海の祭ismプロジェクト2020報告会 〜持続可能な祭に向けて〜

~7/22(海の日)に静岡県熱海市よりオンライン配信。コロナ禍で中止になった海の祭を未来につなげる取り組みから これからの祭りのあり方ついての提言を実施~

一般社団法人マツリズム(東京都文京区、代表理事 大原学)は、2021年7月22日(海の日)に、「海の祭ismプロジェクト2020報告会~持続可能な祭に向けて~」を静岡県熱海市よりオンライン配信いたします。このイベントは、次世代へ海を引き継ぐために、海を介して人と人とがつながる“日本財団「海と日本プロジェクト」”の一環で開催するものです。

 

 ※写真はイメージです

 2020年、2021年と新型コロナウィルスの影響で全国各地のほとんどの祭りが中止に追い込まれる状況の中、マツリズムでは新潟県佐渡市・石川県能登町の地域の方々とともに小学生向け・大学生向けの海の祭に関するオンラインプログラムを企画・実施してまいりました。これら企画の実施のプロセスには、リアルな祭が開催されない中で、海の祭のもつ魅力や地域の可能性を伝える方法への試行錯誤や挑戦が多くありました。

 当団体が今春、日本財団「海と日本プロジェクト」の一環として実施した意識調査によると、コロナ禍で失われる可能性が高い日本文化として回答された1位は“祭り”、そして回答総数400名の約7割の方が祭りはなくなってはならないと考えていることが判明しています(一般社団法人マツリズム 「祭りに対する意識調査」より
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000023777.html)。
 



 
 また、この調査の中では、特に沿岸部、「海」の地域の人たちが、「祭りはなくなってはいけないものだと考える」と回答した割合が39.3%(全体での同回答は28.5%)と祭に対する意識が高いこともわかっています。

  そこで、今回の「海の祭ismプロジェクト2020報告会」では、「持続可能な祭」をテーマに実施します。キーノートセッションには、幸福学の第一人者である慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科教授の前野隆司氏を迎え、ポストコロナにおける祭の役割について考えます。また後半は、コロナ禍で中止になった各地の海の祭を未来につなげてきた各プロジェクト報告及び大学生との海の祭に関するディスカッションを通して、これからの祭のあり方についての考えを発信いたします。配信場所は「海の祭ismプロジェクト」の体験プログラムを当団体が初めて企画を実施した静岡県熱海市を予定しています。

海の祭ismプロジェクト体験プログラム in 熱海こがし祭(2018年度)
https://www.youtube.com/watch?v=6bnsIC5_HVs&t=90s

海の祭レポート 【コロナ禍の海の祭】熱い海の祭りのアツい想いを繋ぐ(2020年度)
https://matsurism.uminohi.jp/report/2020report7/

 海の祭にご関心のある方、これからの祭のあり方にご関心をお持ちの方、地域の魅力について祭を通して浮彫りにしていきたい地域の方、熱海のお祭りに関心がある方、取材希望のメディアの方など、ぜひご参加ください。

イベント概要
イベント名:海の祭ismプロジェクト2020報告会
主催:一般社団法人マツリズム
共催:日本財団「海と日本プロジェクト」
開催日時:2021年7月22日(海の日・木曜日)13時~16時15分(予定)
配信方法:Youtube Liveによるオンライン配信(事前申し込み制)
配信場所:マリンスクエア2F レンタルスペース(静岡県熱海市渚町7-5エムズ熱海ビル)
問い合わせ先:info@matsurism.com
料金:無料
内容:海の祭のもつ魅力・可能性の発信、(ポストコロナを見据えた)祭の未来に向けての提言
 13:00-13:15 オープニング
 13:15-13:45 キーノートセッション
 幸福学の第一人者と考える「ポストコロナにおける祭の役割」
 登壇者
  慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究科 教授
  慶應義塾大学ウェルビーイングリサーチセンター長兼務  前野隆司氏
  一般社団法人マツリズム 代表理事 マツリテーター 大原学
 13:45-14:00 海の祭ご紹介「熱海こがし祭」
 14:00-15:30  海の祭ismプロジェクト2020報告
 (1.海の祭体験 2.海の祭取材 3.海の祭調査)
 15:35-16:05  大学生と語る「海の祭の魅力・祭の未来」
 16:05-16:15 クロージング
対象者:子どもから大人まで、どなたでもご参加可能です
参加申し込み方法: https://uminomatsuri2021.com/ よりお申込みください。
取材希望の方:7/21(水)までに、info@matsurism.comへ、「7/22 取材希望」とタイトルに明記し、①ご担当者様のお名前、②貴社名、③お電話番号(当日の緊急連絡がある場合に使用します)を添えてご連絡ください。
イベントURL: https://uminomatsuri2021.com/
 

【団体概要】
団体名称 :一般社団法人マツリズム
本社所在地 :東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷4階 social hive HONGO 
電話番号:050-5319-9350
代表理事 :大原 学
設立:2016年11月
URL:http://www.matsurism.com
活動内容:「祭りの力で人と町を元気に!」をモットーに、地域の祭りの担い手を応援する団体です。担い手不足に悩む地域の祭りと都市部の若者や外国人をつなげ、祭り文化の次代への継承と地域活性化に挑戦します。
Mission : 祭りの力で、人と町を元気に
Vision :  多様な人が混ざり合い支え合う感謝と受容の社会をつくる
 

日本財団「海と日本プロジェクト」
さまざまなかたちで日本人の暮らしを支え、時に心の安らぎやワクワク、ひらめきを与えてくれる海。そんな海で進行している環境の悪化などの現状を、子どもたちをはじめ全国の人が「自分ごと」としてとらえ、海を未来へ引き継ぐアクションの輪を広げていくため、オールジャパンで推進するプロジェクトです。
  1. プレスリリース >
  2. 一般社団法人マツリズム >
  3. 海の祭ismプロジェクト2020報告会 〜持続可能な祭に向けて〜