ソーラーカメラの開始が、遠隔地や一時的な用途に理想的なセキュリティソリューションになる理由

一時的な用地や遠隔地における資産のセキュリティ保護は、電源や有線ケーブルが欠けているために常に大きな課題であり続けています。こうした場所については、ソーラーカメラが単純かつ実用的でコスト効率に優れた信頼できるソリューションになります。


農場や自然のリゾート地、資源のパイプラインといった孤立した場所、工事現場や年次の文化的催しなどの一時的な用地では、本来的に電力やインフラが不足しているうえ、常に光や天候の変化にさらされています。こうした屋外の環境では送電網を使用するエネルギー源を容易に利用できないため、従来のセキュリティシステムを導入することは完全に非現実的です。

また、工事や道路整備の現場のほか、野外音楽祭、スポーツ、見本市、お祭りなどのイベントに使用する一時的な用地には、多くの場合にセキュリティ保護が必要になるものの、こうした活動が終了した後は、セキュリティシステムにかかる費用を負担し続ける意味がありません。

こうした遠隔地や一時的な用地で確かなセキュリティを確保するという課題に対処するために、ハイクビジョンでは今月から新しい独立型のソリューションであるソーラーカメラを提供しています。独立した運用に必要なすべてのものがすべて用意されているこのシステムは、辺鄙な場所のさまざまな設備に最適です。電源やイーサネットケーブルがほぼ利用できない場所でも安定したパフォーマンスを発揮するうえ、優れた信頼性と可動性は地理的に厳しい環境や一時的な設置に最適で、必要に応じて次の現場に移動することができます。
 
  •  容易な設置

ハイクビジョンのコンパクトにまとめられた軽量のソーラーカメラは、簡単に設置することができます。ポールに取り付けられるユニットは25.4kgで、配線やケーブルの敷設は必要ありません。すばやく簡単にコスト効率良く設置できるため、セキュリティの確保が望まれるリモートや一時的な場所での障壁が大きく引き下げられます。さらに、プロジェクトが完了した後は、新しい場所へ簡単に移動して再設置できます。

 

 
  • 信頼できる独立型のソリューション

ソーラーカメラでは、80ワットの太陽光発電パネルと高耐久性の充電式リチウム電池が使用されています。太陽のエネルギーを得るため、固定電力は必要ありません。このキットは現場での確実性を確保することを目的に設計されており、電力レベルが監視され、電池残量が少ないときには自動的に節電モードに切り替わります。完全に充電された状態で、曇りや雨の日に最大で7日間継続して動作します。4Gカメラには64GBのeMMC(組み込み用のマルチメディアカード)が採用され、SDカードによる中断があっても映像の録画が継続されます。
 
  • あらゆる天候下での24時間365日の安全確保

ソーラーカメラは日光に対して機能するだけでなく、明るい暗視システムも備えています。最大8MP画素のカラー撮像が可能なハイクビジョンのColorVu技術により、非常に暗い環境でもクリアな映像が提供されます。また、防水/防塵性のため、遠隔地で発生することの多い気温の低下や強風、豪雨といった極めて厳しい気象条件にも耐えることができます。
 

 
  • ディープラーニングによるスマートな映像システム

カメラモデルにはPIR(受動型赤外線)センサー、動き検出、AIによる周辺保護といったインテリジェントな機能が搭載されており、セキュリティインシデントが検出されます。このカメラを設定すると、インシデント発生時の通知が自動的にユーザーの携帯電話に送信されます。選択したカメラのAcuSense技術によって、動物や落ち葉、大雨と人間が区別され、誤検出が最小化されます。そのため、セキュリティチームには実際のインシデントだけが通知されます。
 
  • サステナビリティの文化

今日の企業にとってサステナビリティは重要な課題であり、ますます環境に配慮してエコシステムに悪影響を及ぼさない取り組みが進んでいます。ハイクビジョンの太陽光発電セキュリティカメラは、使い捨ての電池を使用するシステムよりも汚染を発生させる可能性が少なく、インフラが不要なために自然環境や野生生物にもほぼ影響を与えません。
 
  • より自信を持ってより安全に

ハイクビジョンでは、遠隔地や一時的な用地のセキュリティに関する問題に対処する高度なカメラなどの未来を形成する技術を、さまざまな分野の専門家の方々に自信を持ってご利用いただけるように取り組んでいます。太陽光発電カメラの詳細については、当社のウェブサイト:https://www.hikvision.com/jp/products/IP-Products/Network-Cameras/solar-powered-security-camera-setup/ をご覧ください。




--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
■​HIKVISION JAPAN株式会社について■
2019年に設立されたHIKVISION JAPAN株式会社(ハイクビジョンジャパン株式会社)は監視カメラ事業、アクセス制御、顔認証製品等の事業分野を柱とし、日本市場のお客様のニーズに応える幅広い製品やサービスを提供しております。今後は、EZVIZ、Hik Robot、Automotive Electronics、Intelligent StorageとHimicroをハイクビジョングループとして、「課題の解決を軸に、あらゆるソリューションを提供する」ことを企業理念とし、この使命を実現するために、「人々の安全性を高める」という価値を守ります。そしてこれらを礎に、グループ一体となり、日本顧客の未来創造に貢献していきたいと考えております。

お問い合わせ先
HIKVISION JAPAN株式会社
住所:東京都港区港南3-8-1 住友不動産品川港南ビル 4F
URL:https://www.hikvision.com/jp/
Tel: 03-6718-4916
Fax:03-6718-4919
Eメール:Xiaochen.Zhou@hikvision.com
  1. プレスリリース >
  2. HIKVISION JAPAN株式会社 >
  3. ソーラーカメラの開始が、遠隔地や一時的な用途に理想的なセキュリティソリューションになる理由