不動産データプラットフォームサービス「estie pro」推定契約面積機能の提供開始

不動産データプラットフォームを提供する株式会社estie(読み方:エスティ、本社:東京都文京区、代表取締役:平井瑛)は、estie proが提供する不動産データベースにおいて、入居している推定契約面積をもとにオフィスビルの入居企業(以下、テナント企業)を検索することが可能となりました。 
 

【推定契約面積機能の内容】 

estie proの「テナント機能」において、テナント企業の推定契約面積データの提供を開始いたします。これにより、売上成長率や入居ビル情報に加えて、利用している推定契約面積によるテナント企業の検索が可能となりました。 

本機能は、estieが保有するオフィスビル情報とestieで収集した入居テナント情報、ゼンリン社が保有する入居テナント情報を掛け合わせることにより推定した、estie独自のデータに基づくサービスとなります。  

利用方法として「港区で500坪以上のフロアを借りているテナント企業」といった切り口でのリストアップが可能となり、より一層オフィスリーシング業務に必要不可欠な営業アタックリスト作成や集約移転提案など、業務の高度化、効率化を実現します。 
 



新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により働き方の変化が激しい昨今において、オフィスの貸手にも営業手法の変化が求められております。高まる不動産企業の営業効率化や情報収集高速化のニーズに基づき、estie proでは今後も高度な営業戦略立案を実現するデータ分析基盤を提供いたします。 


【estie proとは】 
「estie pro」は50以上の不動産デベロッパー、管理会社、仲介会社等から構築されたデータパイプラインの独自情報を日々集約し、オフィス賃貸業に必要なあらゆる情報を提供する日本最大級のデータプラットフォームサービスです。全国7万棟/40万フロアの建物情報、500万坪の募集情報、24万件の賃料情報、都心20万件の入居企業情報等からなる網羅的なデータおよび、当社が独自開発したAIアルゴリズムによる推定成約賃料「e-賃料」を搭載し、東急、森ビル、日鉄興和不動産をはじめとする様々な不動産事業者のデータを活用した意思決定をサポートしております。 

【会社概要】 
社名:株式会社estie(エスティ) 
所在地:東京都文京区本郷7-3-1東京大学アントレプレナーラボ(南研究棟) 
代表者:平井 瑛 
設立:2018年12月 
会社URL:https://www.estie.jp/corp/ 
事業: 
オフィス賃貸業向けデータプラットフォーム「estie pro」https://leasing.estiepro.jp/
賃貸オフィスマッチングサービス「estie」https://www.estie.jp/
不動産領域におけるAI・機械学習アルゴリズム、新規事業の開発
採用情報:https://speakerdeck.com/estie/estie-company-profile

【サービスについてのお問合せ先】 
株式会社estie(田中) 
Email:info@estie.co.jp 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社estie >
  3. 不動産データプラットフォームサービス「estie pro」推定契約面積機能の提供開始