脳活サプリメント成分人気ランキングを公開

脳活総研が約1000人に調査、1位は「DHA」

株式会社脳活性総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役:太田 芳徳 以下「脳活総研」)は、会員1079名を対象に、脳活サプリメント成分に関するアンケート調査を実施しました。
概要
全人口の28.4%が65歳以上の高齢者となり、年々高齢化が進む日本において、2025年には高齢者の5人に1人が認知症になるという推計もあり(※1)、認知症は大きな社会問題となっています。健常時から予兆に気づくことで病気の進行を未然に防いだり、認知機能を改善する研究が進められており、脳の健康対策のサプリメントも多種多様なものが存在しています。
脳活総研ではこのたび、会員1079名を対象に、脳活サプリメント成分に関するアンケート調査を実施しましたので、その調査結果をお知らせいたします。
※1 参照:平成29年高齢社会白書 


【調査概要】
調査テーマ:脳活サプリメント成分アンケート調査
調査期間: 2021年3月15日〜3月31日
調査方法: 脳検会員にメールを送信し、web入力フォームにて回収
有効回答: 1079名 (40〜94歳の男女)
回答方法  自由想起5つを記入、または選択肢から選択

■脳活総研が提供する脳年齢モニタリングによる販促支援について
脳検会員に商品をサンプリングし、商品摂取前後の脳年齢を測定することで、これまで難しかった「効果実感できる機会」を顧客に提供し、機能性表示食品やサプリメント等の、販促支援が可能です。
また、健常時の認知機能を測るツールとして、効果エビデンスを取得することも可能です。
2021年1月に公開したモニタリング調査では、会員6700名に油脂成分MCT(中鎖脂肪酸)接種前後の脳年齢検査を実施し、摂取した方の8割の方の脳年齢が若返り、全体平均では5歳脳年齢が若返る、と言う結果になりました。
参考資料 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000016.000049268.html

■脳活性度定期検査「脳検」について
URL  https://www.nouken.jp/
検査名称 脳活性度定期検査(脳検)
検査方法 パソコン、タブレット、スマートフォンで受検
検査監修 東京都立産業技術大学院大学 認知症・神経心理学講座    特任教授 佐藤 正之 先生

■脳活総合研究所(脳活総研)について
昨今、認知症に関する様々な報道がある中、脳の状態を早期から把握し、対処することが、認知症予防につながると言われています。
脳活総研は、ひとりでも多くの方の脳を健康な状態に保ち、活性化することで、社会全体の活性化を実現したいと考えています。

<会社概要>
会社名  株式会社脳活性総合研究所
代表者  代表取締役 太田 芳徳
所在地  東京都千代田区有楽町 2-10-1 東京交通会館 6F
設立  2019 年 2 月 15 日
事業内容  脳の活性度・認知機能を検査するテストの開発・販売
会社HP  http://nokatsusoken.co.jp/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社脳活性総合研究所 >
  3. 脳活サプリメント成分人気ランキングを公開