リアルネットワークス、AI顔認証SAFR™に新機能追加―マスク着用でも認証可能

リアルネットワークス㈱ アジア太平洋地区副社長 高村徳明)は、世界最高レベルのAI顔認証エンジン「SAFR™」に、マスク着用時でも顔認証ができる機能を追加したSAFR2.0 を本日より利用可能にすることを発表いたします。
世界最高レベルの認証精度、スピードを持つAI顔認証SAFR™はサングラス、帽子などの着用は問題なく認証がされておりました。昨今の新型コロナウイルスの感染拡大によりマスク着用時の顔認証が課題となっております。リアルネットワークスは最新のディープラーニングを用いたアルゴリズムでマスク着用時でも顔認証を可能としました。
登録者はマスク着用の顔画像を登録することで、セキュリティーゲートなどでマスクを外すことなく認証され通過が可能となります。

3種類の異なるマスクで問題なく認証

その他の機能としてSAFR2.0では、以下の新たな機能が加わりました。
1. 眼鏡、マスク、サングラスなどを付けているか否かの検知
2. 指定方向(左右方向、カメラからの遠近)への移動検知
3. 照明が不十分な環境での明るさ補正機能(ベータ)
4. NVIDEA GPU使用時にCPUの利用率を最大70%低減
5. ビデオフィードのライブモニタリング
6. アクティビティリストからイベント・人物を検索
7. SMS通知
 
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. リアルネットワークス 株式会社 >
  3. リアルネットワークス、AI顔認証SAFR™に新機能追加―マスク着用でも認証可能