インバウンドから移住者(インフロー)対応まで全て集結『ハラールエキスポジャパン改め、多文化社会エキスポ2019〜あしたのニッポン展〜』の出展受付を開始

2020年直前、世界への最高最後のPR機会!11月13日・14日、東京都立産業貿易センター台東館にて開催。ハラール、ベジ、ヴィーガン、多文化共生、あしたのニッポンがここに。

多文化社会エキスポ2019実行委員会は、『多文化社会エキスポジャパン2019』を2019年11月13日・14日に東京都立産業貿易センター台東館で開催いたします。この展示商談会は「あしたのニッポン」をテーマに、ハラール・ベジタリアン・ヴィーガンに対応した商品、飲食店舗、観光施設等が一同に会し、世界へ向けて2020最後のPRを行います。また今後さらなる増加が見込まれる海外からの留学生や移住者へのサービスも合わせて展示、日本のダイバーシティを体感できる日本最大のフードダイバーシティ(食の多様性対応)展示商談会です。

■多文化社会エキスポ2019特設サイト
https://expo2019.fooddiversity.today

■会期
2019年11月13日(水)〜14日(木)
午前10時〜午後5時

■会場
東京都立産業貿易センター 台東館
〒111-0033  東京都台東区花川戸2-6-5
https://www.sanbo.metro.tokyo.jp/taito/

■主催
多文化社会エキスポ2019実行委員会

■内容(予定)

 

・  展示商談会、ビジネスマッチング

・  2020直前PR旅行博
・  テストマーケティング特別ブース
・  インフルエンサーによる会場レポート
・  ハラール、ベジ、ヴィーガン実例セミナー
・  外国人財の雇用と受入ナレッジシェア
・  多文化社会シンポジウム
・  食のパビリオン(ハラール、ベジ、ヴィーガン、グルテンフリー、アレルギー等)
・  生活のパビリオン(衣料、仕事、教育、福祉、文化慣習等)
 



 《出展情報》

■出展料
・  テストマーケティング特別ブース 498,000円
(税別・メニュー開発から情報発信までのフルサポート付き)
・  通常ブース230,000円(税別)
※出展受付期限8月31日(土)

■出展数
120小間
(門口3m×奥行3m、机x1、椅子x2、コンセントx1、社名板x1、ゴミ廃棄費用含む)
※グループ出展も可

■出展条件
ハラール・ベジタリアン・ヴィーガン等の製品・サービス等の提供企業、インバウンド関連事業者、商品の輸出入に関心がある企業、および海外からの留学生・移住者・生活者へのサービスを提供する企業等。

■出展商品
食品、原材料、調味料、化粧品、健康食品、医薬品、食品加工・検査設備、ホテル、レストラン、観光・商業施設、旅行商品、空港施設、その他ハラール等の関連の製品・サービス等。
*ハラール認証等の取得は必須ではありませんが、ハラール性等が確認されているもの。
*会場内における販売、調理、試食および試飲の実施には条件があります。

《実行委員会事務局の会社概要》
フードダイバーシティ株式会社
https://fooddiversity.today/outline

■ウェブサイト
https://fooddiversity.today

 ■多文化社会エキスポ2019特設サイト
https://expo2019.fooddiversity.today

■過去HALAL EXPO JAPAN 2017の結果報告書
https://halalexpo.jp/wp-content/uploads/2017/12/report_2017ja.pdf

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
フードダイバーシティ株式会社 担当:横山 真也
電話:03-5811-1947
Eメール:expo@food-diversity.co.jp
住所 〒111-0034 東京都台東区雷門一丁目16-8 小海ビル3階

 
  1. プレスリリース >
  2. フードダイバーシティ >
  3. インバウンドから移住者(インフロー)対応まで全て集結『ハラールエキスポジャパン改め、多文化社会エキスポ2019〜あしたのニッポン展〜』の出展受付を開始