【fermata】誰もが安心して「タブー」も「ワクワク」もシェアできる社会を fermataは消費者の皆様とプライバシーポリシーをともに考えていきます

「Femtech Fes! (フェムテック・フェス)2021」イベント当日のプライバシーポリシーを考える事前オンラインイベント 10月11日(月)開催決定

 女性のウェルネス課題の解決・支援事業を行うfermata(フェルマータ)株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役:杉本亜美奈)は、消費者の皆様により安心して自らの抱えている身体のモヤモヤをシェアしたり、フェムテックプロダクトやサービスを活用していただくために、今後消費者の皆様との意見交換を通じて、新たなプライバシーポリシーの設定・適用を目指すことをここに表明します。また、この新プライバシーポリシー設定に向けた初めての取り組みとして10月22日(金)〜24日(日)に開催されるイベント「Femtech Fes! 2021」に先駆け、ユーザーの皆様と共に「Femtech Fes! 2021」イベント当日のプライバシーポリシーについて考えるオンラインイベントを開催いたします。


■fermataが今回新たなプライバシーポリシー設定・適用を表明する背景
 昨今、テクノロジーの進化やパーソナライズされたサービスがトレンドとなっていることもあり、企業は多くの顧客データを保持しています。しかし、そのデータの管理については、各国の規制や議論が追いついていないという現実も否定できません。また、日本企業で自社のプライバシーに対する企業の指針や姿勢を積極的に示す企業がまだまだ多くはありません。
このような状況のなか、fermataが目指す「皆が生きやすい」社会の実現には、消費者の皆様が安心してご自身の悩みや意見を声に出したり、プロダクトやサービスを享受できる仕組みをつくることが不可欠であり、かつfermataが果たすべき責任と考え、この度新たなプライバシーポリシーを設定することを決定いたしました。プライバシーポリシー設定の過程においても、消費者の皆様との相互的なやり取りを通じ、より皆様が安心でき、かつ理解しやすいプライバシーポリシーの設定と、その継続的な改善に努めます。
フェムテック※という多くの方のプライベートな悩みや個人情報と向き合う市場でアジアをリードする企業として、皆様が安心して自分のモヤモヤに向き合える環境を消費者・ユーザーの皆様と共に作っていきます。
※生物学的女性の心身の課題をテクノロジーを活用して解決するプロダクトやサービス

■今後設定していく新たなプライバシーポリシーにおける方向性について
①消費者・ユーザーの皆様の声を最優先します
fermataはイベント運営・サービスの提供などあらゆる場面で消費者・ユーザーの皆様に安心していただけるよう消費者の皆様の声を最優先し、プライバシーやデータの活用に不安のない環境づくりを徹底します。

②常に一人一人の意見が尊重される状態を作ります
プライバシーに関する感度や意見が人それぞれで異なる中で、fermataは一人一人の消費者・ユーザー様の意見や立場に寄り添います。例えば、イベントではメディアからの取材・撮影不可な方にリストバンドを配布し、その方の意思を明確にかつ簡単に表明できるようにします。

③データの行方を可視化します
fermataに集まった各データがどのように活用されるのか可視化し、消費者・ユーザーの皆様にお知らせします。

■「Femtech Fes! 2021」番外編ワークショップ「私たちが自分で決める【心とからだ】のプライバシー」
 「Femtech Fes! 2021」開始に先駆け、イベント当日のプライバシーポリシーについてユーザーの皆様と一緒にディスカッションするオンラインワークショップ「私たちが自分で決める【心とからだ】のプライバシー」を10月11日(月)に開催いたします。


 このワークショップでは、「Femtech Fes! 2021」に参加する全ての皆様がより安心して自らのモヤモヤをオープンにしたり、他のお客様とシェアできるように「Femtech Fes! 2021」の会場内におけるプライバシーについて、ユーザーの皆様とfermataの「Femtech Fes! 2021」運営メンバーが議論を交わし、共にイベントを作り上げていきます。また当日ディスカッションされた内容に関しては、fermataが持ち帰り、イベント当日に可能な限り反映します。

「Femtech Fes! 2021」当日の参加が決定している方も、ご来場が難しい方も、fermata史上最大規模となる企画"が多くの方にとってより安心できるものとなるよう、ぜひご協力をお願いいたします。
開催日時:10/11(月) 19:00-20:30

イベント公式URL:
https://femtechfesprivacy.peatix.com/view

参加方法:
ビデオ会議システム「Zoom」(インターネット環境があれば、どこからでも接続可能)にて実施。登録していただいた方に、Zoomリンク(パスワード付き)をイベント前にお送りいたします。また本イベントは、ブレイクアウトルームを利用した参加型ワークショップとなっています。以下の設定をご検討の上、無理のない範囲でご参加ください。
・表示されるアカウントのお名前を匿名にする
・ビデオをオフにする
・声色を変える
※本イベントは、プライバシーポリシーのあり方について考える株式会社Inner Sustainabilityと共同で運営します
※少人数制のイベントのため、参加枠が埋まる場合があります。お早目にお申し込みください。

【ゲストスピーカー】
今村桃子|代表取締役社長・Chief Privacy Officer|株式会社Inner Sustainability
EYアドバイザリー・アンド・コンサルティングに新卒入社し、システム導入と事業構想のリサーチに従事。その後コミュニケーションデザインへ転身しスタートアップ・ベンチャー企業にて人材育成、組織開発に携わる傍ら、プライベートでも大手町・丸の内で活動する朝活コミュニティLearny Birdsの設計運営を累計300回以上行う。現在は株式会社Inner Sustainabilityを立ち上げ、市民のプライバシーに配慮するためのオープンソースコミュニティ PbD Community Project の立ち上げと企業向けプライバシー戦略の研修・コンサルティングの提供を進める。

菅野加代子|サービスデザイナー
大学ではAR/VRを中心とした情報システム学を専攻。入社後はITと印刷を主軸にした情報処理技術の研究開発やR&D部門での研究戦略策定、シリコンバレーでの新規事業開発等に従事。近年はデザイン思考と共創をベースに当事者参加型の業務プロセス改善と定着支援、事業創出支援、人材育成を行う組織デザインに取り組む。

【参考資料】
■ご好評につき増枠決定、「Femtech Fes! 2021」〜あなたのタブーをワクワクに変える"フェムテック交差点〜

【概要】
「日本にフェムテック※を紹介したい!」という思いで開催した2019年の初回以来、オンラインを中心に開催してきた本イベントが、fermataの創業2周年を記念して2度目の実地開催を迎える運びとなりました。各国のスタートアップとのリレーションを活かし、史上最大規模となる150ものプロダクトやサービスを揃えて皆様をお迎えします。

fermataでは今回の「Femtech Fes! 2021」のテーマを「あなたのタブーをワクワクに変える"フェムテック交差点"」としました。これには、数多くの人が行き来する交差点のように、開発者の想いの込もったプロダクトとモヤモヤを抱える一人ひとりが交差し、予期せぬ気付きや出会いが生まれる場となることを願う意味が込められています。
開催期間:2021年10月22日(金)〜24日(日)


開催場所:六本木 アカデミーヒルズ (ラウンジ49、カンファレンス7)六本木アカデミーヒルズ
入場料:無料
公式Webサイト:https://hellofermata.com/pages/femtechfes2110


タイムテーブル:

 

 

 

 

※詳細は以下Webサイトをご覧ください。
https://hellofermata.com/pages/femtechfes2110-timetable
※感染対策のため、ご来店時はマスク着用・手指消毒にご協力ください。また、体調に不安のある方はご来場をお控えください。

■参考:デジタル時代のプライバシーに関する社会背景
2020年6月、国連ではデジタルの人権保護や公平なデジタルデバイスの普及を描いたDigital Cooperationに関するロードマップを示した。
EUでは「EUデータ保護指令」に代わり、2018年5月からGDPRが施行。厳格な監査と賠償金制度により累計500以上の件数が上がっている。米国では2020年1月から施行したカリフォルニア州消費者プライバシー法CCPAに引き続き、他州でも法整備が進む。
日本国内では2021年6月に施行する改正・個人情報保護法で罰金額が引き上がり、監査の整備が進むとともに、総務省・経産省は2020年8月に発表した「DX時代におけるプライバシーガバナンスガイドブックver1.0」の普及・啓蒙に努め、プライバシー対策を自主的に行うよう呼びかける。
ユーザーのプライバシーに配慮せず貪欲にデータをとることが是とされてきたデータビジネスの風向きが変わり始めている中、なかなかプライバシー戦略に舵を切れない企業も数々ある。

■フェムテックとは
フェムテックとは、女性(Female)と技術(Technology)を組み合わせた造語です。一般的には月経、妊娠、更年期など女性特有の健康課題に対してテクノロジーを用いたデバイスやアプリ、プロダクトなどを指します。fermataではモノだけでなく、「女性がセルフケアを重んじる文化」「誰もが自分自身の体の1番の理解者になること」といったムーブメントそのものも「フェムテック」の重要な側面であると考えています。

■fermata株式会社について
「あなたのタブーがワクワクに変わる日まで」をビジョンに掲げ、未だタブー視される傾向にある「女性のウェルネス」課題を解決・支援する事業を行っています。女性の体の悩みやモヤモヤを共有するプラットフォームの創出、ウェルネス課題の解決に繋がる世界中のプロダクトの提供を通して、日本、そして世界のフェムテック市場の拡大を加速させ、女性だけではなく皆が生きやすい世界を目指します。
・コーポレートサイト:https://hellofermata.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. fermata株式会社 >
  3. 【fermata】誰もが安心して「タブー」も「ワクワク」もシェアできる社会を fermataは消費者の皆様とプライバシーポリシーをともに考えていきます