アストロスケール、経済産業省より宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術開発を受託

軌道上サービスに不可欠な要素技術の確立に貢献

持続可能な宇宙環境を目指し、スペースデブリ(以下、宇宙ごみ、デブリ)除去サービスを含む軌道上サービスに取り組む株式会社アストロスケールホールディングスの子会社で人工衛星の製造・開発を担う株式会社アストロスケール(本社:東京都墨田区、代表取締役 小山貴義、以下「アストロスケール」)はこのほど、経済産業省より、令和2年度補正宇宙開発利用推進研究開発(宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術開発)を受託したことをお知らせします。
人工衛星の寿命延長や燃料補給を含む「軌道上サービス」は、衛星運用コストの削減やデブリ発生抑止などの観点より、世界的に需要の拡大が見込まれています。同サービスの提供には、複雑な作業が多数必要であり、遂行のための宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンドの技術は、軌道上サービスの中核をなす要素技術とも言えます。また、米国政府が主導する月面探査・拠点建設活動(アルテミス計画)における要素技術としての波及も期待されています。

本受託契約は、このような状況を鑑み、令和2年度配分額として最大2.7億円を予算に、軌道上や月面の船外環境で複雑な作業を自律的に遂行できる、宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術の開発を支援するものです。アストロスケールを含む二社が採択され、具体的には、①汎用作業ロボットアーム・ハンド技術、②高度かつ低負荷な自律制御技術、③ロボット手先の転換を可能とするインターフェイス技術を含むロボットシステムの研究開発を3カ年度以内に行い、④軌道上サービスの市場動向や標準化動向等を継続的に把握・分析し、開発計画に反映させるとともに、開発成果を標準化活動機関へインプットすることを主な内容としています。

アストロスケール代表取締役の小山貴義は、以下のように述べています。
「世界的な宇宙経済のインフラを形成する軌道上サービスにおいて、ロボットアーム・ハンド技術は必要不可欠です。この技術を進展させることで、デブリ除去や衛星の寿命延長など、宇宙空間で遂行できる活動の幅が広がります。アストロスケールは、宇宙の持続可能性(スペースサステナビリティ)を実現するためにデブリ除去などの技術開発を進めており、今回の受託契約を機に、ロボットアームの技術開発を加速していきます。」

また、軌道上サービスの提供には、衛星やデブリなど対象物体に接近しミッションを完遂するRPO技術※1 が必要であり、その先駆けとしてELSA-dの実証実験をこの夏より進めていく予定です。衛星運用者やロケット打上げ運用者のリスクを軽減し、費用対効果(ROI)を高めることのできる軌道上サービスにおいて、アストロスケールは要素技術のみならず、総合的に技術力を躍進させ、業界を先導していきます。

今年6月、G7加盟国は、デブリ問題を宇宙業界が直面する世界的課題の一つとして認識し、安全および持続可能な宇宙利用に取り組むとする共同声明を発表しました。この共同声明では、宇宙環境を保護するために、デブリ除去や軌道上サービスに係る官民の取り組みと、これらサービスのさらなる研究開発の推進を歓迎しています。アストロスケールは引き続き、業界団体や民間企業、政府機関と協力し、宇宙の持続可能性の実現に向けて取り組んでまいります。


アストロスケール について
アストロスケールは、宇宙機の安全航行の確保を目指し、次世代へ持続可能な軌道を継承する為、スペースデブリ(宇宙ごみ)除去サービスの開発に取り組む世界初の民間企業です。 2013年の創業以来、軌道上で増加し続けるデブリの低減・除去策として、今後打ち上がる人工衛星が寿命を迎えたり恒久故障の際に除去を行うEOL※2、既存デブリを除去する為のADR※3、宇宙空間上での宇宙状況把握(ISSA※4)、稼働衛星の寿命延長(LEX※5)など軌道上サービスの実現を目指し技術開発を進めてきました。また、長期に渡り安全で持続可能な宇宙環境を目指す為、技術開発に加え、ビジネスモデルの確立、複数の民間企業や団体、行政機関と協働し、宇宙政策やベストプラクティスの策定に努めています。 
本社・R&D 拠点の日本をはじめ、シンガポール、英国、米国、イスラエルとグローバルに事業を展開しています。 

アストロスケール本社ウェブサイトはこちら: http://astroscale.com
製造・開発の様子(写真)はこちら:https://bit.ly/Astroscale_pictures
ELSA-dについて詳細はこちら: http://bit.ly/ELSA-d_PressKit_JPN
軌道上サービス管制センターの様子(動画):https://www.youtube.com/watch?v=OzISoG-AjbM

※1 RPO:Rendezvous and Proximity Operations Technologiesの略称 、ランデブ・近傍運用
※2 EOL:End-of-Lifeの略称 
※3 ADR:Active Debris Removalの略称 
※4 ISSA:In Situ Space Situational Awarenessの略称 
※5 LEX:Life Extensionの略称 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アストロスケールホールディングス >
  3. アストロスケール、経済産業省より宇宙船外汎用作業ロボットアーム・ハンド技術開発を受託