株式会社レポハピ ファンを通じた情報拡散を支援するSNSファンリレーション事業の営業強化に向けて2.7億円の資金を調達

SNSユーザーのレイティング事業を手掛ける株式会社レポハピ(大阪市北区 代表取締役 原 武嗣 以下、レポハピ)は、三井住友海上キャピタル株式会社、きらぼしキャピタル株式会社、りそなキャピタル株式会社、日本ベンチャーキャピタル株式会社、みずほキャピタル株式会社がそれぞれ運営する投資ファンド、および名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社を引受先として、総額2.7億円の第三者割当増資を行いました。
なお、三井住友海上キャピタル株式会社、りそなキャピタル株式会社、名古屋テレビ・ベンチャーズ合同会社は、追加出資となります。
今回の資金調達によりレポハピは、ファンを通じた情報発信と拡散を促進する企業向けファンサイト構築と運営支援を行う「SNSファンリレーション事業」の拡大に向けて、営業体制の強化を行います。

1.レポハピのSNSファンリレーション事業
 


昨今の情報流通の潮流として、SNSを通じた「友達つながり」の情報など「消費者発信」の影響力がますます大きくなってきています。企業は、インターネットの情報量を増やすことで顧客接点を強化するために、宣伝・プロモーション活動による自主発信のみにとどまらず、消費者が自社の商品やブランドに関する情報を発信してくれるためのファン作りの戦略を必要としています。
一方で、顧客データベースやホームページにアクセスする消費者から、口コミ拡散に貢献しやすい顧客層を見極め、有効なアプローチをするための具体的なデータマーケティングの対策が打てていない現状がありました。
レポハピが開発した「SNSレイティングデータベース」(※)は、SNSをアクティブに利用する消費者の興味、拡散傾向と反響結果を蓄積、評価することで口コミ力を可視化します。
これらの技術を活用したレポハピのSNSファンリレーション事業では、企業向けにカスタマイズする「ファンサイト構築パッケージ」と共通プラットフォームを利用する「クラウドサービス」の提供が可能です。
すでに国内大手企業などで実績があり、レポハピは今後、SNSファンリレーション事業に注力していきます。
 


2.営業体制の強化

レポハピは、今回の資金調達により、営業体制、サービス運営体制を強化し、需要の増加に伴うSNSファンリレーション事業の拡大を加速します。
具体的には、東京に営業拠点を開設し、セールスとコンサルティング人員を配置することで、クライアント企業が展開するファン戦略によりスピーディに対応し、提案と構築を行うことができる体制を整備します。
また、クライアント企業から、コンテンツ制作管理、カスタマーサポート等のファンサイト運営を受託する専業チームを新設。
さらに、SNSファンリレーション事業の外部パートナー戦略の展開として、今後、SI事業者、広告代理店、コンサルティングファーム等との連携を推進していく計画です。



※ SNSレイティングデータベース
SNSに投稿、発信する消費者の傾向、行動履歴、趣味嗜好を蓄積。レポハピ独自のスコアリングにより、消費者のSNS発信力、反響獲得力をインデックスとしてデータベース化(特許取得技術)することで、情報を発信する消費者と優良なコンテンツホルダー(事業者)をマッチングします。

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社レポハピ >
  3. 株式会社レポハピ ファンを通じた情報拡散を支援するSNSファンリレーション事業の営業強化に向けて2.7億円の資金を調達