双日、ビジネスジェット事業においてケイマン諸島国籍機のチャーター運航を開始

~より長距離の運航を実現し、幅広いニーズに応える~

双日株式会社(以下、「双日」)は、このたび、多様化するニーズに応えるため、ケイマン諸島国籍のビジネスジェットチャーター(不定期便)機の運航を開始しました。

【ダッソー・アビエーション社の「Falcon7X」】【ダッソー・アビエーション社の「Falcon7X」】

ケイマン諸島国籍のビジネスジェット機はアジアで増加傾向にあります。これらケイマン諸島国籍のビジネスジェット機のチャーター(不定期便)運用を可能にするため、双日は、チャーター事業免許(ケイマンAir Operator’s Certificate、以下、「ケイマンAOC」)を保有するフェニックス・ジェット・ケイマン社を子会社化し、ダッソー・アビエーション社の「Falcon7X」の運航を実現しました。

 ケイマンAOCを保有することでより長時間のチャーター運航が可能となるため、「Falcon7X」以外にも、超長距離性能を有するボンバルディア社のGlobal 7500やガルフストリーム社のG650ERなどの性能や特徴を最大限に生かすことができ、幅広いニーズに応えるチャーターフライトの提案が可能です。

 

 

​双日は、2003年より日本で先駆的にビジネスジェット事業を開始し、2005年より運航管理事業に参画、その後2017年に米国籍機体の運航管理をおこなうフェニックス・ジェット・インターナショナル社を立ち上げました。フェニックス・ジェット・インターナショナル社は、日本のトップエグゼクティブのために設立された、日本の資本が入った唯一(*)の国際オペレーターであり、日本文化に馴染みが深く経験豊富なスタッフにより、顧客のあらゆるニーズに対し、きめ細やかに対応可能です。

今後ますますライフスタイルやビジネススタイルが多様化する中で、双日は更なるサービス向上やメニューの多様化を図り、あらゆるニーズに応えるとともに、地域経済の発展にも貢献していきます。

 (*)双日調べ。傘下グループ会社に外国籍オペレーターを保有し、運航管理などの各種サービスを提供可能である日本企業資本の会社は、フェニックス・ジェット・インターナショナル社のみ。

【フェニックス・ジェット・ケイマン社の概要】

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 双日株式会社 >
  3. 双日、ビジネスジェット事業においてケイマン諸島国籍機のチャーター運航を開始