全国FC出店数1000アカウント突破!ブランド導入し放題プランが超好評!

株式会社バーチャルレストランが展開する40以上の業態を導入し放題

株式会社バーチャルレストラン(本社:東京都中央区、代表取締役社長:牧本天増)のフランチャイズ出店数が1000アカウントを超えました。2021年8月より始まった「バーチャルレストランに一度FC加盟をすれば、全ての業態を導入し放題」というプランが好評で、今後は新しい業態開発にもさらに力を入れていく所存です。
  • 伸び続けるデリバリー市場と加盟店舗数

 

日本能率協会総合研究所によると、2019年度に1700億円だったフードデリバリー市場の規模が、2022年度に3300億円、2025年度には4100億円まで拡大すると予測されています。コロナ禍でさらに新規利用者は拡大し、その後も利用者が定着して市場拡大が続くと見られています。

コロナウイルスの拡大により初めてフードデリバリーを利用する方も多かったと見られていますが、たとえコロナウイルスが収束してもその勢いは止まることなく、他国の水準に追いついていくと言われています。

 

弊社が展開するバーチャルレストランブランドのフランチャイズ加盟店の出店数は、2021年8月頃に800アカウントを超え、11月に1000アカウントを超えました。

緊急事態宣言解除により外食人口が戻るかと懸念していましたが、実際は6割程度に留まる店舗が多く、未だにデリバリー需要は高く、加盟店舗数も増加し続けています。
 
  • 2021年夏から開始した「一度の加盟で全業態導入し放題プラン」が話題に
株式会社バーチャルレストランは2021年8月より、「バーチャルレストランに一度FC加盟をすれば、全ての業態を導入し放題」というプランを開始し、さらに勢いを増して加盟店舗数を増やして参りました。

業態数もこの3ヶ月で新たに13ブランド増え、加盟店様より大変ご好評をいただいております。

今後も有名ブランドとのコラボ業態や、トレンドを抑えた新ブランドのリリースを続々と予定しておりますので、そちらもご期待ください。
 
  • 株式会社バーチャルレストランとは
ITを通して飲食業界の可能性を広げ、「飲食業界の当たり前を進化させる」をテーマに活動しているスタートアップ企業です。

2020年6月にゴーストレストランに特化した弊社オリジナルブランドのフランチャイズ事業を開始し、都内を中心に半年で出店数300アカウントを突破。2020年12月から関西地方にも加盟店を広げ、飲食店のみならずカラオケ店や漫画喫茶など、各種アミューズメント施設にもゴーストレストランを拡大し、現在出店数は1000アカウントに上ります。

2021年2月に新規事業としてフードデリバリーに特化した総合情報メディア「ゴーストレストランの教科書」をリリースし、全国のゴーストレストラン・バーチャルレストランやクラウドキッチンと事業者様を繋げることでさらなるフードデリバリーの拡大に貢献していく所存です。

▶︎公式HP:https://virtual-restaurant.co.jp/
▶︎ゴーストレストランの教科書:https://www.ghostrestaurant-textbook.com/

会社名:株式会社バーチャルレストラン
設立日:2020年6月
代表者:代表取締役 牧本 天増
本社:〒104-0033 東京都中央区新川1丁目9−2 新一ビル 3F
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. バーチャルレストラン >
  3. 全国FC出店数1000アカウント突破!ブランド導入し放題プランが超好評!