コブラウズソリューション『Withdesk Browse(ウィズデスク ブラウズ)』を品川区に提供開始

グラフテクノロジー株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:田口 湧都、以下、グラフテクノロジー)は、品川区に、コブラウズソリューション『Withdesk Browse(ウィズデスク ブラウズ)』を提供開始いたします。

■ Withdesk Browse 導入の概要
 この度、品川区は、社会貢献製品支援事業の認定製品として、グラフテクノロジーが提供する Withdesk Browse を試験導入いたします。今回の導入により、ウェブサイト上のお手続きや操作方法にお困りのお客さまに対して、お客さまの利用デバイス(PC・スマートフォン・タブレット)を問わず、即座に画面共有サポートを提供できるようになります。なお、画面共有サポートは、品川区家賃支援給付金ポータルサイト(オンライン申請)などにおいて先行開始し、順次拡大していく予定です。

 品川区では、区内企業の優れた製品・技術・サービスのうち、区民生活に寄与するなどのテーマに該当したものを「社会貢献製品」として認定し、マッチングや区への積極的な導入等を一貫して支援しています。今年度は、新型コロナウイルス感染症対策に特化したテーマで募集を行い、Withdesk Browse をご採択いただきました。

 今後も、グラフテクノロジーは、Withdesk を通じて、お客さまの抱えている問題を1秒でも早く解決に導く「攻めのカスタマーサービス」を実現するべく、更なるサービス開発に努めてまいります。

■ 品川区のコメント 
 品川区では、品川区家賃支援給付金の申請について、オンラインで受け付けを行っており、添付書類のアップロード方法や入力の仕方等の問い合わせに時間がかかっています。そこで、今回の「Withdesk Browse」を導入することで、電話対応の効率化とスムーズなご案内による接遇の向上を目指します。

 また今後、行政でのオンライン申請が増えていくことが想定されますので、令和2年度品川区社会貢献認定製品である本製品が広く活用されることを期待しています。

■ Withdesk(ウィズデスク)とは
 Withdesk は、コールセンターやサポートデスクといったカスタマーサービス部門向けに最適化されたクラウド型のカスタマーサービスプラットフォームです。金融機関をはじめ、幅広い業界のカスタマーサービス部門にご導入いただいています。

■ Withdesk Browse(ウィズデスク ブラウズ)とは
 Withdesk Browse は、コブラウズ(Co-Browse)ソリューションです。コブラウズとは、オペレーターが、エンドユーザーの閲覧するウェブページをリアルタイムに確認しながら、ウェブページへの遠隔操作を含むサポートを行うための技術です。

<サービス概要>
名称:Withdesk Browse(ウィズデスク ブラウズ)
サービスURL:https://www.withdesk.com/

<会社概要>
会社名:グラフテクノロジー株式会社
所在地:東京都品川区北品川5-5-15 大崎ブライトコア 4F
代表者:田口 湧都(タグチ ユウト)
ホームページ:https://www.graph-technology.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. グラフテクノロジー株式会社 >
  3. コブラウズソリューション『Withdesk Browse(ウィズデスク ブラウズ)』を品川区に提供開始