「人」を起点にした地方創生。意志ある人と地域課題をつなぎ、100の地域ビジネスを立ち上げる新法人「100DIVE」を設立。

「計画」起点でない、「人」起点での新たな地方創生へ。地域課題を解決するビジネスと地域に深く関わる関係人口の創出プロジェクト。

テレビ東京「ガイアの夜明け」でも紹介された「沿線まるごとホテル」をはじめ、全国約40エリアで地方創生事業のプロデュースを行う株式会社さとゆめ(代表取締役:嶋田俊平、以下「さとゆめ」)と、日本最大級の異業種混合型リーダーシップ開発プロジェクトを提供する一般社団法人ALIVE(代表理事:庄司 弥寿彦、以下「ALIVE」)は、地域課題の解決につながるビジネスと関係人口の創出を行う新法人「100DIVE」(読み方:ヒャクダイブ)を立ち上げたことをお知らせいたします。https://100dive.co.jp/


❙ 「計画」起点では、地域の課題は解決しない

 地域に伴走し、共に課題解決に向けた事業プロデュースを行ってきたさとゆめが昨今の地方創生で感じる課題感は、「実践する人」がそこにいないことです。素晴らしい企画があり、予算がついても、それを実現する人材がいない。人がボトルネックとなり事が進まないのが、今の地域の現状です。そこで、100DIVEでは意志ある人材を起点に事業づくりを行い、地域で実際に事業を立ち上げ、課題解決を目指していきます。



❙ 観光や交流で終わらず、地域と協働するという深い関わり方を求める人々

 様々な滞在型観光や移住促進の取組などはあるものの、地域と深く協働する機会はなかなか得られないのが現状ではないでしょうか。100DIVEでは、地域とタッグを組み、本音でぶつかりながらプロジェクトを推し進めていくハードですが本物の地域との協働機会を提供します。実際にプロトタイプとして実施しているプロジェクトでも、自ら地域で事業を創りたい・課題解決に自分の時間と情熱を注ぎ込みたいという、意志ある人が集まり活動をスタートしています。


❙ プロジェクトの流れ
 
 3ヶ月のスタートアッププログラムを皮切りに、課題解決につながる事業の立ち上げ・運営を視野にプロジェクトを推進していきます。私達100DIVEと、参加者・参加自治体で協力して創り上げていきます。
※参加者の公募は、100DIVE事務局で実施。



❙ 100DIVEだからこその強みは、越境型チーム×提案で終わらず事業化まで伴走
 100DIVE最大の強みは、「創発が生まれるチーム」と「提案で終わらずに実践する」ことです。日本最大級の異業種混合型リーダーシップ開発プログラムに取り組んできたALIVEと、全国で伴走型の事業プロデュースをしてきたさとゆめだからこそできる取組です。

■創発が生まれるチーム
個人で課題に向き合うのではなく、多様な背景を持つ人が集い、チームとなり、議論することで課題の本質に向き合っていきます。また、チームには地域の内・外の人が参画します。

■提案で終わらずに実践する
3ヶ月のスタートアッププログラムで生まれた提案を、さとゆめが伴走して事業化を目指します。提案だけで終わらず、泥臭く事業化へ向けて走り続けます。


❙ 4地域での実証事業を実施。事業化&地域と深く関わる関係人口が生まれつつある
 法人設立に先駆けて、4地域(山梨県小菅村・長野県小海町・長野県信濃町・茨城県大子町)でプロジェクトの実証事業を開始しています。昨年度にプロトタイプで実施した山梨県小菅村では最終提案まで終わり、今年度は事業立ち上げへ向けて動いています。

また、長野県小海町・長野県信濃町・茨城県大子町では7月よりプロジェクトが始動。参加者を全国から公募し、27名の定員枠を大幅に超える方々から応募をいただき、活動を行っております。参加者は何度も地域に足を運び、対話をくり返して課題の本質を捉え、チームで議論を重ねて解決策となる事業プランを策定。現在は地域に対しての最終事業提案に向けた計画の磨き上げを、各チームで行っています。最終提案の様子は、オンラインで配信予定ですのでぜひご覧ください。

〈プロトタイプ事例 山梨県小菅村 BtoBでの関係人口創出に向けたソフト&ハード事業〉


❙ 100DIVE 事業提案の様子をLIVE配信


 第1期として実施している長野県小海町・長野県信濃町・茨城県大子町への事業提案の様子を、
オンライン生配信(アーカイブ予定)&現地での観覧募集を実施いたします。
実際にどんなレベル感の提案が出てくるのか、プログラムの雰囲気はどんなものかなど、
ご興味あるかたは下記メールアドレスへご連絡ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━
観覧申し込み:info@100dive.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━

■100DIVE第1期 事業提案のLIVE配信
日時:10/16(土) 10:00~12:00(予定)
※配信方法など詳細はお問い合わせください。

■100DIVE第1期 事業提案の観覧
日時:10/16(土) 10:00~12:00(予定)
場所:国立オリンピック記念青少年総合センター(渋谷区代々木)

❙ 一緒に挑戦者を受け入れ、課題解決の事業立ち上げを目指す地域を募集

 100DIVEでは、課題解決を目指したい地域・団体様を公募しています。
来年度実施に向けて様々な自治体さまと協議を進めていますので、ご興味ある方はぜひご連絡ください。

〈ご相談頂いているテーマの一例〉
・遊休資源を活用した都市部からの関係人口を増やす事業づくり
・地域特性を活かしたワーケーション促進などの企業向け施策開発
・特産品の開発や販路開拓を通じた農業課題の解消

━━━━━━━━━━━━━━━━━
問い合わせ先:info@100dive.co.jp
━━━━━━━━━━━━━━━━━

❙ 11/1より、来年度のプログラム参加者を全国公募スタート
 2022年度より本格スタートする100DIVEスタートアッププログラムの参加者公募も、11/1より開始予定です。
実施地域やテーマなどの詳細も随時お知らせしていきま。ぜひSNSをフォロー頂き、最新情報をご確認ください。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100DIVE FaceBook:https://www.facebook.com/100DIVE
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

❙ 法人情報
株式会社100DIVE
https://100dive.co.jp/
所在地:東京都豊島区大塚3−36−7 南大塚T&Tビル6F

代表取締役:CEO庄司弥寿彦・CSO 嶋田俊平
設立:2021年10月1日
事業内容:
・関係人口共創型地域課題解決プロジェクトの企画・運営                    
・地域自治体・社会的団体・人材育成団体等に対するビジネスリソースの提供        
・域課題解決に関する企画・設計・管理・運営及びコンサルティング        
・人材育成に関する企画・設計・管理・運営及びコンサルティング            
・地域自治体・社会的団体・人材育成団体等への投資及びサポート            
・ワーケーションに関する場や施設運営、コンサルティングなどの各種事業        

写真左より、CEO庄司弥寿彦、CSO嶋田俊平、CRO浅原武志、CPO丸尾和廣、COO生田裕規

〈運営母体〉

一般社団法人ALIVE
https://www.alive0309.org/

一般財団法人ALIVEは、日本最大級の異業種混合型の社会課題解決プロジェクト。大企業の次世代リーダー60人がリアルな社会課題に本気で課題解決する3ヶ月のプロジェクトを提供しています。設立以来4年間の計11期で、32の社会課題をテーマに、のべ111社の大企業の511名の次世代リーダーが課題解決提案を実施し、本物のリーダーシップを育んでいます。

所在地:東京都豊島区南大塚3-36-7 南大塚T&Tビル6F
代表理事:庄司 弥寿彦
設立:2017年3月9日
事業内容: リーダーシップ育成プログラム
WEB:http://www.alive0309.org/

株式会社さとゆめ
 https://satoyume.com


株式会社さとゆめは、地方創生に特化した、伴走型の事業プロデュース会社です。全国約40エリアで、計画策定から事業の立上げ・運営まで、地域に伴走しています。JR東日本スタートアップ株式会社との協働で生まれた“沿線まるごとホテル”や山梨県小菅村の“村まるごとホテル”をはじめ、特産品の商品開発やアンテナショップの立ち上げなど、地域資源を活用したサービス開発に取り組んでいます。

所在地:  東京都千代田区九段南4-7-16 市ヶ谷KTビルII 9階
代表者: 代表取締役  嶋田俊平
設立: 2012年4月17日
事業内容: 地方創生に特化した事業プロデュース、伴走型コンサルティング

 

 

※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社さとゆめ >
  3. 「人」を起点にした地方創生。意志ある人と地域課題をつなぎ、100の地域ビジネスを立ち上げる新法人「100DIVE」を設立。