消費者の節約意識を調査!~価格の値上げと家計に関するアンケート調査~

2017年の物やサービスの値上げについて、不安を感じている人は74.3%

2017年は多くの物やサービスについて値上げが実施・予定されています。価格の値上げによる消費者の節約意識への影響を調査しました。
マーケティングリサーチ会社の株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)(東京都渋谷区東、代表取締役:町田正一)は、全国20歳以上の男女を対象とした「価格の値上げと家計に関するアンケート調査」を実施し、その結果を7月7日に公開しました。調査日は2017年6月14日(水)~6月16日(金)で、同社が運営する「D style web」のアンケートモニター会員を対象に実施しました。

【調査結果】

2017年は多くの物やサービスについて値上げが実施・予定されていますが、それぞれについて値上げすることを知っていたかお知らせください。(SA) n=600

値上げに関する認知値上げに関する認知

⇒2017年の値上げを「知っていた」物やサービスは【はがき】が最も高く、「知らなかった」物やサービスは【保険】

2017年は多くの物やサービスについて値上げが実施・予定されています。あなたは一連の値上げについて不安を感じますか。(SA) n=600

値上げへの不安値上げへの不安

⇒2017年の物やサービスの値上げについて、不安を感じている人は74.3%

2017年は多くの物やサービスについて値上げが実施・予定されています。一連の値上げにより、あなたの節約意識はどのように変わりますか。(SA) n=600

値上げによる節約意識の変化値上げによる節約意識の変化

⇒2017年の物やサービスの値上げにより、節約意識が高まった人は68.9%

【すべての調査結果はこちら】
https://www.asmarq.co.jp/data/mr201707price/
※上記ページにて、簡易レポートおよび集計表を含むデータを無料でダウンロードしていただけます。

【調査内容】
・属性(性別、年代、居住地域、未既婚、職業)
・2017年に値上げする物やサービスへの認知(SA)
・値上げに不安を感じるか(SA)
・値上げによって節約意識は変わるか(SA)
・値上げによって【使用する量を減らそう】と思うもの(MA)
・値上げによって【普段買っていた物より安く売られていたものを購入しよう】と思うもの(MA)
・家計全体で月々に節約したい金額(NA)
・節約したいと思う家計項目(MA)
・節約したお金を回したいと思う家計項目(MA)
・2017年の景気は良くなっていると感じるか(SA)

【調査概要】
調査名:価格の値上げと家計に関するアンケート調査
調査対象者: 全国20歳以上の男女
有効回答数: 600s
割付:【年代】20~34歳:200s、35~49歳:200s、50~69歳:200s、性別均等
調査期間:2017年6月14日(水)~6月16日(金)
調査方法: インターネット調査
調査機関: 株式会社アスマーク(旧株式会社マーシュ)
アンケートモニターサイト「D style web」(http://www.dstyleweb.com/)の登録会員を対象に実施
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アスマーク >
  3. 消費者の節約意識を調査!~価格の値上げと家計に関するアンケート調査~