リファレンスチェックサービスのParameがグローバル人材(外国人)採用向けの英語版リファレンスチェックをリリース

グローバル人材採用時にリファレンスチェックを使いたいというご要望から機能アップデート

リファレンスチェックサービスを運営する株式会社Parame(本社:東京都新宿区、代表取締役:岡野亮義、以下「Parame」)は、リファレンスチェック時の質問等を英語で出来る英語版リファレンスチェック機能をリリース致しました。

 

 
  • グローバル人材(外国人)採用の課題背景
日本人採用と比べ、国籍や文化、バックグラウンドの違うグローバル人材の採用時に、採用担当者からの「面接時に、本当に見極めができているのか不安」「日本人の採用と比べて、採用基準の判断が難しい」などの課題から「グローバル人材の採用時に英語でリファレンスチェックをしたい」という声を頂いておりました。

今回、ご要望にお応えする形で、英語での質問選択や、リファレンスチェックを受ける候補者様、回答者様の英語でのリファレンス記述等に対応致しました。
 
  • 英語版リファレンスチェックの仕様
今回のアップデートは日本企業の日本人の採用担当者が、グローバル人材を採用するシーンのリファレンスチェックを想定した英語対応となっております。

リファレンスチェック実施時にワンクリックで英語と日本語の切り替えが可能で、採用担当者はリファレンスチェックに合わせて候補者毎に柔軟に言語の選択が可能です。

(ワンクリックで英語での質問に切り替えて質問の選択が可能)

  • 実際の英語版スクリーンショット

(英語で実施時、候補者への案内メールなども自動で英語に翻訳)

 

(リファレンスチェックを受ける候補者の画面も英語に対応)

 


(リファレンスチェックの回答者も英語で回答が可能)

 

 

 

  • オンラインリファレンスチェック「Parame Recruit」について

 
「Parame Recruit(パラミーリクルート)」はオンラインリファレンスチェック サービスです。採⽤候補者をよく知る⼈物から、⾯接だけでは知れない候補者の性格やスキル⾯、実績などの候補者の情報を取得し、採⽤のミスマッチリスクを最⼩化します。

ご質問やご相談、トライアル利⽤などサポートスタッフが何でもお答えしますので、お気軽にお問い合わせ下さい。

サービスページはこちらより→ https://parame.jp/m/en/recruit 
 

  • 株式会社Parameについて

■会社情報
・所在地:東京都新宿区新宿2-13-10 エルハイム新宿508
・取引先金融機関:三菱UFJ銀行、みずほ銀行
・代表者:岡野亮義
・創業:2020年2月
・URL:https://parame.co.jp/
・顧問弁護士:AZX総合法律事務所

■会社沿革
2020年2月 創業
2020年12月 FVentures, インキュベイトファンドらから資金調達を実施( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000058683.html 
2020年12月 経済産業省主催「始動 Next Innovator 2020」にて優秀事業としてシリコンバレー選抜プログラムへ採択( https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000011.000058683.html 

■代表略歴
岡野亮義。1992年生まれ。上智大学在学中に起業、同年に大学を中退。
2017年にアクセンチュア株式会社に中途入社し、IoT/ブロックチェーン/音声認識/機械学習などの最先端テクノロジーを用いた新規事業実証実験プロジェクトに参画。アクセンチュア社内のデジタルハッカソンにおける優勝実績等。2020年に「個人の信用のアップデート」をミッションに株式会社Parameを創業。
 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社Parame >
  3. リファレンスチェックサービスのParameがグローバル人材(外国人)採用向けの英語版リファレンスチェックをリリース