WELgeeとジャパンタイムズが『ジャパンタイムズチャリティドライブ』の寄付契約を締結

NPO法人WELgee(所在地: 東京都渋谷区、代表: 渡部 カンコロンゴ 清花、以下 WELgee)は、株式会社ジャパンタイムズ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:堤 丈晴、以下 ジャパンタイムズ)との間において寄付契約を調印いたしました。これは、ジャパンタイムズ紙上で行う募金キャンペーンで読者から寄せられた募金より、WELgeeに対してご寄付をいただくものでジャパンタイムズと連携協定を締結しているNPO法人新公益連盟から推薦があり決定しました。
■選定理由
NPO法人WELgeeは、難民として日本に逃れてきた人が自らの未来をデザインできる環境づくりを支援しています。外国人と日本・日本人をつなぐこの取り組みは、「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすジャパンタイムズの理念に通じていると考え、読者募金の寄託先として推薦されました。

■寄付の用途
いただいた寄付は、主に難民認定申請者の就業に必要なスキルトレーニングや、企業理解を深める機会の創出、また事業の業務改善のための組織体制づくりに使わせていただく予定です。

■代表渡部からのコメント



ジャパンタイムズの読者の皆様から寄付金をいただきまして、誠にありがとうございます。ご期待に応えられるように、さらに意義のある活動を発展させてゆきたいと、気が引き締まる思いです。 
(NPO法人WELgee代表理事 渡部清花)



■NPO法人WELgeeについて:

 

2018年2月設立。日本に逃れた難民とともに未来を築く団体です。厳しい難民認定の日本で、一人ひとりがキャリアや人生の目標を追求できる道筋を、多様なセクターとの協働を通じて目指します。難民人材の強みを、日本企業のダイバーシティ推進・イノベーション創出に生かす人材紹介サービス「JobCopass」、日本に逃れた多国籍な「アンバサダー」たちから、世界を学び、自分を知る、社員育成の場である「企業研修」、そして難民という言葉の先の、ユニークな個性と出会う場である「WELgeeサロン」を運営しています。詳しくは https://welgee.jp/ をご確認ください。

■株式会社ジャパンタイムズについて:
ジャパンタイムズは日本で最も歴史のある英字新聞社として、1897 年の創業以来、日本と世界の 英文ニュースを国内外に発信しています。「世界に開く日本の窓」としての役割を果たすべく、政 治、経済、文化、社会、そしてスポーツ記事を通じ日本の現状と世界の動向を報道してきました。 世界中の人が利用する The Japan Times website(www.japantimes.co.jp/)は、国内最大級の英文ニュースサイトとして多様で独自性のあるコンテンツを揃えています。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. NPO法人WELgee >
  3. WELgeeとジャパンタイムズが『ジャパンタイムズチャリティドライブ』の寄付契約を締結