早稲田大学日本語教育研究科の宮崎 里司教授が、日本語教育プラットフォームを提供するボンド株式会社の顧問に就任

日本語教育プラットフォームを開発運営するボンド株式会社(代表取締役社長:住吉良介、本社:東京都新宿区)は、2021年1月より早稲田大学日本語教育研究科の教授を務める宮崎里司氏が顧問及び日本語教育アドバイザーに就任しましたことをお知らせいたします。
これまでの豊富な経験と知見を活かしボンドの顧問に就任し、ベトナム現地における事業支援や当社ハノイ日本語センターへのアドバイス、同社が運営するOEM型オンライン日本語教育の「BondLingo」カリキュラムの支援を共に行って参ります。


【宮崎氏コメント】
ベトナムをはじめとする東南アジアは、国際交流基金「2018年度海外日本語教育機関調査」でも 示されているように、学習者の急増に伴う、さまざまな教育インフラの整備が求められています。
その整備の中で優先度が高い項目として、養成および研修を含む、日本語教師の育成に加え、 教師や学習者双方の、ICTリテラシーの向上、それに、各国の外国語教育政策の整備が挙げられます。
これらは、それぞれの国で、課題解決を目指す方策が立てられるのが理想ですが、まずは 、日本からのスピード感を持った支援による解決が、望まれるところです。

ボンド社は、現地での日本語教育のプラットフォームを構築するベンチャー企業として期待しており、日越大の日本語教育の総括を務める立場からアドバイスをしていきたいと考えています。

【宮崎 里司 プロフィール】
  • 早稲田大学国際学術院日本語教育研究科教授
  • モナシュ大学(オーストラリア)(Ph.D)
  • 法務省矯正局「外国人受刑者に対する日本語指導アドバイザー」
  • 文科省「中学校夜間学級の充実・改善等への取組事業推進」委員
  • 大学観光プランコンテスト
  • 運営協議会実行委員会委員長を歴任。
  • プリンストン大学、オックスフォード大学、東京大学国際高等研究所、京都大学、天津外国語大学大学院のリサーチフェローを経て、現在、ベトナム国家大学日越大学日本語教育プログラムディレクター(ベトナム・ハノイ)

■ボンド社の今後の展望
ボンド株式会社は、世界と日本を繋ぐをミッションに事業を進めており様々なコンテンツを発信してまいりました。特にアジアにおいては、とても高いプレゼンスを誇っており、毎日日本への留学希望者や、日本でのVISAの取得方法、日本語学校等のお問い合わせ等のご質問を毎日頂いております。

<関連URL>
https://bond-co.jp/business

少子化、高齢化、人材不足が日本の課題となっている中、日本語教育推進法や新たな在留資格「特定技能」の法案可決を受けてますます日本語のニーズも高まってきており、教育の側面から貢献していくことを目指して参ります。

今後は、オンライン上だけのコミュニケーションだけではなく、OMO事業(Online Merges with Offline)の一環として、オフライン(オンサイト)での教育、日本だけではなく、現地ベトナムやアジア等での現地の拠点開設、業界全体のDX支援を拡充し、No1の地位を確立して参ります。

■ボンド株式会社 会社概要
会社名 : ボンド株式会社
URL : https://bond-co.jp/
本社 : 東京都新宿区
代表取締役: 住吉 良介
設立 : 2016年12月
Mail : info@bond-co.jp
TEL : 03-4361-0345
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ボンド株式会社 >
  3. 早稲田大学日本語教育研究科の宮崎 里司教授が、日本語教育プラットフォームを提供するボンド株式会社の顧問に就任