Neural Compute StickとOpenVINO™でゼロから学ぶディープラーニング推論

IoTハッカソンの企画・運営からIoT製品開発、IoT教育コンテンツ事業を手掛けているJellyWare株式会社(本社:東京都新宿区四ツ谷、代表取締役:崔 熙元)は、米インテル社のご協力のもと、「Neural Compute StickとOpenVINO™でゼロから学ぶディープラーニング推論」サイトをリリースしました。
本サイトでは、初心者の方でもディープラーニング推論が学べるように、基礎から応用・実践までのコンテンツを9回程度にかけてご紹介してゆきます。

ディープラーニングは、主に「学習」と「推論」に分かれますが、まずは理解し易く応用に繋がる「推論」を学ぶことが、ディープラーニングを使いこなすことへの近道となります。 
「OpenVINO™ ツールキット」は、非常にシンプルなコード記述が可能で、豊富なサンプルを持っている無償ツールです。さらに「Neural Compute Stick」と「RaspberryPi」を使うことにより、小さくて安価な人工知能を作り出すことが可能となります。 
また、本サイトのコンテンツをベースにしたハンズオンセミナーを、9月頃に実施する予定で、新しいAIビジネスのきっかけ作りとAI技術の普及も目指します。 

 

■本サイトで学べる内容 
  • ディープラーニング概要 
  • ディープラーニング推論 
  • Pythonプログラミング 
  • OpenCVプログラミング 
  • NumPyプログラミング 
  • OpenVINO™ ツールキットの使い方 
  • RaspberryPiの使い方 

■対象者 
  • ディープラーニングに興味のある方 
  • ディープラーニングの学習に挫折した方 
  • 数学や理論を使わずにディープラーニングしたい方 
  • インストールや環境設定で躓いた方 
  • mnistまで実行してみたけどその先が進まない方 
  • RaspberryPiに興味のある方 
  • 無料でディープラーニングを試したい方 

■使用するメインパーツ 


①Neural Compute Stick 
USB端子を搭載したスティックで、ディープラーニング推論処理を高速化するアクセラレータ 
クラウドを利用することなくリアルタイムに推論可能 
RaspberryPiだけでなくWindows10やLinux搭載PCにも対応 
Intel® Movidius™が開発した専用チップ「Myriad™」 搭載 

Myriad™ とは 
低消費電力かつ高性能なVision Processing Unit(VPU) 
ジェスチャー制御できるドローン、スマートセキュリティカメラ、産業用画像認識機器などへの採用実績 

②RaspberryPi 
世界で最も有名でたくさん使われているシングルボードコンピュータで、教育用として開発されたが、現在はホビー用途から業務用途まで幅広く使われている 
動画・音楽などのマルチメディア再生、センサー・ロボットなどの組込み制御、インターネット通信やWebサーバーなど多彩な機能を持つ 
LinuxOSを入れたmicroSDカードを使うことにより起動 
WiFiとBLEを搭載し、HDMI出力、4つのUSBポート、音声出力用ミニジャックなどを有する 

※本サイトはRaspberryPi3で説明しますが、無償のOpenVINO™ツールキットをインストールしたWindows10やLinux搭載PCでも代用可能です 

■具体的に作れるモノ 
 

 

感情分類 
顔画像をディープランニング推論エンジンで処理し5つの感情に分類 

リアルタイム顔検出 
カメラ映像をディープランニング推論エンジンで処理しリアルタイムに顔領域を検出 

リアルタイム感情分析アプリ 
カメラ映像に対し「顔検出」を行い、得られた顔領域に対し「感情分類」を行い、リアルタイムにグラフィックス描画 

■学習コンテンツ(予定) 
  • 【概要】OpenVINO™で始めるディープラーニング 
  • 【準備】必要となる周辺機器の全て 
  • 【設定】ゼロから始めるインストール 
  • 【基礎1】Pythonを学ぶ 
  • 【基礎2】OpenCVプログラミングを学ぶ 
  • 【基礎3】NumPyプログラミングを学ぶ 
  • 【基礎4】Inference Engineを学んで感情分類 
  • 【応用】リアルタイム顔検出 
  • 【実践】リアルタイム感情分析アプリ 

■ハンズオンセミナー(予定) 
  • 日時:2019年9月頃(時間未定) 
  • 場所:調整中 
  • 対象:AIに興味のある方 
  • テーマ:Neural Compute StickとOpenVINO™でゼロから学ぶディープラーニング推論 
  • 定員:20名〜30名 
※セミナーの日程や内容、定員などは変更となる場合がございます。 

■関連URL 
「Neural Compute StickとOpenVINO™でゼロから学ぶディープラーニング推論」公式ホームページ 
http://jellyware.jp/openvino/ 

JellyWareホームページ 
http://jellyware.jp/ 

■本リリースに関する問い合わせ先 
JellyWare株式会社 
info@jellyware.jp 
03-6273-0758 
  1. プレスリリース >
  2. JellyWare >
  3. Neural Compute StickとOpenVINO™でゼロから学ぶディープラーニング推論