物置きのシェアサービス『モノオク』は、 ANRI から資金調達を実施しました。収納サービスにイノベーションを起こす。

シェアリングエコノミーを通して最大規模のスペース数を持つ、収納サービスのNo.1を目指します。

2018 年 7 月 25 日(水)、物置きのシェアリングエコノミーサービス『モノオク』を運営するモノオク株式会社(本社:東京都杉並区、代表取締役:阿部祐一、以下「モノオク」)は、ANRI 三号投資事業者有限責任組合(東京都世田谷区、代表者:佐俣アンリ)を引受先とする総額数千万円の第三者割当増資を実施したことを発表いたします。

物置きのシェアリングエコノミーのサービス「モノオク」は、2018年3月26日のサービスリニューアル以来、急速にスペース数が伸長し、収納ビジネス市場に於いても一定の規模を持つに至りました。今回の資金調達により、年内に10,000スペース数への拡大と更なる事業基盤の強化を図り、収納サービス市場の中で「シェア」を通してNo1の規模のスペース数を持つサービスを目指します。


<引受先>

ANRI 3号投資事業有限責任組合(東京都世田谷区、代表者:佐俣アンリ)

・プロフィール
ANRI 3号投資事業有限責任組合:佐俣アンリ氏が立ち上げた、独立系ベンチャーファンド。
投資先の複数がイグジット。主にシード、アーリーステージのスタートアップに対する投資に注力する。


<モノオク概要>
■サービス名 :モノオク https://monooq.com/   ※WEBブラウザでの提供となります
■説明 :使っていない部屋や押入れなどの余ったスペースを活用することで 、手軽にモノを保管できるシェアリングエコノミーのサービス。
■利用料金 :7000円/月(目安)
※荷物の量や大きさ、そのほか付加サービスによって預かるホストが金額を設定します。

<今後の展開>
今後1年を目標に10,000箇所の預かり場所の登録を目指します。
空き家をモノオクで活用することにより、「空き家」問題にも取り組み、
弊社サービス通しての地域活性化の一助になれればと考えています。
また近く、荷物の置き場所のお困りをより簡単にすぐに解決する「モノオクハブ」という機能の実装を予定しています。

<『モノオク』誕生の背景>
代表の阿部が、「トランクルームは値段が高く空いていない」という理由で家電の置き場所に困っている知人から数日間荷物を預かったことがきっかけです。荷物を預けたい人の需要に対し荷物を預けられる場所は意外と少ないと考え『モノオク』の開発をスタートさせました。2015年12月にサービスのβ版を開発、その後6ヶ月以上に渡り運用テストを繰り返し2017年3月に『モノオク』が正式リリースとなりました。


<会社概要>
会社名 :モノオク株式会社
所在地 :〒166-0003 東京都杉並区高円寺南2-48-12
設立 :2015年4月16日
資本金 :1,750万円
代表者 :代表取締役 阿部祐一
事業内容:C to Cモノ置きサービスの運営

<問い合わせ先>
「モノオク株式会社」連絡先
担当 :阿部
E-Mail:info@monooq.com 電話番号:03-6869-2729


<プレスキット>
https://www.dropbox.com/sh/0z8ogd46uippl7n/AACDRgX41f3ndO6Yny07n89ka?dl=0


<プロモーションムービー>

 

このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディア会員登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. モノオク株式会社 >
  3. 物置きのシェアサービス『モノオク』は、 ANRI から資金調達を実施しました。収納サービスにイノベーションを起こす。