株式会社アップルが、2018年引越しシーズンの展望を発表。人材不足が招く、料金高騰による引越し難民化を懸念し、アドバイス。

見積もり比較サイト利用が進む一方、利用が面倒に思う生活者が多数。引越し料金高騰による引越し難民化の恐れ

「引越しを通じて、ひとつでも多くの笑顔を生み出し笑顔あふれる世の中にすること」を理念に引越しサービスを提供する株式会社アップル(本社:東京都中央区 代表取締役:文字放想 以下「アップル」)は、このたび独自の消費者調査の結果から「2018年引越しシーズン展望」を発表しました。また、【りんごりくんの引越し総研】にて、引越し難民の発生に警鐘を鳴らす記事「人材不足が招く、料金高騰!引越難民続出か!?」(https://www.apple-hikkoshi.co.jp/archives/563)を発表しました。
■背景
3月、4月は一年を通してもっとも引越し件数が多い、引越しのハイシーズンです。アップルでは2018年の引越しの傾向を把握・予測するため、消費者向けに調査を実施しました。調査はハイシーズン直後の5月に、3月・4月に移動の多い単身者に実施しました。

■調査結果
1.見積もり比較サイトの利用がさらに進む

引越し業者をどのように選びましたか引越し業者をどのように選びましたか

引越し者の半数以上が見積もり比較サイトを利用しており、年々増加傾向にあります。

2.利用者の6割強が見積もり比較サイトを面倒に感じている

見積もり比較サイトを利用した予約の感想見積もり比較サイトを利用した予約の感想

見積もり比較サイトは一度に複数者からの見積もり取得ができる利便性の反面、必要情報の入力や各社へ電話・メールでの対応が面倒だと感じる利用者が多いということがわかりました。

※調査概要
・実査委託先:楽天リサーチ(2017年5月30日)
・首都圏在住、20-39歳の男女、未婚者(離死別除く)
・直近半年以内に引越しをした方
・引越し時に引越し業者を利用した方
・回答数 400

また、業界調査やインターネット上の利用者の声から、「引越し料金の高騰」や「予約を断られる」などで引越しができない「引越し難民」が発生していることがわかりました。さらに2018年は引越し難民が増加することが予想されます。

■引越し難民増加の背景
昨今、物流業界では、深刻な人材不足により、値上げによる受注制限へと発展しています。同じ運送業にある引越し業界は、労働時間が長く、体力的にキツイ割には給料に反映されないというイメージが強く、物流業界以上に人材確保が困難となっています。
そのような状況から、2018年の引越しシーズンには、人材不足による料金高騰から、「引越したくても引越せない」引越し難民が多発することが予想され、その時期に引越しを考えている方へ向けて情報を発信することにしました。 

レポート【りんごりくんの引越し総研】2018年引越しシーズン展望。人材不足が招く、料金高騰!引越し難民続出か!?: https://www.apple-hikkoshi.co.jp/archives/563 

■直前予約では間に合わない、春の引越し事情
昨年あたりから、引越しシーズンになると、「引越し難民」という言葉が取り沙汰されるようになっています。それはどういうことかというと、物流業界で起こっている、人材不足による料金高騰が、引越業界でも起こっていることを意味します。対応できる絶対数が減っている中、需要は変わらないことから、引越しの依頼を断わらざるを得ず、その結果、引越したいのに引越しできない、いわゆる「引越し難民」が発生しているのです。
もう少し具体的に説明すると、近年、国を挙げて労働環境の改善に取り組んでおり、過度な残業ができなくなっています。以前だと、繁忙期にはどの会社も、深夜まで残業してでも仕事を受注して売上を確保し、閑散期をしのいでいました。それができない現在、受注件数を抑えつつも、売上は確保しなければなりません。そうしなければ、閑散期のマイナスを補えないからです。結果、単価を上げるしか、方法はありません。しかも、大幅に。
これにより、「予約ができない」だけでなく、「料金が高くて頼めない」という状況が生まれ、引越難民の発生につながっています。
記事では、その状況について解説し、引越し難民にならないためのアドバイスを行っています。

りんごりくんの引越し総研:レポートページりんごりくんの引越し総研:レポートページ

【りんごりくんの引越し総研】で詳細をご覧いただけます: https://www.apple-hikkoshi.co.jp/archives/563 


■株式会社アップルの概要
株式会社アップルは、「引越しを通じて、ひとつでも多くの笑顔を生み出し笑顔溢れる世の中にすること」を経営理念に掲げ、東京圏(1都3県)を中心にサービスを提供する引越専業会社です。2006年の設立以来、「お客様に対する姿勢」を強みとし、独自のお客様アンケート、スタッフ研修制度、スタッフ評価制度等、さまざまな施策を実施し、順次事業を拡大しております。
2016年からは、元Uber Japan代表 塩濱剛治氏を社外取締役として迎え、IT技術活用の加速による経営効率化および新たな引越サービス「引越しTech(※)」の展開により、イノベーションの創出を目指します。

※引越しTechとは
「引越し」と、技術を意味する「Technology(テクノロジー)」を組み合わせた造語で、IT技術を使った新たな引越しサービスです。

 

会社名 株式会社アップル
代表者 代表取締役 文字放想
本店所在地 東京都中央区日本橋馬喰町一丁目5番6号9階
設立 2006年(平成18年)5月24日
資本金 1,000万円
事業内容 引越し業、 リサイクル業
URL  https://www.apple-hikkoshi.co.jp/ 
一般貨物運送業務許可事業者番号 No.470006190関東運輸局/近畿運輸局産業
古物商許可番号 神奈川県公安委員会 第451390006533号

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社アップル >
  3. 株式会社アップルが、2018年引越しシーズンの展望を発表。人材不足が招く、料金高騰による引越し難民化を懸念し、アドバイス。