熊川哲也ArtNovelシリーズ第3弾、Kバレエからのクリスマスの贈り物『くるみ割り人形 The Nutcracker』が書籍化!

Kバレエカンパニー『くるみ割り人形』公演にあわせ11月22日より発売開始!

2021年12月1日〜5日、10日に、東京、大阪で上演される熊川哲也Kバレエカンパニー『くるみ割り人形』に合わせて、出版社303 BOOKSはArtNovel『くるみ割り人形 The Nutcracker』を、11月22日より書店、Kバレエカンパニー公式オンラインショップ「Stage Door」等にて発売いたします。

 

 
  • 『くるみ割り人形 The Nutcracker』圧倒的なクリスマスファンタジーが書籍として再現


2005年に初演された、Kバレエカンパニー版『くるみ割り人形』。本書は、熊川哲也がつくりだした、夢のように美しく幻想的な世界を小説で再現。クリスマスツリーを囲む温かなパーティーのようす、人形の国での心躍る冒険……。これらすべてを美しい絵と文章で惜しみなく描いています。『くるみ割り人形』の舞台を観ることに加え、本書を読むことで、その魅力をより感じることができるようになります。

 

 

  • バレエダンサーを志す子どもたちが『くるみ割り人形』の世界を学ぶのに最適な一冊

 

バレエは、ダンサーのテクニックと感情がうまく溶け合ってはじめて、見る人の心を打つ美しい表現となります。感情を表現するためには、演じるキャラクターの心の動きや作品に描かれた世界について、想像力を働かせることが大切です。そして、音符の一つひとつが、まるで台詞であるかのように、登場人物たちの心情を思い描きながら、作品を表現していくのです。本書は、『くるみ割り人形』の世界を学ぶために最適の一冊となります。子どもたちが児童文学として楽しんで読めるように物語を描き、難しい漢字には読みがなをつけました。バレエダンサーを志す全ての子どもに読んでほしいという熊川哲也の願いが込められています。

 

 

  • 熊川哲也が語る「くるみ割り人形」

 

『くるみ割り人形』は、世界中で愛される、年末の風物詩的な作品です。毎年、クリスマスシーズンをむかえるころになると、世界中のおもだったバレエカンパニーが『くるみり人形』の準備に入ります。このように、毎年決まってされる作品は、バレエでは他に見当たりません。それだけ、この作品が多くの人に愛されているという証だと言えます。

この作品のためにチャイコフスキーが書き上げた楽曲は、現在も多くの音楽家から、彼の長編作品のなかでも最高傑作と評されています。また、世に知られた名曲が登場することも、この作品が人気を集める理由のひとつかもしれません。少女の人形の国への冒険と成長を描いていた本作は、華やかなセットや個性豊かな人形たちのおどりに彩られ、とても祝祭感に満ちています。1年の締めくくりにご覧いただくのに、とても適した作品ではないでしょうか。

 

  • 熊川哲也特別インタビューを収録!

 

巻末には、特別企画として、熊川哲也のインタビューを収録しています。2005年、どうやってこの物語を『熊川版 くるみ割り人形』として描きなおしていったのか、少女の成長と冒険を描いた理由、演出や舞台セットの意図、ラストシーンの意味についてたっぷり語っています。

 

©中森真©中森真

 

  • クリスマスプレゼントとして最適

 

バレエダンサーを志す子どもにも、クリスマスを楽しみに待つ多くの子どもたちにも、『くるみ割り人形 The Nutcracker』はクリスマスプレゼントとして最適です。子どもの想像力を育み、勇気や信念をもつことの大切さを、物語の中から感じることができます。また、既刊の『海賊 Le Corsaire』『白鳥の湖 Swan Lake』とあわせて読んでいただくことで、Kバレエカンパニーの作品世界をより深く知ることができます。

左から熊川哲也ArtNovelシリーズ三部作
『くるみ割り人形 The Nutcracker』『白鳥の湖 Swan Lake』『海賊 Le Corsaire』
 

  • 2021年12月1日〜5日、10日、Kバレエカンパニー公演『くるみ割り人形』

 

芸術監督:熊川哲也

演出・振付:熊川哲也
原振付:レフ・イワーノフ
オリジナル台本:マリウス・プティパ
音楽:ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
衣裳デザイン:ヨランダ・ソナベンド
舞台美術デザイン:レズリー・トラヴァース
照明デザイン:足立 恒
指揮:井田勝大
管弦楽:シアター オーケストラ トーキョー
会場

[東京]Bunkamuraオーチャードホール
[大阪]フェスティバルホール

日時:
[東京]2021年12月1日(水)~12月5日(日)/ チケット: S席=13,000円 A席=10,000円 B席=8,000円 C席=6,000円 A親子席=13,000円 学生券=3,500円(席位置未定)

[大阪]2021年12月10日(金)/ チケット: BOX席=18,000円 S席=13,000円 A席=10,000円 B席=8,000円 C席=6,000円 バルコニーBOX席(2席セット)=26,000円

主催:
[東京]Bunkamuraオーチャードホール
[大阪]フェスティバルホール
特別協賛:大和ハウス工業株式会社
協賛:SL Creations
オフィシャルエアライン:ANA
協力:Bunkamura
制作:K-BALLET/TBS


公演、チケットについての詳細は、Kバレエカンパニー オフィシャルサイトをご確認ください。
https://www.k-ballet.co.jp/contents/2021nutcracker
 

【芸術監修者プロフィール】
熊川哲也(くまかわてつや)
北海道生まれ。10歳よりバレエを始める。1989年、ローザンヌ国際バレエ・コンクールで日本人初のゴールド・メダルを受賞。英国ロイヤルバレエで、プリンシパルダンサーとしての活動後、1999年、K-BALLET COMPANY設立。2006年、Kバレエ カンパニーとして『ドン・キホーテ』『くるみ割り人形』の舞台成果に対し、第5回朝日舞台芸術賞を受賞。2018年、『クレオパトラ』の制作・演出に至る長年の功績に対し、第59回毎日芸術賞特別賞を受賞。2013年、紫綬褒章受章。


【執筆者プロフィール】
藤田千賀(ふじたちか)
2012年よりシナリオライターとしてゲーム分野で活動、『モンスターストライク』(ミクシィ)等、複数のタイトルに携わる。2016年より『レジェンド オブ モンスターズ』(マイネットゲームス)のキャラクター設定、シナリオ制作を担当。児童向け・学術系の書籍に寄稿、執筆も。ArtNovelシリーズ第2弾、『白鳥の湖 Swan Lake』の執筆も担当。


【画家プロフィール】
粟津泰成(あわづやすなり)
兵庫県生まれ。2004年大阪芸術大学卒業、2009年セツモードセミナー卒業。人物の何気ない表情や仕草からインスピレーションを受け、その感覚を大事にした躍動感溢れ、生命力を感じるドローイングスタイルは観る人の想像力をかきたてる。


『くるみ割り人形 The Nutcracker』WEBサイト
https://303books.jp/nutcracker
 

【くるみ割り人形 The Nutcracker】
芸術監修:熊川哲也
:藤田千賀
:粟津泰成
デザイン:細山田光宜、藤井保奈(細山田デザイン事務所)
印刷:共同印刷
発行元:303 BOOKS
定価:2,200円(税込)
サイズ: 21.6 × 1.3 × 15.3cm
ページ数:88ページ
ISBN コード:978-4-909926-10-4
発売:2021年11月22日 ※店舗によっては23日以降の取り扱いとなる場合もございます
商品WEBサイトhttps://303books.jp/nutcracker
公演WEBサイトhttps://www.k-ballet.co.jp/contents/2021nutcracker

会社概要
出版社:303 BOOKS(株式会社オフィス303)
代表者:代表取締役社長 常松心平
所在地:〒162-0842 東京都新宿区市谷砂土原町二丁目7番地19
URLhttps://303books.jp/

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 303 BOOKS(株式会社 オフィス303) >
  3. 熊川哲也ArtNovelシリーズ第3弾、Kバレエからのクリスマスの贈り物『くるみ割り人形 The Nutcracker』が書籍化!