フランス領の美食の島としてニューカレドニアを訴求!

グルメ情報満載のパンフレットを作成

ニューカレドニア観光局は、食べ歩きやグルメの旅を目的とした旅行者が増えている中、ニューカレドニアがフランス領ならではの美食の島であることの認知度を上げ、またグルメに関心の高い消費者にニューカレドニアへの興味を喚起することを目的として、「“美食の島” ニューカレドニア」のパンフレットを作成し、プロモーションを展開することを発表いたします。

 

南太平洋に浮かぶ島、ニューカレドニアは、その豊かな自然や温暖な気候から生まれた山の幸や海の幸、フランス領ならではのフランスの食文化の影響を強く受けた本格フレンチや街角のブーランジェリー(パン屋)、またチーズやワインなど、魅力的なグルメの宝庫です。また、その美味しさと品質が認められて高級レストランなどで取り扱われ、日本でも広く知られている「天使の海老」といった特産品もあります。

各地によってそれぞれ特徴となる素材や料理があり、フランス文化の影響を強く受けていて、「プチフランス」とも呼ばれる首都ヌメアには、家庭的なお料理が楽しめるビストロからクラシック・フレンチの醍醐味を堪能できる高級レストランまで、屈指のレストランが揃っています。また、本格仕込みのブーランジェリーやフランスから直送されたワインやチーズ、新鮮な食材が揃うマルシェ(市場)もあり、ヌメアはまさにグルメを楽しむ最大のスポットです。

ほかにも、本島のグランドテール島には、郷土料理のブーニャや、マングローブクラブ(蟹)、海の宝石箱とも言われる離島のイル・デ・パンには、島内でしか食べられないエスカルゴ、美しい島々が集まるロイヤリティ諸島には、ロブスターや魚など、それぞれの土地を代表するグルメがあります。
 

 

パンフレット「“美食の島” ニューカレドニア」では、これまであまり知られていなかった島の美食に関する多くの魅力を、「天使の海老」を使ったレシピと合わせて紹介しており、ニューカレドニア観光局は、食への関心の高い日本人に対してニューカレドニアを渡航すべき新たなグルメスポットとしてアピールすることで、渡航者数の増加を目指します。







 


「“美食の島 ニューカレドニア”」パンフレットの展開について
パンフレットは、ニューカレドニア産「天使の海老」を輸入している貿易会社、株式会社ゴダックが展開している都内のレストラン7店で配布するほか、9月22日(木)~25日(日)に東京ビックサイトで開催される世界最大級の旅の祭典「ツーリズムEXPOジャパン」などでも配布予定です。また、ニューカレドニア観光局の各種プロモーションで活用していきます。


東京・銀座 「Kazan」   http://www.kazan-ginza.com

ヘルシーメニューにこだわり、100%魚貝と野菜だけに素材を絞り、肉を一切使わないレストラン

東京・銀座/日本橋「鰤門」 http://www.seamon.jp
日本が誇る、魚貝の真の味覚を追及したレストラン

東京・銀座 「MASQ」   http://www.masq.jp 
至福のステーキとカクテル、ワインの融合を叶えたレストラン 

東京・銀座「GOSS」 http://www.goss-ginza.com
高級なシャンパンとワインを飲みながら、贅沢な高級食材のメニューを味わうという新しいスタンディングスタイルバー

東京・青山 「CILQ」 http://cilq.jp 
日本人のためのフレンチを追求する新しいフレンチレストラン

東京・日比谷 「Shrimp Garden」 http://shrimpgarden.jp
海外各地から直輸入したシュリンプやロブスターなどを提供するレストラン


■ニューカレドニアについて
 

南太平洋に位置するフランス領のニューカレドニアは、豊かな自然と洗練されたフランス文化が交差する、多様な魅力を持つディスティネーションです。日本からは直行便で8時間半、時差が2時間と体への負担も少なく、年間を通して温暖で心地よい気候のため、日本から旅行しやすいのが特長です。世界遺産に指定されている6つのラグーン(サンゴ礁)と美しい離島に囲まれ、様々なマリンアクティビティを楽しむことができます。また、北部には手つかずのダイナミックな自然も多く残り、多様な固有種や絶滅危惧種の生き物たちと出会うことができます。日本から最も近いフランス領であるニューカレドニアでは、メラネシアの風土とフランスカルチャーが融合した異国情緒豊かな文化を楽しむことができます。

■ ニューカレドニア観光局公式ホームページ:http://www.newcaledonia.jp
■ ニューカレドニア観光局公式Facebookページ: https://www.facebook.com/NCTPSJAPAN
■ ニューカレドニア観光局コンセプトサイト: https://www.nc-revalue.jp
■ ニューカレドニア観光局ツアーキャンペーンサイト:http://www.go-newcaledonia.jp/
■ ニューカレドニア観光局公式YouTube: https://www.youtube.com/channel/UCrFfHDFfnBRpk31p6yvHl6A
■ ニューカレドニア観光局公式インスタグラム: https://instagram.com/newcaledoniatourismjapan

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ニューカレドニア観光局 >
  3. フランス領の美食の島としてニューカレドニアを訴求!