埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、桜英数個別塾とシルバーパートナー契約を締結


COEDO KAWAGOE F.C を運営する COEDO KAWAGOE F.C 株式会社(埼玉県 川越市、代表取締役社⻑ 有田和生)は、「できないことの原因に立ち戻る」 ことで生徒の悩みを解決することに定評がある個別指導に加え、プログラミング教室やロボット教室を通じて次世代を担う子どもたちの育成を行う桜英数個別塾(埼玉県川越市、代表 榎並 和良)とシルバーパートナー契約を締結したことを発表いたします。
2021年5月11日より、トレーニングウェアの鎖骨部分にロゴの掲出をいたします。

COEDO KAWAGOE F.Cは2020年9月に新規設立し、埼玉県川越市をホームタウンとして、J リーグ加盟を目指す新しいフットボールクラブです。 埼玉県川越市に由来のあるメンバーで運営し、スペインでの指導実績のある監督や、海外プレー経験のある選手などが在籍し、サッカーだけが強いチームではなく、「フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100 年以上続くクラブ」を目指しています。 

■ 契約締結の背景

”フットボールクラブを通じて、川越に夢と感動を創出し続け、100 年続くクラブを作る”というミッションを掲げ、川越で愛されるクラブ作りにチャレンジを 続ける「COEDO KAWAGOE F.C」の経営方針や挑戦への共感、ならびに桜英数個別塾や桜英数個別塾代表榎並和良様が理事⻑を務める埼玉県川越市霞ヶ関にある角栄商店街とCOEDO KAWAGOE F.C が川越を盛り上げる存在として、ともに歩んでいきたいという想いから今回のご縁となりました。

■ 桜英数個別塾 代表 榎並和良様 コメント

「私は塾の経営者であり、高齢化が進んでいて衰退しつつある角栄商店街の理事長でもあります。なんとかこの商店街を、この霞ヶ関を元気にしていこうと、ささやかながら毎日ブログ更新をしていたところに、「取材をさせて頂きたい」とご連絡をいただいたことが、COEDO KAWAGOE F.Cとの出会いでした。
『地域のことを発信することで地域貢献し、Jリーグ入りを目指していきたい』という熱い思いを有田社長自らが語られました。目を閉じて、サッカーを通して盛り上がる川越を想像しました。Jリーグに入ることができた歓喜を思い浮かべました。夢を叶えることを目の当たりにした子供たちが、希望と共に自分の夢に邁進していく姿が目に浮かびました。こんな楽しいことはないじゃないか!
微力ではありますが、全力で応援いたします。この様な素晴らしい機会を頂けたことに、心より感謝致します。」 

HP: https://www.sakuraeisu.net 
角栄商店街HP: https://kakuei.info/

■ COEDO KAWAGOE F.C 株式会社 代表取締役社⻑ 有田和生 コメント

「川越という街は東武東上線川越駅周辺で語られがちですが街自体は100㎢以上の面積を有して、県内でも10番以内に入ります。そんな中で、霞ヶ関北(川越市)という場所で運営されている塾や理事長を務める商店街(角栄商店街)から川越という街を盛り上げていきたいという熱い想いをもつ桜英数個別塾代表榎並様とパートナーシップ契約を結ぶことができ、大変嬉しく思います。お話の端々に商店街や街への想いを感じ、主に教育という分野で強みをもつ桜英数個別塾様とご一緒し、少しでも川越という街に貢献できればと思っております。」

クラブ HP: https://c-kawagoe.com/
クラブ事業計画:https://www.youtube.com/watch?v=rov2E4lanRU

【本件に関する報道関係者からのお問合せ先】
COEDO KAWAGOE F.C 株式会社
担当:中島
Mail:r-nakashima@c-kawagoe.com
  1. プレスリリース >
  2. COEDO KAWAGOE F.C株式会社 >
  3. 埼玉県川越市からJリーグを目指す「COEDO KAWAGOE F.C」、桜英数個別塾とシルバーパートナー契約を締結