No.1介護メディア「みんなの介護」が新動画コンテンツ「木曜和田劇場」の配信をスタート!

注文をまちがえる料理店の代表理事を務める、介護福祉士の和田行男さんが現在の介護業界の課題や家庭の介護に起こる問題などについて行う”特別講義”の様子を動画とテキストでお届けする企画です。

「みんなの介護」(https://www.minnanokaigo.com/ 運営:株式会社クーリエ/所在地:東京都渋谷区)は、業界No.1の老人ホーム検索サイト(※楽天リサーチ調べ)。

各種ニュースコンテンツを配信する介護系メディアとしても、月間1,200万PVを誇る、介護メディアのトップランナーです。

介護業界が抱える課題や家庭での介護で起きる問題について介護福祉士の和田行男さんが動画で講義
 



『木曜和田劇場』は介護福祉士の和田行男氏が介護のあれこれについてざっくばらんに語り尽くす動画コンテンツです。

和田氏は現在、世界的に注目される『注文をまちがえる料理店』の代表理事を務めており、その取り組みの舞台裏で感じた介護職のあり方や、家庭での介護で起こる問題などについて直言します。

また、動画の内容はテキストでもわかりやすくアレンジされており、一度で二度楽しんでもらえます!



「木曜和田劇場」TOP
https://www.minnanokaigo.com/news/wada/

【第1回】介護職は関わりすぎるからダメなんです
https://www.minnanokaigo.com/news/wada/no1/
 

 

 


注文をまちがえる料理店に影響を受けて取り組みが始まった「世界一やさしい料理店」のミーティングが2018年7月29日に愛知県豊田市で行われました。

その特別ゲストとして招かれた和田行男氏は、注文をまちがえる料理店の舞台裏で感じた「介護職は全然見極めなく、過剰に認知症の方々に関わってしまう」現実を直言。

それを踏まえて語った、自身が考える本来の介護のあるべき姿にご注目ください!



和田行男氏プロフィール
高知県出身。1987年、国鉄の電車修理工から福祉の世界へ転身し、特別養護老人ホームなどを経験。

99年、東京都で初めてとなる「グループホームこもれび」の施設長に。現在は大起エンゼルヘルプでグループホーム・デイサービス・小規模多機能ホームなどを統括。著書にはベストセラーの『大逆転の痴呆ケア』を持ち、TVでは『プロフェッショナル仕事の流儀』(NHK)にも出演。

また、現在世界的に注目される『注文をまちがえる料理店』の代表理事を務める。

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社クーリエ >
  3. No.1介護メディア「みんなの介護」が新動画コンテンツ「木曜和田劇場」の配信をスタート!