IDB のSilver Economyに、OUI Inc.とブラジルの医療NGOとの協働プロジェクトが採択

インディオ(先住民)向けの眼科支援プロジェクトをIDBが支援

慶應義塾大学医学部発のベンチャー企業 OUI Inc.(ウイインク:株式会社OUI)は、米州開発銀行(IDB:The Inter-American Development Bank)が主催するSilver Economyにおいて、ブラジル日系人が運営する医療NGOのAMDAF(Associação Médicos da Floresta)と協働で提案したパイロットプログラムが、支援対象として採択されたことをお知らせします。
IDBの支援を受け、当社が開発したSmart Eye Camera(SEC)を使い、ブラジルのアマゾン地域に住むインディオの方々に眼科医療を届けるための遠隔診断モデルの構築をより一層加速させていきます。
【IDBとSilver Economyについて】
米州開発銀行(IDB)は、中南米・カリブ加盟諸国の経済・社会発展に貢献することを目的として1959年に設立された国際開発金融機関です。
IDBが主催するSilver Economyは、今後高齢化社会に向かっていく中南米・カリブ加盟諸国において、高齢者の社会・経済への包摂を実現するイノベーティブな取組の推進拡大のために、IDBが、グラントや借款等を含む支援を行うものです。中南米・カリブ諸国から、180を超える応募があり、その中から、OUI Inc.がAMDAFと提出した共同プロポーザルを含む9つのプロジェクトがIDBの支援対象として採択されました。

参考)
IDB Silver Economy ウェブサイト(英文)
https://convocatorias.iadb.org/en/bid-lab/silver-economy
 IDBウェブサイト(英文)
https://www.iadb.org/en
AMDAFウェブサイト(ポルトガル語)
https://amdaf.org/

【OUI Inc.のブラジルでの取組について】
OUI Inc.は“医療を成長させる”ことを理念に、慶應義塾大学医学部の眼科医が2016年7月に立ち上げた大学発のベンチャー企業です。 眼科の診察を可能にする iPhone アタッチメント型医療機器 Smart Eye Camera (以下SEC) をゼロから開発し、約1年半で完成させました。iPhoneのカメラと光源を利用した眼科診療機器は本邦初であり、動物実験の結果及びヒトの眼を使用した臨床研究の結果にて、既存の細隙灯顕微鏡と同等の性能があることが証明されております。

OUI Inc.が開発したSmart Eye CameraOUI Inc.が開発したSmart Eye Camera

SECを通じて、従来眼科医療を届けることができなかった患者さんに適切な診断を届け、2025年までに世界の失明を50%減らすことをビジョンに掲げて活動しています。これまで、アジア・アフリカ地域をはじめ世界15か国以上で、現地の眼科医・NGO・医療機関・国際機関と協力して、様々なパイロット実証を行ってきました。
ブラジルでは、2021年から、AMDAFと共同して、眼科医療へのアクセスが困難な地域で生活しているインディオの方々に対し、SECを活用した眼科支援プロジェクトのパイロットをスタートさせています。2021年2月には、在パキスタン日本大使館の医務官である岡本洋幸先生(当時は在ブラジル日本大使館)のご仲介で、 AMDAFと共に在ブラジル日本大使館にオンラインでの表敬訪問を行い、山田在ブラジル日本大使から、力強い応援をいただきました。

参考)2021年3月8日プレスリリース「OUI Inc.がブラジルの現地NGOと共同でインディオ(先住民)向けの眼科支援プロジェクトを発足」
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000064389.html

2021年8月からは、実際にインディオの集落で、Smart Eye Cameraを用いた眼科診察のトライアルもスタートさせています。
今後、IDBの支援を受け、医療過疎地域の集落に住むインディオの方々に、持続可能かつ包摂的な形で眼科医療を提供する遠隔診断モデルの構築に向けて、AMDAFと協力しながらより一層邁進していきます。

 

アマゾンのインディオ集落でSECを使って眼科疾患のクリーニングを行うAMDAFスタッフアマゾンのインディオ集落でSECを使って眼科疾患のクリーニングを行うAMDAFスタッフ

パートナー機関のコメント:
Mr. Frank Hida/President, AMDAF (Associação Médicos da Floresta)
AMDAFでは2016年から先住民コミュニティーに眼科のスクリーニングと治療と手術を提供してきました。私達の主な目的は、アクセスが困難なアマゾン僻地の先住民に予防可能、治療可能な眼科支援活動です。
OUI Inc.とAMDAFとの共同プロジェクトが、IDBのSilver Economy に選ばれ、支援を受けられるようになったことで、先住民コミュニティーに革新的なアイケアを提供できることになります。2021年8月からSmart Eye Cameraを使用しての眼科診察を始めています。OUI Inc. とAMDAF 共に力を合わせて、活動をすることは重要な意味があると思っています。


【会社概要】
OUI Inc.(ウイインク:株式会社OUI)は、慶應義塾大学医学部の眼科医が起業した大学発のベンチャー企業です。“医療を成長させる”ことをミッションに、現役医師の知見や技術を全ての医療現場に還元することで、常に医療を成長させ続け、最高の医療サービスを創造します。
会社名:OUI Inc. (株式会社OUI)
URL:http://www.ouiinc.jp
代表取締役:清水映輔                   
設立:2016年7月15日
本社所在地:東京都新宿区新宿1-36-2 新宿第7葉山ビル3F
事業内容:医師のアイデアをもとにした、医薬品・医療機器の開発と実用化及び同コンサルティング業務及び同コンサルティング業務
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社OUI >
  3. IDB のSilver Economyに、OUI Inc.とブラジルの医療NGOとの協働プロジェクトが採択