ウィンワークス株式会社、三重とこわか国体・三重とこわか大会のオフィシャルサプライヤーとして運営ボランティアの会場配置計画を作成

~勤務計画最適化を計算するWINWORKS Oneを用いて大会運営ボランティアの会場配置計画作成を全面的にバックアップ~

効率的な勤務計画の作成を通じて企業の経営効率向上を支援するウィンワークス株式会社(東京都千代田区、代表取締役:森庸輔、以下ウィンワークス)は、三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会とオフィシャルサプライヤー契約を締結したことを発表します。ウィンワークスは勤務最適化のクラウドサービスであるWINWORKS Oneを用いて約3,700名の大会運営ボランティアの最適配置計算を実行することで、三重とこわか国体・三重とこわか大会の運営を支援します。

ウィンワークスが提供する勤務計画最適化計算を実行するクラウドサービス(WINWORKS One)は数理モデルにより最適化した勤務計画を計算します。多様な設定と勤務割り当てのルールの仕組みにより、ノンカスタマイズでさまざまな業種に適用できる柔軟なソリューションです。三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会が必要とするボランティア配置計算も設定だけで実行することができます。お客様の運用に合わせたWINWORKS Oneの設定をデザインする専門コンサルタントを今回のプロジェクトに参加し、全面的に三重とこわか国体・三重とこわか大会実行委員会をサポートします。 

ウィンワークスが国体と障害者スポーツ大会の運営を支援するのは2019年のいきいき茨城ゆめ国体・いきいき茨城ゆめ大会に続き2度目です。


ウィンワークス株式会社について

ウィンワークスは、サービス・オペレーション・マネジメント (SOM*) のコンセプトのもと、時間帯毎および日毎に大きく変動するサービス要求への対応に着眼し、最適な人的資源の配分を行い企業の経営効率を高め、 グローバル競争を勝ち抜く経営変革の実現を支援するソフトウェア・ソリューションを提供しています。ウィンワークスの先端的なテクノロジーと、ソリューションを活用し経営効率を改善するノウハウは、特にサービスの質を重視するビジネスのお客様から大変高い評価を頂いております。

*SOMとはサービス・サイエンスの理論に基づき現場でのサービスの生産性向上と品質の改善を事業の目標達成に統合する、新しい経営管理の手法です。

詳しくは https://www.win-works.com をご覧ください。
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. ウィンワークス株式会社 >
  3. ウィンワークス株式会社、三重とこわか国体・三重とこわか大会のオフィシャルサプライヤーとして運営ボランティアの会場配置計画を作成