データ活用により顧客ロイヤリティを向上させるサービス「KiZUKAI(キヅカイ)」が「第1回 Salesforceスタートアッププログラム」に採択

データを活用し顧客ロイヤリティを向上させるサービス「KiZUKAI」を運営する株式会社KiZUKAI(本社:東京都中野区、代表取締役:山田 耕造)は、Salesforceが主催するスタートアップ企業のビジネスを支援する「第1回Salesforce スタートアッププログラム」に採択されたことをお知らせいたします。


●「Salesforceスタートアッププログラム」とは
Salesforceが今年度より始動した、国内スタートアップ企業のビジネスを支援するプログラムです。本プログラムではSalesforceとSalesforce Venturesの知見やノウハウを最大限に活用して、スタートアップのイノベーションや成長を支援します。

今回、社会課題の解決や社会変革を主導するBtoB SaaSプロダクトを持つスタートアップ企業を対象に募集を行い、多数の応募の中から書類選考やSalesforce Venturesとの面談を経て、第1回目プログラム採択企業4社の中に、当社が選ばれました。


●プログラムの内容について
プログラムは2021年10月から12月までの3ヶ月、当社に実施されます。その間Salesforceより、事業運営で培った知見やノウハウやSalesforce製品の無償提供を通じ、採択企業の事業ブラッシュアップや営業スキル向上、組織体制構築の無償支援を提供いただきます。

詳細:https://www.salesforce.com/jp/company/news-press/press-releases/2021/07/210701/
 

 

●株式会社KiZUKAI 代表取締役 山田 耕造のコメント
Salesforceスタートアッププログラムの記念すべき第1期に採択して頂き、とても嬉しく思います。弊社のクライアント様でもSalesforce製品を活用している企業が多く、データ連携やアクションへの繋ぎ込み部分においても、親和性が高く、本スタートアッププログラムを通じて、しっかりとシナジーを生み出せたらと考えております。


● データ活用/ロイヤリティ向上ツール「KiZUKAI」について
当社はサブスクリプション事業者向けに、データを活用し顧客ロイヤリティを劇的に向上させるサービス「KiZUKAI」を運営しています。「KiZUKAI」は、顧客データの収集・蓄積と顧客分析を自動化すると共に、複雑な顧客データの活用を容易にし、ユーザー体験の向上を支援するツールです。

今後様々なサービスがサブスクリプション化していく中で、顧客のサービス利用の“継続率“を高めることは最重要テーマとなってきます。サブスクリプション事業者は「KiZUKAI」を活用することで顧客の理解をより深めることができ、顧客ごとに応じたコミュニケーションを実現し、顧客にとって必要なサービス改善に取り組むことが出来るようになります。

URL:https://kizukai.com/

<企業情報>
社名:株式会社KiZUKAI(キヅカイ)
代表取締役:山田 耕造
所在地:東京都中野区本町5-22-9 3F
設立:2016年3月1日
事業内容:プラットフォーム事業、メディア事業
URL:https://kizukai.com/
※以下、メディア関係者限定の特記情報です。個人のSNS等での情報公開はご遠慮ください。
このプレスリリースには、メディア関係者向けの情報があります。

メディアユーザー登録を行うと、企業担当者の連絡先や、イベント・記者会見の情報など様々な特記情報を閲覧できます。
※内容はプレスリリースにより異なります。

  1. プレスリリース >
  2. 株式会社KiZUKAI >
  3. データ活用により顧客ロイヤリティを向上させるサービス「KiZUKAI(キヅカイ)」が「第1回 Salesforceスタートアッププログラム」に採択