多文化共生シンポジウム「広島県の医療通訳の拡充に向けて」安芸高田市の医療現場から

2月12日(水)14時~16時半 安芸高田市民文化センター大ホール(安芸高田市吉田町761)で開催

 訪日外国人の多い広島で、医療における通訳の拡充は大きな課題となっています。県内在住もしくは、通勤・通学する日本人・外国人の方々、自治体・国際交流団体・医療・保健機関関係者など幅広い皆様を対象に、安芸高田市の現場から考えるシンポジウムを開催します。入場無料。事前申し込みは不要ですのでお気軽にお越しください。
【スケジュール】司会:上水流久彦(県立広島大学) 
(1)基調講演 「医療通訳への期待と課題−医療サービス・言語・コスト」
広島大学大学院総合科学研究科准教授 河本尚枝氏
(2)現状紹介
吉田総合病院地域医療連携室主任 中村圭子氏
ひろしま国際センター交流部長  熊本良平氏
(3)パネルディスカッション「医療通訳の充実を目指して」
広島大学大学院総合科学研究科准教授 河本尚枝氏
吉田総合病院地域医療連携室主任 中村圭子氏
NPO法人多文化共生センターきょうと  重野亜久里  氏
広島県健康福祉局医務課長 西丸幸治氏
ひろしま国際センター交流部長 熊本良平氏

【主催・共催・後援】
主催 県立広島大学庄原地域連携センター
共催 安芸高田市
後援 広島県NPO法人安芸高田市国際交流協会、公益財団法人ひろしま国際センター ひろしま多文化共生研究会
【問い合わせ先】
県立広島大学庄原キャンパス総務課地域連携担当
電話番号 0824-74-1000 
e-mail  gakujutu@pu-hiroshima.ac.jp(同大庄原地域連携センター)
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 広島県公立大学法人 >
  3. 多文化共生シンポジウム「広島県の医療通訳の拡充に向けて」安芸高田市の医療現場から