Resilyの提供価値を再考したリブランディングを実施

OKR管理ツールから「OKRでチームの会話をスタートさせる」サービスへ

Resily株式会社(リシリー 本社:東京都千代田区 代表取締役:堀江真弘、以下、Resily)は6月18日、Resilyのミッション・ビジョン・バリュー、ブランド・アイデンティティ、プロダクトのすべての領域に渡るリブランディングを実施しました。
創業から4年間、OKR管理クラウドを提供し、お客様との会話を続ける中で、Resilyに求められることが創業当初から変わりました。
OKRを導入する企業も増え、「OKRで会社を一枚岩にしたい」という従来のニーズに代わり「OKRでいかに会社の未来を描き出すか」というニーズが見え始めています。
そのため、お客様への価値提供の軸となるビジョン・ミッションを再定義するところからリブランディングを開始し、新しい世界観に合わせたVIと、プロダクトの未来像を策定しました。

 


リブランディングの背景と、新しいミッション・ビジョン
これまでResilyは、「会社をひとつのチームにする」というミッションを掲げ、高い目標にむけて会社を一枚岩にするためのOKR管理クラウドを提供してきました。
しかし、会社の一枚岩化はあくまでも「OKR」のフレームワークが持つ効果に過ぎません。
これからのResilyは、チームの創造的な会話を生み出すことを目指します。
チームで創造的な会話をする中で、目標への疑問点が晴れ、共感が深まると、高い目標への挑戦に「躍動」できると考えました。そこで「みんなが挑戦に躍動する世界」をビジョンとし、 その世界観を実現するために「未来をつくるためのチームの会話をスタートさせる」というミッションを策定しました。

 

 


Resilyの新しいビジョン


Resilyの新しいミッション


Visual Identity(VI)の刷新
これまでのロゴは一枚岩をあらわすチームの円の重なりを表現していましたが、ビジョン・ミッションを再定義して明確にしたアイデンティティをもとに、デザインの刷新を行いました。


新VIのイメージ

​VIの刷新について、リブランディング紹介ページで詳細を解説しています。

https://resily.com/rebranding


Product Future / Resilyのプロダクトの進化イメージ
これまでのResilyは、ひとりでなくチームで優先事項を決められるようにすることで、会社全体のアクションの方向を揃える一枚岩化をサポートしてきました。今後は、チームのみんなが「挑戦に躍動して」一緒に未来をつくれるよう、メンバーの成長支援のための会話も合わせてサポートします。

また、これまでの「会社を一枚岩にする」ための機能も引き続き改善していきます。これまで注力してきたアクションの方向を揃えることに加え、階層やチームをまたいで同じ目標への共感を深められるよう、情緒面での方向性の統一もできるようにプロダクトを開発していきます。



今後実装を予定している、"チームの会話をスタートさせる" 2つの機能
※画像は検討中のもので、詳細は予告なく変更されることがあります。

①「OKR掲示板機能」がチームの"現在地と未来をつなぐ会話"をスタートさせる
共同編集しながら柔軟に情報を整理できる高機能掲示板で、OKRに向かうチームのアラインメントを強化できるようになります。
コメントの種別(タスク、困り事、成果など)に応じて自動でアイコンが付与され、未来をつくる会話を楽しく交わせるようになります。
OKR掲示板機能で、目標への共感を深めましょう!


②「1on1機能」で挑戦に躍動する"人の成長"を支援
メンバーが関わるOKR掲示板を見ながら1on1を実施できるようになります。掲示板から1on1で話たいアジェンダを引用したり、1on1を経てOKR掲示板にアクションを追加でき、マネージャーは状況に合わせたフォローをしやすくなります。
また、OKR掲示板を同僚が更新した際には未読分をお知らせしてくれるため、メンバー自身が同僚と連携してアクションを最適化できます。


Resilyのリブランディングについての特集ページはこちら
https://resily.com/rebranding


目標管理の課題、Resilyで解決しませんか?
Resilyは、企業のマネジメント層を支援して業績を最大化させるためのOKRクラウド「Resily」を企画・開発・販売しています。 企業の目標達成には、常にメンバーが重要事項を選び取り続けられるようにする必要があり、そのためにはマネジメントに多大な負荷がかかります。 Resilyは、マネジメント層が自信を持って会社を導くために必要なコミュニケーションを効率的に進められるようなクラウドサービスを提供しています。
https://resily.com

Resily株式会社 代表取締役 堀江真弘のご紹介


2010年慶應義塾大学文学部卒業。2012年東京大学大学院学際情報学府卒業。大学院在学中より1年間のインターンを経てSansan株式会社に入社。Sansan事業部営業部で、法人向け名刺管理サービス 「Sansan」の販売に従事。うち 4 カ月間、徳島県神山町にあるサテライトオフィスでオンラインでの 営業手法を仕組み化する。その後、「Sansan」のスマートフォンアプリ担当プロダクトマネジャーと して、アプリリニューアルのUX設計をリードする。2017年 6 月にSansanを退職し、共同創業者のエンジニアとResily株式会社を創業。

会社概要
会社名:Resily株式会社
設立:2017年8月
事業内容:OKRクラウド「Resily」の開発・販売、導入支援サービス
所在地:東京都千代田区神田神保町三丁目12番3号神保町スリービル8階
代表者:堀江真弘
URL:https://resily.com
 
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. Resily株式会社 >
  3. Resilyの提供価値を再考したリブランディングを実施