28日をもって、東京証券取引所マザーズ市場へ新規上場いたしました。お取引様をはじめ、関わるすべての皆様のご支援、ご高配に心より御礼申し上げます。


デジタリフトは、コンサルティングと広告運用を主事業とする、マーケティング戦略から経営課題までをデジタル技術で改善・最適化するコンサルティング企業です。「カスタマーの意思決定を円滑に」することをVISIONとし、「User Expierienceをデジタル技術で最適化する」というMISSIONに取り組みながら、必要な人に、必要な情報を、適切なタイミングでお届けすることで、クライアントとその先のエンドユーザー双方の利益最大化を目指し続けています。

また、SDGsなどのCSR活動にも積極的に取り組んでおり、地方拠点の発展と、中小企業・スタートアップ支援の観点から、経済発展と社会的課題の解決に努めています。さらに、SDGsに取り組む企業の支援や、公益団体への寄付など、様々な角度から社会貢献について考え、常に新しい取り組みを行っています。

デジタリフトはこの度の東証マザーズ上場により、株主やお客様をはじめ、様々なステークホルダーに対して、社会的責任を果たすべく企業活動に努め、デジタルマーケティングの開拓・創造と、より便利で豊かな社会の進歩・発展に貢献してまいります。

東証マザーズ上場の詳細につきましては、日本取引所グループのウェブサイト「新規上場会社情報」をご覧ください。(https://www.jpx.co.jp/listing/stocks/new/index.html

■会社概要
【社名】株式会社デジタリフト
【設立】2012年11月
【代表取締役】百本 正博
【住所】 東京都港区西麻布4-12-24 興和西麻布ビル7階
【URL】https://digitalift.co.jp/
【事業内容】コンサルティング事業・トレーディングデスク事業、DMP導入コンサルティング事業、SNS運用事業、システム企画・開発

■デジタリフトの「VISION・MISSION」と業務の概要
デジタリフトは、「カスタマーの意思決定を円滑に」をVISIONとして掲げ、「User Experienceをデジタル技術で最適化する」事をMISSIONとしています。主力事業は、「コンサルティング」と「広告運用」で、周辺領域としてアフィリエイトや、チャットボット構築、制作などをおこなっています。コンサルティング事業では、「CdMO」*として、共に課題に向き合いクライアントのデジタルマーケティングの活用方法や施策を共に考えています。
*CdMO(チーフ・デジタル・マーケティング・オフィサー)とは:https://recruit.digitalift.co.jp/cdmo/

広告運用事業では、柔軟な再設計機能と着実な実行体制を組み合わせた「アジャイル型広告運用」*によりクライアントのビジネス最大化をサポートしています。
*アジャイル型広告運用とは:https://recruit.digitalift.co.jp/agile/

■代表プロフィール
デジタリフト 代表取締役 百本正博(Masahiro Hyakumoto) 
株式会社大広で10年間、信託銀行、洋酒メーカー、飲料、自動車メーカー、メガバング、通信、流通会社(GMS)等を担当し、多数のプロジェクトを成功に導く。その後、IT企業にてコンサルタント、新規事業開発等を担当。広告代理店時代のノウハウと新しいテクノロジーへの理解を武器に広告主をサポートすべく2012年会社を設立。デジタルマーケティングのコンサルティングを行う。

​■ 本件に関するお問い合わせ
電話番号:03-6427-1866
お問い合わせURL:https://digitalift.co.jp/contact/
担当:石塚(イシヅカ)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社デジタリフト >
  3. デジタリフト、東京証券取引所マザーズ市場へ上場