KIIが汗乳酸センサを開発しているグレースイメージングに出資

独自開発のウェアラブルデバイスで「汗中の乳酸濃度」を測定し疲労を可視化

慶應イノベーション・イニシアティブは、慶應義塾大学発のベンチャー企業である株式会社グレースイメージングに対して出資をいたしました。グレースイメージングは今回の増資により総額約2億円の資金調達を実施し、汗乳酸センサの開発を加速させて参ります。
慶應イノベーション・イニシアティブ(本社:東京都港区、代表取締役社長 山岸広太郎、以下KII)は、弊社が運営するファンドより、慶應義塾大学発のベンチャー企業である株式会社グレースイメージング(本社:東京都新宿区、代表取締役 中島大輔、以下 グレースイメージング)に対して第三者割当増資による出資をいたしました。他の出資者からの調達も含め今回の第三者割当増資によるグレースイメージングの調達額は総額約2億円となります。

◆汗中の乳酸測定技術により心臓リハビリテーションの普及を促進
グレースイメージングでは、血液中ではなく汗中の乳酸濃度を測定、可視化できるウェアラブルデバイス「汗乳酸センサ」を開発しています。昨今、心不全患者の再入院率を低下させる方法として、心臓リハビリテーションが推奨されていますが、心臓リハビリテーションでは最適な運動負荷量を計測するために心肺運動負荷検査(CPX検査)を行う必要があります。しかし既存のCPX検査はコスト面やスペース等の制約から普及は限定的となっており、心臓リハビリテーションの普及も進んでいないのが現状です。同社のデバイスにより簡便かつ連続的に運動負荷量や有酸素運動から無酸素運動への変化を可視化することで、既存のCPX検査の課題を克服し、心臓リハビリテーションの普及に寄与することが期待されます。今回の調達により汗乳酸センサ及び周辺機器を含めたデバイスの医療機器承認取得に向けた開発を加速するとともに、将来的にはスポーツ分野や健康管理等への応用も目指し開発を進めていきます。


■会社概要
会社名 :株式会社グレースイメージング (Grace imaging, Inc.) 
所在地 :東京都新宿区信濃町35番地
代表者 :代表取締役 中島 大輔
設立  : 2018年7月2日
事業内容: 汗乳酸センサを用いた最先端疲労分析・評価サービスの開発・提供
U R L  : https://www.gr-img.com/

■慶應イノベーション・イニシアティブ(KII)について
KIIは、2015年12月、主に慶應義塾大学の研究成果を活用したスタートアップを支援するため創設されました。また、2020年1月からは、慶應義塾大学に限らずシード・アーリーステージからのリード投資を中心に、デジタルテクノロジーによる社会の革新や、医療・健康などの課題解決に取り組む技術系スタートアップに投資対象を広げ投資活動を推進しています。
スタートアップへの投資育成を通じて日本が誇る大学等の研究機関の技術や知的財産といった優れた研究成果の社会実装を推進し社会貢献の一翼を担うと同時に、ベンチャーキャピタルファンドとして高い収益性を確保し持続的なイノベーションエコシステムの構築に取り組んで参ります。

■KIIの概要
商号  :株式会社慶應イノベーション・イニシアティブ(Keio Innovation Initiative, Inc.)
事業内容:大学発技術系ベンチャー企業の育成・ベンチャーキャピタルファンドの運営
資本金等:1億円(資本準備金5000万円を含む)
代表者 :代表取締役社長 山岸広太郎
URL  :https://www.keio-innovation.co.jp
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 慶應イノベーション・イニシアティブ(KII) >
  3. KIIが汗乳酸センサを開発しているグレースイメージングに出資