全国の地方創生の成功ノウハウを共有!『リノベーションまちづくりサミット2017』開催のお知らせ

地方都市の再生のヒントを11名の専門家と全国の実践者達がフラットに議論を交わす18のテーマのカンファレンスが同時多発開催!

株式会社リンベリングが主催する『リノベーションまちづくりサミット 2017』が4月14日(金)〜16日(日)の3日間、3331 Arts Chiyodaで開催されます。本イベントは、株式会社リノベリングが6年間30都市で地域のプレイヤーとともに実践して得た、縮退する地域を再生するための解決の糸口を11人の専門家と全国各地の公民の実践者達が市町村、県、国も民間も境界なく、皆で共有し議論する場です。
『リノベーションまちづくりサミット 2017』は、地域再生の最前線にいる全国各地のまちづくりの担い手が集結し、それぞれの立場で得た知見をより広く共有し議論する場です。全国各地で取り組んでいる地方創生の成功への糸口を実践者から学ぶために、4月14日(金)〜16日(日)の3日間、3331 Arts Chiyoda(東京都千代田区外神田6丁目11-14)にて開催されあす。

3日間の主なプログラムは、①まちづくりに関する18テーマのカンファレンス、②リノベーションまちづくりの次の展開を議論する「リノベーションまちづくりサミット・本会議」、③まちづくり事業への実際の資金を支援する「マネーの鳩胸」、④「ユニットマスターのリノベーションスクール」等のイベントで構成されます。

 


◆カンファレンス
リノベーションまちづくりの実践者たちの様々な地域での取り組みでわかってきたことを切り口として、18の幅広いテーマを選定。11名のプレゼンターがそれぞれのテーマに合った登壇者と議論するカンファレンス。参加者は、自らの興味や関心に合わせて選んで参加できる分科会形式のフェスを開催します。

 ◎ 主なテーマ
 家守会社、地域循環型ツーリズム、地域メディア、スモールエリアリノベーション、公民連携、公共インフラ、ファイナンス、エネルギー、公共不動産、交通政策、民間不動産オーナー、団地と郊外、再開発など。
 

 ◎  主な出演者

 清水義次(アフタヌーンソサエティ代表)、岡崎正信(オガールプラザ株式会社代表)、米良はるか(READYFOR株式会社代表)、相馬夕輝(D&DEPARTMENT PROJECT 代表取締役社長)、指出一正(月刊ソトコト編集長)、土屋誠(フリーマガジンBEEK編集長)西村浩(株式会社ワークヴィジョンズ代表)、大島芳彦(株式会社ブルースタジオ専務取締役)、馬場正尊(OpenA Ltd. 代表)、竹内昌義(みかんぐみ共同主宰)、佐々木昌二(国土交通政策研究所長)、吉里裕也(SPEAC,inc共同代表)、青木純(まめくらし代表)、宮崎晃吉(HAGISO代表取締役)、小島博仁(せんだいリノベーションまちづくり実行委員会委員長)、渡邉浩司(国土交通省 都市局 街路交通施設課長)、泉英明(有限会社ハートビートプラン代表取締役)長谷川浩己(オンサイト計画設計事務所 パートナー)ほか多数

 ▶︎ 2017年4⽉14⽇(金)〜16日(日) 11:00-20:00@メインギャラリーA,B,C
 各カンファレンスの詳細は、ウェブサイト(http://renovaring.com/summit2017)およびFacebook(https://www.facebook.com/renovaring)をご覧ください。

◆リノベーションまちづくりサミット・本会議
リノベーションまちづくりに関わっている行政と民間のプレイヤーがみんなあつまり、リノベーションまちづくりの次の展開を議論するイベント。自分のまちでの実践で新たに直面した課題とその解決策について、明日からの取り組みに生かすために議論する場です。

 ▶︎2017年4月15日(土)17:00-19:00 @ギャラリーA

◆マネーの鳩胸
 全国各地のチャレンジャーたちが持ち込んだリノベーション事業計画を各界で活躍する専門家、実践家たちが審査し、優秀な計画には応援金が授与されるイベントです。
 2016年度に初めて開催しチャレンジした4チームの内3チームのプロジェクトが事業化し継続しています。今年も全国各地のリノベーションまちづくり事業計画を持ち込むチャレンジャーたちを募集中。また、彼らの事業を応援したい方々は、応援金のクラウドファンディングに参加することもできます。

 ◎  司会
 岡崎正信(オガールプラザ株式会社代表) 
 ◎ 審査員
 明石卓巳(株式会社レイデックス代表)、寺脇加恵(グローブギャラバン代表)、米良はるか(READYFOR株式会社代表)、吉野友和(久遠チョコレートプロジェクト推進リーダー)、桑原宏治(株式会社333代表)、平松圭(小僧com株式会社取締役副社長)

 ▶︎マネーの鳩胸 1次審査:4月14日(金) 17:00~18:30@ギャラリーB
 ▶︎マネーの鳩胸 最終審査:4月16日(日) 14:30~17:00@ギャラリーA
 ▶︎マネーの獅子 報告会 :4月16日(日)13:00~14:00 @ギャラリーA

 

・募集要項、エントリーはこちらから(応募締め切り:3月26日(日))
 http://re-re-re-renovation.jp/schools/money_hatomune

・挑戦者を応援しよう!READYFORでのクラウドファンディングはこちらから
 https://readyfor.jp/projects/moneynohatomune

 

◆ユニットマスターのリノベーションスクール
 リノベーションまちづくりのエンジンであるリノベーションスクールで受講生達を率いるユニットマスター。まちづくりやリノベーションプロジェクトのプロフェッショナルであるユニットマスターたちが実際にコンセプトをつくり、事業を組み立てるプロセスを公開し人々に共感を生む瞬間を目の前でご覧頂けます!

▶︎ユニットワーク:2017年4月16日(日)11:00-16:30 | ギャラリーA
▶︎公開プレゼン:2017年4月16日(日)17:30-19:00 | ギャラリーC
 


◆パーティー
 パーティーは、全国のリノベーションまちづくりのキーマンと出会う絶好の機会。全国各地の食材を使った美味しい料理もお楽しみに!

▶︎2017年4月15日(土)|19:30-21:00|コミュニティスペース 


◆参加方法
peatix(http://renovasummit2017.peatix.com)にてチケットをお求めください。
【料金】
・1日券 一般 10,000円(税込)、学割 8,000円(税込)
・3日通し券 一般 27,000円(税込)、学割 20,000円(税込)
・パーティー 4,000円(税込)

◆イベント開催概要
  • 日時:2017年4月14日(金)〜16日(日)
  • 時間:11〜21時(日によって時間は変動します)
  • 会場:3331 Arts Chiyoda メインギャラリー、コミュニティスペース
  • アクセス:東京メトロ銀座線「末広町」駅4番出口より徒歩1分
  • 主催:株式会社リノベリング
  • 共催:READYFOR株式会社
  • 協賛:一般財団法人民間都市開発推進機構
  • 協力:日経アーキテクチュア
  • ウェブサイト: http://renovaring.com/summit2017
  • Facebook:https://www.facebook.com/renovaring/(随時更新)
    ※内容は多少変更する場合もございます。

※プレス資料および参考資料は、こちらにてダウンロードください。
・プレスリリース https://prtimes.jp/a/?f=d15038-20170316-9212.pdf

 

(参考)リノベーションまちづくりとは
地方都市の都市・地域経営課題を解決していくことを最大の目的とし、中心部の商店街エリアの再生にとどまるのではなく、都市行政全般に関わる総合的で戦略的な都市再生政策を実現するプロセスです。
2010年に北九州の小倉魚町ではじまり、商店街エリアの遊休不動産を活用するリノベーションスクールをエンジンとしながら、次々と狭いエリアにリノベーションプロジェクトを生み出していきました。直接的に生み出されたリノベーションプロジェクトは22件、作り出した雇用は新規創業・雇用合わせて445人、商店街の歩行者通行量は3割増加し、魚町サンロード商店街アーケードの撤去と民間不動産活用を契機にして国家戦略特区の指定を受けたストリートは賑わい取り戻しました。
この取り組みは全国30以上の都市・地域に広がり、リノベーションスクールの開催は80回以上、卒業生は2,500人に迫ります。(http://www.renovationschool.net
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社リノベリング >
  3. 全国の地方創生の成功ノウハウを共有!『リノベーションまちづくりサミット2017』開催のお知らせ