㈱船場の新オフィス「GOOD ETHICAL OFFICE」プレスツアーを開催

株式会社船場(本社:東京都港区 代表取締役社⻑ ⼋嶋⼤輔 以下「船場」)は2021年4⽉に完了した本社全⾯リニューアルにおいて、6⽉22⽇(⽕)にプレスツアーを開催します。
1.ツアーの開催

 

Semba Ethical Design Thinking※により環境や⼈・社会に優しいオフィスとしてリニューアルした船場の新本社オフィスについて、プレスツアーを開催します。ハブオフィスの価値を⾼める船場の「GOOD ETHICAL OFFICE」をぜひ体感してください。

Photo:青木勝洋写真事務所Photo:青木勝洋写真事務所

  • 日時

2021 年6 ⽉22 ⽇( ⽕) ①14:00 〜 ②16:00 〜 ※所要時間1〜1 時間半程度を予定しています。

  • 場所
東京都港区芝浦1−2−3シーバンスS 館9 階(受付:9階エントランス)
  • ツアー予約・お問合せ
ご参加をご希望の⽅は下記メールアドレスに会社名、⽒名、ご希望の時間を記載の上ご連絡ください。
 ㈱船場 コーポレートコミュニケーション室 ⼩⼭・中⽥
  MAIL:information1008@semba1008.co.jp

尚、新型コロナウィルス感染拡⼤防⽌の観点より、少⼈数での実施を予定しています。予約は先着順となり、ご希望に添えない場合がございますのであらかじめご了承ください。また、ご参加の皆様にはマスクの着⽤と⼊室時のアルコール消毒にご協⼒いただきますようお願い申し上げます。

▶ オフィスリニューアルの詳しい内容はこちらのリリースをご覧ください。
https://www.semba1008.co.jp/ja/release/news/news-20210415/main/0/link/20210415_ethical%20news.pdf



2.Semba Ethical Design Week の開催

 

船場では業界領域を超えたSemba Ethical Design Thinking※の浸透・発信の強化週間として、2021年6⽉22⽇〜25⽇までの4⽇間を「エシカルデザインウィーク」に設定。期間中には、インテリアデザイン界を牽引する多彩なゲストをお招きしたウェビナーの開催や船場が独⾃の基準で選定するエシカル建材マテリアルの展⽰、オンラインオフィス⾒学の開催等を予定しています。詳細は船場HP(www.semba1008.co.jp)よりご覧ください。

 

 

  • エシカルウェビナ―
6/23(⽔)18:00〜19:00
記憶を継承するエシカルマテリアル

<Speaker>

 

we+ 林登志也 氏、安藤北⽃ ⽒
㈱船場 成富法仁


6/25(⾦)15:00〜16:00
エシカルラーニング
エコだけじゃないエシカルな素材とは?

 

<Speaker>
㈱船場 ⽣⽥裕史、⽊村茜、
     本田洋介、藤岡寛則


6/25(⾦)17:00〜18:00
循環を前提とする空間デザインの思考
(協賛:㈱ダイナワン)

 

 

<Speaker>
窪⽥建築都市研究所代表、JCD理事⻑ 窪⽥茂 ⽒
oriharamiki design office代表、JCD理事 折原美紀 ⽒
㈱モノファクトリー代表 中台澄之 氏
㈱船場 神戸暁
 
  • オンラインオフィス見学
実際にご来社が難しい⽅でも、オンライン上でオフィス内を回遊いただけるバーチャル⾒学を実施します。
  • エシカルマテリアル展示
オフィス内マテリアルエリアにて、船場独⾃の基準で選定するエシカルな建材マテリアルを展⽰・ご紹介します。

上記エシカルデザインウィーク各コンテンツへのご参加をご希望されるメディア関係者の⽅は、広報担当までお問合せ下さい。
(広報担当 ⼩⼭・中⽥/MAIL:information1008@semba1008.co.jp)


3.配信スタジオアートワーク「Link」
2021年5⽉17⽇、新オフィス内コラボエリアに、コンテンポラリーデザインスタジオ we+と船場で共同作成したアートワーク「Link」を設置しました。
「Link」は、Semba Ethical Design Thinking※で推進中の、廃棄建材の新たな可能性を考察するリサーチプロジェクトの第⼀弾です。また、現在「Link」は、世界で最も歴史ある建築・デザイン系のグーローバルウェブメディア「designboom」に掲載されています。
▶掲載サイト:https://www.designboom.com/design/we-plus-waste-building-materials-modular-furniture-wall-surfaces-05-26-2021/
 
  • 廃棄建材リサーチプロジェクト「Link」
Photo:Masayuki HayashiPhoto:Masayuki Hayashi⼼を込めて仕上げた商空間が短期間で解体・廃棄されることへの違和感を起点に、解体時に発⽣する廃棄建材や、企画・デザインの段階で⼤量に発⽣するサンプル建材に着⽬。本来の機能を失った建材を分解・再構築することで別の魅⼒を引き出し、空間に刻まれた記憶や、その場所がまとっていた空気感を新たな素材として継承し続けることを⽬指しました。
⽊・⾦属・レンガ等の廃棄建材を細かく砕き、粒度を変えながら固めることで、粗い粒は模様として、細かい粒は着⾊剤として⽣かされ、複雑な表情となります。更に、⾦属は酸化によって表情にさらなる奥⾏きを与えます。本リサーチから⽣まれた新たな建材は、モジュールとして成型し積み上げることで、家具から壁⾯まで様々な展開が可能です。

■we+について

​www.weplus.jp​www.weplus.jp

リサーチと実験に⽴脚した独⾃の制作・表現⼿法で、新たな視点と価値をかたちにするコンテンポラリーデザインスタジオ。林登志也と安藤北⽃により2013年に設⽴。⼈と、⼈を取り巻くあらゆる物事・⾃然環境の間に親密な共存関係を築くオルタナティブな視点や表現を探究しており、近年は、⾃然現象の移ろいやゆらぎを可視化することで、⼈⼯と⾃然が融合した新たなものづくりのあり⽅を提案。国内外で⾃主制作作品を発表する他、⽇々の研究から得られた知⾒を⽣かし、インスタレーションをはじめとしたコミッションワーク、素材開発やR&Dでの協業など、さまざまな企業や組織のプロジェクトを⼿がける。



※ Semba Ethical Design Thinkingについて
「デジタル」と「エシカル」を企業改⾰の重要テーマと掲げる船場が全社で推進するエシカルデザインの考え⽅。地球環境への配慮や思いやりの観点から、全ての事業プロセスを⼀⼈⼀⼈が“Rethink”することから始めています。


【船場について】
商業施設をはじめオフィスや教育・⽂化施設等の様々な空間創造において、企画・設計・施⼯・メンテナンスまでをトータルでサポートしています。サスティナブル社会に求められる空間設計の新たなテーマとして循環型の内装設計“エシカルデザイン”を推進しています。
社名 :株式会社船場 カブシキガイシャ センバ
所在地:東京都港区芝浦1‐2‐3シーバンスS館9階
上場:東京証券取引所市場第⼀部(コード番号:6540)
主な実績:
Firsthand RAYARD MIYASHITA PARK/設計・施⼯
GREEN SPRINGS/企画
大阪⼤学豊中キャンパス⼤学⽣協⾷堂/設計・施⼯
VOYAGE GROUP OFFICE/設計・施
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社船場 >
  3. ㈱船場の新オフィス「GOOD ETHICAL OFFICE」プレスツアーを開催