プレスリリース・ニュースリリース配信サービスのPR TIMES
  • Top
  • テクノロジー
  • モバイル
  • アプリ
  • エンタメ
  • ビューティー
  • ファッション
  • ライフスタイル
  • ビジネス
  • グルメ
  • スポーツ

PR TIMESのご利用について

資料をダウンロード

菅公学生服株式会社
会社概要

全国の高校生1,099人に聞いた「女子制服のパンツスタイル」へのイメージ「自由でよい、動きやすそう、かっこいい」などポジティブな回答が上位!

調査レポート「カンコーホームルームVol.192女子高校生のスラックス制服に関する意識」(2)https://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/homeroom/vol192

カンコー学生服

 菅公学生服株式会社 (本社:岡山市北区駅元町、代表取締役社長:尾崎 茂)が毎月最終火曜日に結果を発信している調査レポート「カンコーホームルーム 」Vol.192にて、「女子高校生のスラックス制服に関する意識」調査データを公開しました。 
 女子制服としてのスラックス制服は、1990年代頃から冬場の寒さ対策や自転車通学時に良いという理由で、数校の中学校・高校で導入されたのが始まりと言われています。近年は、多様性やLGBTQ※の観点から全国の学校で採用する動きが拡大しています。では、高校生は女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対してどのように思っているのでしょうか?今回、全国の高校に通う1~3年生の男女1,099人を対象に、女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度、女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ、着用したい制服のタイプについて調査しました。

※「LGBTQ」とは、レズビアン(L)、ゲイ(G)、バイセクシュアル(B)、トランスジェンダー(T)、クエスチョニング(Q)の性的少数派の中で代表的な5つの頭文字を取った総称です。

◆調査結果サマリー◆

・女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度は7割以上
・女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージは、「自由でよい」(62.6%)、「動きやすそう」(42.0%)、「かっこいい」(33.7%)など、ポジティブな回答が上位を占める
・女子高校生が着用したい制服のタイプは、「スカート」が約6割、「スラックス」が1割前後、「スカートとスラックスどちらも」が約3割で、2年前の調査より「スラックス」や「スカートとスラックスのどちらも着たい」と回答している女子生徒が増加

◆まとめ・見解


 近年、ジェンダーレス制服として、女子制服にパンツスタイル(スラックス)を導入する学校が増加しています。2019年に調査実施したカンコーホームルーム「女子高校生のスラックス制服に関する意識」(Vol.161)と比較しても、着用したい制服として「スラックス」や「スカートとスラックスのどちらも着たい」と回答している女子生徒が増えていることから学校制服も変化していると言えます。
 今回、全国の高校生の男女1,099人を対象に、女子高校生のスラックス制服に関する意識を調べたところ、女子制服で、スカートとスラックスを選べる学校の認知は、「知っていて、自分の学校も選べる」(40.5%)、「知っているが、自分の学校は選べない」(33.0%)をあわせると7割以上が存在を認識している状態でした。
 女子制服のパンツスタイル(スラックス)については、「自由でよい」(62.6%)、「動きやすそう」(42.0%)、「かっこいい」(33.7%)、「暖かそう」(19.6%)、「かわいい」(13.2%)というポジティブイメージが多い一方で、「違和感がある」(8.1%)、「女子高校生らしくない」(7.5%)、「かわいくない」(6.6%)といったマイナスイメージも少数ですが回答としてあげられました。
 女子高校生にスカートとスラックスのどちらを着用したいか尋ねたところ、「スカートを着用したい」(女子高校1年生59.4%、女子高校2年生57.8%、女子高校3年生58.7%)という回答は約6割で半数を超えていたことから、スカート派が依然多いことが伺えます。しかし、「スラックスを着用したい」という回答は1割前後、スカートとスラックスの「どちらも着用したい」という回答は約3割という状況で、スラックス制服の着用意向も顕在化しています。
 今までの学校制服は、女子は「スカート」、男子は「スラックス」というスタイルが一般的でしたが、スカートとスラックスのどちらも「選択制」で選べる学校も増えています。そして、「男らしく」「女らしく」という時代から、「自分らしく」の時代に変化し、その時代に応じた学校制服が求められています。

◆調査結果

1.女子制服のスカートとスラックスの選択制の認知度

●女子制服のスカートスラックス選択制、認知度は7割以上
全国の高校生の男女に、女子制服で、スカートとスラックスを選べる学校があることを知っているかを尋ねたところ「知っていて、自分の学校も選べる」(40.5%)、「知っているが、自分の学校は選べない」(33.0%)をあわせると7割以上が知っていると回答していました。

Q.あなたは、女子制服で、スカートとスラックスをどちらも着用の選べる学校があることを知っていますか。(単数回答)

 



2.女子制服のパンツスタイル(スラックス)のイメージ

●女子制服のパンツスタイルについては、ポジティブな回答が上位
女子制服のパンツスタイル(スラックス)については、全体では「自由でよい」(62.6%)という回答が最も多く、続いて、「動きやすそう」(42.0%)、「かっこいい」(33.7%)、「暖かそう」(19.6%)、「かわいい」(13.2%)というポジティブな回答が上位を占めました。一方で、「違和感がある」(8.1%)、「女子高校生らしくない」(7.5%)、「かわいくない」(6.6%)といったマイナスイメージも少数ですが回答としてあげられました。

●男女で結果に差も
また、男女別にみると、男子高校生に比べて女子高校生のほうが、女子制服のパンツスタイル(スラックス)に対して肯定的な回答が多いです。

Q. あなたは、女子制服のパンツスタイル(スラックス)について、どのように思いますか。(複数回答)

 

 

3.着用したい制服のタイプ

●約6割が「スカートを着用したい」と回答

女子高校生にスカートとスラックスのどちらを着用したいか尋ねたところ、「スカートを着用したい」(女子高校1年生59.4%、女子高校2年生57.8%、女子高校3年生58.7%)という回答は約6割で、学年による違いはほとんどない状態です。

●1割前後が「スラックス」、約3割が「どちらも着用したい」と回答
一方、「スラックスを着用したい」(女子高校1年生9.6%、女子高校2年生15.0%、女子高校3年生13.0%)、スカートとスラックスの「どちらも着たい」(女子高校1年生31.0%、女子高校2年生27.3%、女子高校3年生28.3%)という回答状況でした。

Q.あなたは、学校でスカートとスラックスどちらを着用したいですか。(複数回答)


◆調査概要

・調査対象:全国の高校生の男女  1,099人
・調査方法:インターネットリサーチ
・実施時期:2021年6月
※結果公開URL: https://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/homeroom/vol192
※本調査を引用・転載いただく際は、こちらからお申込みください
https://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/quotation

【菅公学生服株式会社】
1854年(安政元年)創業。学校制服・体操服に代表される「ものづくり」と子どもたちが未来を生きるために必要な力を育む「ひとづくり」を通じて、子どもたちと学校を取り巻くさまざまな社会課題を解決するスクールソリューションカンパニー。

【カンコーホームルーム】
菅公学生服株式会社が、生徒を取り巻く環境や生徒の意識・ライフスタイルについて多角的に調査・分析し、毎月最終火曜日に、結果を発信している調査レポート。

テーマは、「中高生が着たい制服・体操服」、「部活動で身につく力」、「学校教育とSDGs」など多岐にわたる。調査結果は、当社の事業エビデンスとしてだけでなく、広く一般に公開することで論文や教材、新聞・テレビ番組で引用転載されるなど、多方面でも活用されている。
発行日:毎月1回最終火曜日更新
公開方法:WEB https://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/homeroom
調査テーマの募集、ご意見・ご要望受付フォーム: https://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/demand

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります

メディアユーザーログイン既に登録済みの方はこちら
メディアユーザー新規登録無料

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。※内容はプレスリリースにより異なります。

すべての画像


種類
調査レポート
位置情報
岡山県北区本社・支社
関連リンク
https://kanko-gakuseifuku.co.jp/media/homeroom/vol192
ダウンロード
プレスリリース.pdf
プレスリリース素材

このプレスリリース内で使われている画像ファイルがダウンロードできます

会社概要

菅公学生服株式会社

10フォロワー

RSS
URL
https://kanko-gakuseifuku.co.jp/
業種
製造業
本社所在地
岡山県岡山市北区駅元町15-1 岡山リットシティビル5F
電話番号
086-898-2500
代表者名
尾﨑茂
上場
未上場
資本金
1億円
設立
1929年02月
トレンド情報をイチ早くお届けPR TIMESを友達に追加PR TIMESのご利用について資料をダウンロード