大阪ガスがAI/IoTによる工事現場自動検出システムの試験運用を開始

EDGEPLANTとintdashの導入によるエッジ・クラウドのハイブリッド環境を実現

株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元 淳一、以下アプトポッド)は、エッジコンピュータシステム「EDGEPLANT T1」と高速IoTプラットフォーム「intdash」の導入により、AI工事現場自動認識システムを構築しました。大阪ガス株式会社(社長:藤原 正隆、以下「大阪ガス」)は、大阪シティバス株式会社(大阪シティバス)の路線バスを用いて、当AI工事現場自動認識システムを活用したガス管パトロール業務の試験運用を開始します。

 

 

プロジェクトの背景
道路工事者が道路を掘削する際に大阪ガスに連絡なく工事が行われ、埋設されているガス管が破損されるケースがあります。そのため、大阪ガスでは中圧ガス管が埋設されている道路においては、毎日パトロール車が所定のルートを1日かけて工事箇所のチェックを実施していますが、巡回時間外の工事を見つけられないなどの課題があります。
こうしたパトロール巡回の課題を解決するために、一部の巡回対象ルートを終日繰り返し走行する大阪シティバスの路線バスを活用したAIによる自動工事現場検知システムを構築しました。

プロジェクトの概要
本システムではintdashのクラウド環境を用いて工事現場検出用のAIモデルと判定ロジックを大阪ガスが独自に開発。路線バスに搭載するカメラとAIモデルを稼働する車載エッジコンピュータ「EDGEPLANT T1」により、走行中の道路撮像画像から工事現場要素を検出します。検出された工事現場要素は画像と位置情報と共にintdashクラウドにモバイル回線を通じてリアルタイム伝送されます。これにより、クラウドの工事現場判定ロジックと組みあわせることで、リアルタイムに工事現場マップの生成を行うことでき、広域での工事箇所のリアルタイム自動監視を実現します。

【システム概要図】


本システム運用への期待
大阪ガスが従来実施していた巡回パトロールではパトロール車輌の台数や走行範囲に限りがあったため、巡回時間外に工事が行われていた場合は発見が困難でした。本システムを対象経路で運行する複数の路線バスに搭載することにより、運行ダイヤに準じて対象路線を終日繰り返し確認することができ、広域なパトロールをリアルタイムに行うことが可能となります。

本システム導入前のパトロール業務



本システム導入後の運用イメージ



今後の展望
大阪ガスでは、今後2021年5月から実施する試験運用の結果を受けて、本年の秋以降、本格運用を開始する予定です。また、大阪ガスの供給エリア内での運用拡大を目指し、他の路線バス運営会社とも交渉を行うことで対象エリアを拡大していく予定です。アプトポッドでは本プロジェクトの安定稼働と拡張に引き続き寄与してまいります。


本製品等に関するお問い合わせ
株式会社アプトポッド 東京都新宿区四谷4-3 四谷トーセイビル3F
https://www.aptpod.co.jp/contact/

Copyright(C) 2021 aptpod,Inc.※「intdash(イントダッシュ)」および「Visual M2M (ビジュアルエムツーエム)」はアプトポッドの登録商標です。※記載されている会社名、製品名などは該当する各社の商標または登録商標です。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. aptpod >
  3. 大阪ガスがAI/IoTによる工事現場自動検出システムの試験運用を開始